BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2008/06 ――
1  total 1p

Category: はじめに | 2008.06.29 Sunday 09:00

まとめの意もこめて

解説的に文章化した方が分かり易いと思いますが、「ああ、そうか」とされるのが目的ではなく、本質を見究めようとする人への投げかけとして、あえて エキス だけを箇条書きにしてみました。つまり、このような内容について共に研鑽できる人を求めています。

人間が人間らしく、人間の本来性を発揮して、より良く生きていくには、
人間の考えを幅らせないで、真理を探究し、それに即応していくしかないのではないか
真理に即応しようとする考え方=ヤマギシズム
真理に即応しようとする社会、それには、真理に即応しようとする人。
それには、真理に即応した社会観を見究める。
真理に即応した社会観を知るには、真理に即応した人間観を知る必要がある。
真理即応の人間観・社会観・・・ヤマギシズム
真理即応の人間観・社会観を見究めようとする・・・「研鑽」


人間観・社会観といっても、一般論を言っても具体性・実用性がなく、
それを、見究めるには、自分の中に実在する人間観・社会観を調べることになる。
自分の中の人間観・社会観を知らないで、真の人間観・社会観を調べようとしても、それは抽象的な一般概論を追うだけで、実在する真の人間観・社会観を見る(知る)ことはできない。故に、本当の意味で、真の人間観・社会観を語ることはできない。
つまり、自分の中にある、人間観・社会観にメスを入れて、研鑽の光を当てて、そこに真なるものを見出そうとしなければ、真の人間社会を知ることも語ることもできない。


社会を知るには、人間(人生)を知る。
人生を知るには、自分を知る。
本当の自分を知るには、現状の自分を知る。
過去から現在に至る、現状ありのままの自分を、素直に見て、知る。
いろんな観念や感情が入り混じって、自分を素直に見れない。
自分を自分の思い考えで見て、自分を捉えている。
もっと、ありのまま、そのまま、過去から現在に至る自分のありのままを観察する。
自分自身を純粋客観視できるか、どうか、が鍵。
感情や印象を入れないで、草花の観察のように、自分を観察する。
凡ては、そこから始まる。


ここまで、来るのが難関の人もいる。
現状のありのままの自分を知ることができると、おのずから、自分の本質、真実的な自分を見ることができるようになる。
自分の本質は、当然、人間そのものの本質に通じるもの。
そこから、人間というものを知る。真の人間観。
人間とは、人生とは、・・・・・真の人生観。

真実の人生を見届けたら、訳なく解明出来るのです。
ここから人間の本来性に即した真の人間社会を創造することができる。

Category: < 精神革命 > | 2008.06.15 Sunday 17:00

心理的方面の解決を

心境が良く、機嫌が良い時は、仲良く楽しくやっているが、ひとたび自分の意に沿わない、気に入らないとなると、心の状態が変わる人。
夫婦の形をしていても心が溶け合わない。
親子・兄弟・家族の形をとっていても責めたり疑ったり腹を立てたりする。
形だけの夫婦・家族・仲間・・・事柄や相手によって、心の状態を変える人。

疑ったり批判したり争ったり張り合うことに馴れてしまった人には、正常な心の状態の人を実感し難いだろう。しかし、元来、人の心というものは疑い嫉み憎しみ怒り不審などを好まないものと思う。そのような心の状態は不快で早く抜け出そうとする。


心の対人的持ち方 = 人間社会の基本
普通の健康正常な心の状態に立ち還らない限り、正常な人間生活も人間社会も営めない。

心が決して離れない人、心から堅く結束できる人、無我一体の心ともいえる。
そういう人に成り合わない限り、安定した快適な社会は訪れない。
一体の心とは、誰かと何かと一体ということではなく、いつでもどこにも壁や隔てを持たない状態。自分を所有しない人。
一体の心の状態に成ろうとする方向のない人が「人と共に」なんて決して出来ないと思う。対抗したり責めたり疑ったり邪推したりする心の状態では、決して愉快に人と共に暮らせない。
自分を知り、人生を知り、社会を知るは、一体の心の人に成り合うためのもの。自分や人の成り立ちや繋がりを知ることで、幅らない突っ張らない、謙虚な、謙虚な心が育つ。それが一体の心の方向。そういう人が寄って社会ができる。
そうして、自分自身が謙虚な心、一体の心を目指して行くと、人の心の謙虚さ、一体の方向性、つまり目標を等しくする同調の人も見えてくる。
何十人、何百人寄っていても、一体の方向にある人か否か。それが実質と思う。
一体の方向にないものをいくら増やしたって無意味。
一体の心の人に成り合おうとする同調の人々と共に。

・・・自分の足下を自分で崩して気が付かない迂濶者が、追々と湧いて来ましょうし、現に方々に、他からの逆宣伝と呼応して、賑やかになりつつあります。
 これも予想に織り込まれた一時的現象で、こうしたウィルスも、やがては事実と云う太陽に照らされて消滅し、真実の人達の前にひれ伏すことは決定しています。
(一卵革命を提唱す 前説 より)

