BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2009/11 ――
1  total 1p

Category: < 具現方式 > | 2009.11.28 Saturday 07:30

そこは実顕地ではない

土地をかまえて、そこに施設を建て、その地に移り住んで、生活している。
それは、実顕地ではない。
現在、実顕地と名乗っているもの、全てが実顕地ではない。
いわゆる ニセモノ。
このことは、10年前から言い続けてきたのですが、理解されないですね。
理解すると続々とその地を離れて行くでしょう。
或いは 「そんなことはどうでもいい」 という人ばかりになってしまったのかな。
実顕地とは、家や財産や仕事など現状そのままで一体生活を顕そうとしている地。
そんなのは無理だと諦めてしまったのだろうか。40年前に。
そして、豊里ができ、以後、みんな豊里式・・・。
だから、本来の実顕地は、どこにも一度も実現していない。
(11.25 杉本さん10回忌に想う)


六川での談話(1960) より
 まあ、春日山もあこまで出来たが、あれは皆売り払って出来たもの。それが一点、私等には出来ないわ、となって、あれは特別な人やとなるが、これは普遍性がないという。

山田村の実況(1960) より
「なるほど、それなら共産党やないか?」
 それは全然違うんだよ。全財産を出資したからといって共有になるわけでなし、不動産名義も戸籍面もそのままでええんだよ。
         :
 今度出たとか出るとか聞く『金のいらない楽しい村』ね、あの中に書かれている具現方式はまた一段と画期的な方法だそうで、春日のように家、財産を売り払って集合しないで、現状そのまま、その場で一体生活に融合できる仕組みだそうです。


この後(1961~) 六川・北条・その他、各地で、続々と実顕地が産声をあげたのだが・・・⇒ 無所有一体へ を参照

Category: < つれづれ > | 2009.11.27 Friday 11:46

研鑽科学 第2号 が出ます。

研鑽科学第2号の紹介 ← こちらを参照

Category: <山岸さんの声など> | 2009.11.25 Wednesday 00:00

非常識 大好き!

最初の飛行機の考案・実験
罰則も統制もない社会の考案・実験・・・
考案の段階では、誰も相手にしない。
実験の段階では、失敗をあざ笑う人ばかり。
わずかに進歩的な人だけが注目する。
荒唐無稽・非常識とされていたことでも実用化されれば、やがて、それが常識となる。

Category: < つれづれ > | 2009.11.23 Monday 13:00

鈴鹿を「循環共生型のコミュニティ」に

数ヶ月前には、予想だにしていなかったような、驚くべき事態に急展開してきた。
このたび鈴鹿の街角から、市民・企業・議員・農林業・専門家・学者が一体となって、「食」をキーワードに「循環共生型コミュニティ」づくりがスタートした。
【全文を表示する】シンポジウム開催のお知らせ
(このシンポジウムは参加者が多くなりそうなので公表を控えていました。)

Category: < つれづれ > | 2009.11.18 Wednesday 17:00

人を嫌う って・・・?

「人が人を嫌う」って、どういう状態なんだろう? (自分が誰かを嫌う・・・)
誰にでも「好き嫌いの感情がある」と、当然のことみたいに、軽く扱われそうだけど、本当にそうだろうか?
自分の中に「嫌いな人がいる」「イヤな人がいる」、そういう自分。
それは、相手の人のことではなく、自分の中のこと。
それ以外の他のことでは、仲良く豊かに楽しく充実していると感じていても、それは、それ以外の自分。そういう自分。

「ある人が嫌い」ってなんや? 「その人がイヤだ」ってなんや?
その人を避けたい気持ち。その人から目を反らしたい気持ち。

「嫌いな人」がない、「イヤな人」なんていないのが、普通で当たり前で、人としての基本の基本だと思うけど、それさえも解決し得ない、現代人の狂った心理状態。
そこを解決しようとしないままで、何をやったって・・・。
それ以外のところに幸福はないと思う。社会の基本もできないと思う。

Category: < 具現方式 > | 2009.11.18 Wednesday 14:24

「研鑽」を世に・・・

「研鑽」について、まとめていたのが10月に一応できて、さっそく小野さんが韓国へ行く際に、柳相涌さんに届けてくれた。そして、社会運動家でもある李南谷さんにも渡してくれた。両氏とも高校や大学と関係があり、講義の中で「研鑽」を紹介できる日も、そう遠くないかもしれないとのこと。小野みゆき 韓国レポート参照
今月に入って毎週、研鑽科学研究所メンバーで、読み合わせをしながら校正している。世に出すからには「できるだけ誤解を招かないような表現に」と、とても熱心に読み合わせが行われている。この面々には本当に頭が下がる思いで、いっぱいです。

Category: < つれづれ > | 2009.11.17 Tuesday 06:30

信頼 信用 ・・・

信頼できると思う人なんて、一人もいない。

信頼できないと思う人も、一人もいない。
(これまで出会った人 知った人 想い出せる人 全部 見渡しても・・・)
これがベースのように思う。

  信頼できる人 できない人、信用できる人 できない人、というのは、
  いったい何のことを言ってるんだろうね。
  そういう思いがあるなら、どういうことなのか?
  自分の中をよく観てみるといいと思う。

人間にとって、とても重要なことのような気がする。

Category: < 人 間 理 > | 2009.11.11 Wednesday 07:00

悪感情とか 嫌悪感とか

悪感情や嫌悪感というものは、特定の人に対して湧くものだろう。
悪感情や嫌悪感の理由として、相手の人の欠点や間違い等をあげる。
しかし、同じような欠点や間違いがあっても、相手によって悪感情や嫌悪感が湧かない場合もある。(吾が子なら憎んだり嫌ったりしない)
悪感情や嫌悪感の理由を、その人の欠点や間違い等としているが、
実はそうではないと思う。
自分の中から湧いた悪感情や嫌悪感に対して、その人の欠点や間違い等をあげるのは、湧いたあとの理由付けのような気がする。
では、人に対する悪感情や嫌悪感の原因・理由は何か。
・・・

Category: < 具現方式 > | 2009.11.07 Saturday 11:38

私のいる社会・・・

研鑽科学研究所研鑽ライフセンターがあり、「自分を知るための研鑽会」「人生を知るための研鑽会」が設けられ、続いて、「自分を知るための内観コース」が設けられた。
更に、今年から「研鑽心理学センター」が開設された。

「人をベースにした社会・人の内面に重点をおく社会・人間性の養成に主眼をおく社会・人間愛を基調にした社会」などなど、いろいろに表現してきたが、その理論究明と具体化の考案、そして、実証と検討という各段階的活動が実を結んできた感がある。

以下は、T さんのブログからの抜粋です。それぞれ社会を構成する一人一人でありながら、顕われてきた社会実態を実感する人が増えつつあると思う。
【全文を表示する】
1  total 1p
▲ page top