BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽科学 山岸巳代蔵 思想 研究 ――
<< 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >> total 66p

Category: < 世界革命 > | 2008.04.19 Saturday 09:00

本質的なものに重点をおく 1

実名をあげた方が、グッと現実感でるかな・・・
M さん T さん S さん O さん K さん T さん etc.・・・
自分のための稼ぎ働きではない人ばかり。
・・・・けど、現象面を見て、自分の中の良いという思いで決断・判断し、自分が良いと思う状態だと喜んだり評価したり・・・
この人たちが、現象面よりも本質的な方へ重点いけば、いくだけ、それぞれの持ち場の実態が全然違ってくる。(この社会実現はこの途しかないよね)
「本質的なものに重点をおく」って、なんだか人任せ?自分がやることだと思っていない。どうすることか分からないから?
でも、ここをやらない限り、現象で喜ぶ感人種の乱造だよ。特に他の人に関わる役割に就いている人は・・・。
重点、関心、着眼点・・・って、そこに置こうと置こうと強く思ったって置けるものではない。
やはり、調べて、調べて、目的・狙い・理想・本当・・・自分の中を研鑽。
自分の中で重点を置くところが変わっていくもの。変わっていくというよりハッキリしてくるのかな。今はハッキリしてないのだろう。
現状は、その人がやろうと思うことをやっているのだろう。
こちらから見て「本当にやりたいこと、やろうとしてるのは、そこじゃないだろう」と言いたいけど、それを言ってしまうと分からなくなって固まってしまう・・・?。
まあ、各々、ご自分の抱かれる理想社会を目指しての活動以外ないんだけどね。

さて、本題の「本質とは」なんだけど、言葉で云えば、あまりによく知っているよく分かっているというヤツだ。そんなによく知っているよく分かっているのに「なぜ日常生活でそこに重点を置かないのだろう?」と、こちらから見ると不思議でならんのです。

Category: < つれづれ > | 2008.04.13 Sunday 15:00

人間学びの7年半

鈴鹿に率先して来た Fさん Fさん Oさん Yさん Hさん Yくん Kくん etc.
あの熱い志は何処へ行ってしまったんだろう?って思うことがある。
みな、ヤマギシでは第一線?で活躍してた・・・

鈴鹿に来て初めの頃は、一個人と個人ではなく、ヤマギシの時の係とか役割とか持ち場とか立場とかの先入観から人を見ていた面が多かったと思う。
いざ、ふたを開けてみると、ここではその人の実質があらわになる、肩書きも過去の実績も通用しないから実質だけがモノを云う。
・・・そして、今日に至る。

その時の、強い願望・熱意・意欲や高い志で実態ができるわけじゃない。
手腕・采配・豊富な経験を有していても、それを寄せ集めても、決してかつてない新しい社会は生まれない。
規模は小さくても本質的なものを作るには、「何が必要か」「それを阻む原因は何か」。

手腕や経験は、多くの人に益をもたらすように見え、それを活かそうとして、そういう役割に就いたりする。しかし、その人の独走・頑固・無自覚が露呈してくると、役割に応じて周囲への影響も大きいから、なんとか正常になるようにと、その人に研鑽への働きかけが始まる。
これは全て本末転倒で・・・、
役割に就いた人の正常化に力を入れるのではなく、
先ず正常な人になって、それから役割に就くというのが筋だと思う。


政界・財界・ヤマギシその他どこの会社でも組織でも、このことに焦点が当たってないから、解決の兆しが見えない。力や経験のある人を「重要だ」としておいて、「重要だとしている」から動かせなくなっている。
独走・頑固・無自覚も、その人自身にとどまることなら、その人なりの進み具合い・自由意志に委せていられるが、力の大きい人、役割に就いた人は、周囲への害も大きい。
   ○ 力や経験のある人を重視する社会や組織の運営
   ○ 自覚、人格、資格 を重視する社会や組織の運営

まだまだ、やる事ばかり重視して、人を重視してないと思う。
だから、人を見る目がないと思う。人を見る眼を養いたい。

2006.12.02 正鵠を射る 核心をとらえる
2007.08.02 人の中身に焦点をあてる社会
2007.08.04 人の中身について話そう

Category: < 人 間 理 > | 2008.04.06 Sunday 15:00

人は同じ

数十億の人がいるそうだが、人間はみな同じと思う。
3人でもいいけど・・・、
10人くらいで、ひざを突き合わせて、人生についてトコトン話し合えると、自然に、世界人類に通じるものが出来てくると思う。
ちっとも難儀なことではないんだけど、そういうのって、まだどこにもないかも。
それができない、やろうとしないが故の今日の人間社会かな。
もしかしたら世界のどこかにあるかも。あれば、そこには実現してるだろう。
世界に通ずるもの。それをやろうとしてやっている。
学説や理論、知識や経験、教育や躾け、信仰や教え、道徳や規則、判断や分別・・・・「人間の考えで こうだ とするもの」を一切持たないで、生まれて死ぬまでの人の一生を観てみると、みな同じであることが分かってくる。
自分の人生の目的と凡ての人の目的が重なってくる。
もう既に幾千もの人生を歩んでいるのだろうか・・・。

「合宿研メモ」より抜粋 「人生を知るための研鑚会」

Category: < つれづれ > | 2008.03.29 Saturday 13:00

経過と方向

2001 本当の社会を作ろう 一つで・・・持たない・・・
      ↑  仲良い・・・生き生きと・・・
2002 その前にじっくりと研鑚する機会が要る(合宿研鑚会)
      ↑  何をやりたい?自分をどう活かす?何のために生きてる?
      ↑  適正試験科合宿研鑚会
2005 その前に現状の自分がどうなっているかを知るために、
      ↑  自分の考えを自覚できるように
      ↑  自分を知るための合宿研鑚会
2006 研鑚会で自分を調べるためにも、先ず自分を観察できるように
          自分を知るための内観コース

ここからでいけるのだろうか? まだまだ模索中

    自分を知るための研鑚会
    人生を知るための研鑚会
    社会を知るための研鑚会
総親和社会への精神革命  心理的方面の解決と社会構成の真髄
・・・という課題に適っているかな? ここをクリアできるだろうか?



人間の考え(自分の考え)とはどういうものか
現状の自分の考え(人間の考え)はどうなっているのか
自分の考え(人間の考え)で思っていること捉えていること、の自覚
自分も人も凡ゆる物事・知識・経験・記憶など、自分の考え(人間の考え)で捉えているとの自覚
この自覚のなさ 自分の考えていることがそうだとする自己盲信状態
天が動いているように見えるから天が動いているとする天動説的観念、
一人相撲、頭デッカチ、一喜一憂(麻薬)自家中毒
人間としてのベース 自己を観察できる知性(自分の考えの自覚)
これがないのは似非人間



真の人間は、一人一人に脳があり、考える知的能力があり、意志を生成し、自分で考えて行動する。
「自己の自覚」と共に「自己への探究心」も生まれる。
    ↓
自分の存在や成り立ちへの関心、人生の意義や目的への好奇心
    ↓
自分の知能で考える。人間観・人生観・幸福観・社会観・・・思想形成
自分の目的を知り、自分の思想を生きる・・・人格形成
    ↓
日常生活の凡てに、思想が現われる。人格が現われる。

意志薄弱・目的薄弱・思想薄弱・人格薄弱・・・日常生活で自分が何をやっているのか、それをやってどうなるのか、どうなっているのか、自分の生活・自分の人生に関心がない。
(自覚レッスンに取り組んでいても自己への探究心が伴って出て来ないのはニセモノ)
そういう点を指摘すると、「関心はある、もっと考えたい」とか云う。
でも、云うだけで、実際は、「関心がない、考えようともしていない」(という自覚がない)
自分の頭で考えて行動する人が増えれば、「やらされる」感は自然消滅・死語になるだろうね。
真の人間は、真実の自分、本当の幸福、真目的、真実の生き方を、欲求し、指向し、より良い社会を創造し、考え行動する日常生活を送るだろう。

Category: < つれづれ > | 2008.03.27 Thursday 10:00

順序と道筋

ヤマギシ経て来た殆どの人に「幸福社会実現」みたいな言葉はインプットされてるよね。
でも、実体のない空想・妄想みたいなものでね。
会員さんも鈴鹿にきた元参画者も「社会づくりやりたい」って来たけどね。
「やってみせてよ」と云いたい。
せいぜい仲良しサークルの「ごっこ」の域を出ないよね。(精神面だけの・・・)
社会像が全くないと云いたいくらい貧弱。
  (ヤマギシの形態を引き摺った仲良し社会・一体社会とか・・・)

社会とは何か?をやっていくと、どこかにあるのではなく、長年刷り込まれてできた頭の中の社会観が社会を形成しているのではないか。
現状は、どんな社会観で生きて暮らしているのか、どんな社会になっているのか。
すると、社会観の元には人間観があるな。人間観・人生観が制度・機構や政治・経済に至る社会の根幹を成しているな。
現状は、どんな人間観・人生観で暮らしているか。
これも、長年刷り込まれてきたもの。
果たして、人間とは、人生とは、と行きたいところだが、その前に・・・・、
現状の自分は、どんな「観」になっているのか、自己観察 ⇒ 客観視 ⇒ 自覚 という課題が浮き彫りになってくる。
自分の観念の自覚もなく、人間や人生の一般論の議論に熱を入れている姿はチョット辱かしい。
人生とは、社会とは、と行く前に「自分を知る」を重視する所以です。
自分を知って、人生を知って、それから社会を論じられるのではないか、という見解から、研鑽ライフセンターの今日の構成ができてきた訳です。
<< 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >> total 66p
▲ page top