Category: < 社 会 理 > | 2008.06.10 Tuesday 08:00

2008.5 社会を知るための研鑽会 より

5.24 社会と人間
社会とは   環境 組織 集団 コミュニケーション
生存の単位−−−個の生存でない−−−種を維持・繁栄する構成
より良く生きるために群れる 群れないと良く生きられない
個の存続=種の存続=群れ
人間について
<人間とはどういうものか>
霊長類−−−ヒト科−−−人間 人の寿命(哺乳動物)
成人−−−肉体的成人(繁殖能力)と人間的成人
人間に成り得る要素を具えて誕生する
人類としてだけでなく、人に育てられてこそ人間になる
肉体的必要物資だけでは人間にならない
文字と言語 人間の営み 文化・文明 知能・頭脳
人間が人間として生きる上で脳の占める位置
人間として生長するエネルギーも周囲の人がいてこそ
・・・・受けることによって生長する
・・・・受けるものによって正常にも異常にもなる
人間とはこういうものではないかという自分の中の人間観
 ○ 知識や考察によるもの    ○ 経験や体験によるもの


5.25 人間を人間として生かす
<人間の方向> 自発 意志 人と人 個性
快適 自由 仲良い 発揮 愛する 可愛い 明るい にこやか 満足指向
安心と安定←←←周囲によって  作用反作用→→平衡指向
<人間の能力> 脳と感応力  育つ本能←→諦め 消極 自縛
<人間の存在のし方> 個とは? 人と人によって生きるエネルギー(連繋、反応)
<人間として生きる> 人間的生長→幸福 幸福とは?
人がいないと生まれない、生まれても生長しない・・・ということは?
人は何を糧に生きているのか?・・・人? 人の何?
学問 技術 芸術 知性 理性 感性 人間性 人間味
子ども時代・・・見守られ応援されて育つ(心の糧)・・・おとなも?
仲間外れ、村八分、無視・・・生きてる心地がしない
受けていることを知る豊かさがベースになって出てくるもの
自分の成り立ちを知る豊かさがベースになって出てくるもの
人格 品格 芸術性 崇高本能 人生
自分の中にある人生観・幸福観
そこから身近な人たちのこれからの幸福人生を具体的に画いてみる
それを実現するには


5.26 人生観 幸福観   人生と幸福
受けたものがあって、知性の発達に応じて、どれだけ受けているかを知っていく
周囲の人間から受けて育っている=知性の発達=人間になる
愛情を注ぐが縛り押し付けで、心をダメにする行為をする親の例
<幸福・人生> 個々に豊満安定を目指して一生を費やすのではなく
社会の豊満安定を策す中で、個々を発揮する人生
<人間的成長> 心←←自分を知る人生を知る・・・知性
知ること、知ろうとすること・・・心の状態との関係
その人を知ろうとする自分の心の状態→→その人の心の状態
その人の内面に関心を寄せることによる、その人の内面への影響
自分の中にある人生観・幸福観
そこから身近な人たちのこれからの幸福人生を具体的に画いてみる
それを実現するには


5.27 その人を知ろうとする心の状態
「その人に対して思ったことを言う」のと
「その人を知ろう聞こうとする」のとの違い
言おうとして聞いているのか 知ろうとして聞いているのか
安心・知る・・・研鑚会の要素・・・日常の社会生活の中の要素としても

社会について 社会とは 社会の成り立ち 人間による社会
先ず人ありきの社会 人間愛基調 社会の組み立て
一人一人違う 誰もが流動的・・・それに適った機構、制度、運営
<道路> 真の人間向き  従来社会の延長線上にはない
安定経済−−−不安のない人−−−安心 ・・・を知る(実感)
人をベースにした社会 制度 機構 産業 経済 暮らし
社会基盤を考えてみる


5.28 人によって社会を構成する
当たり前だが、そこから外れていく
<道路> 使うもよし、使わぬもよし ひとりひとりに応じた 人を尊重した・・・
人間観 人間とは 人間用 人間向き −−− 自適・・・悠々自適
相愛協力←→競争対立
社会は人間が人間としてより良く生きるためのもの
人として生きる、人間性、人格、そこを核とする社会
人と人、集団、組織・・・先ず約束、規約、ルール、法律・・・根本基盤転換
社会は人の行為の集積・・・社会現象、経営実績、事態、出来事
なんとかしなければならない事態など何もない
事←←←人の行為←←←人の中身(心)
事を好転させようとすると、そのために人を使う・・・となる
その人の中身がそうなって、事が好転するように・・・
人をベースにした社会 制度 機構 産業 経済 暮らし
社会基盤を考えてみる


5.29 かつてない新しい社会
機構と人情社会に
暗黒の夜から昼の世界へ
人情社会組織に改造

人をベースにした社会には
人をベースにした考え行為・・・それには、
人をベースにできる人、心の状態
人を人として−−−
物事ややる事ではなく、実在する人そのものの営みが社会
会社や経営や仕事がある訳ではない
人がいて、その人から発せられる行為が会社や経営や仕事という現象を成す
先ず人ありき (何回も言わすなー!)
温かい環境に抱かれて心が安定することによって、知性が働き始める
理知的な気風に触れることによって、興味関心、心が理知的に向く
各々自らの内なるもので育つもの 他からさせる何ものもない
自らが育つように、育つように、そのための周囲、人、暮らし、仕事
その人を知ろうとするのが先決
その人が真実の自分を知り、真実の生き方ができるような・・・・

Category: < 人 間 理 > | 2008.06.03 Tuesday 11:00

人間について

山岸さんは若い頃に、頭を痛めるほど徹夜の連続で究明に没頭していたとか。
もっとも純粋に「人間そのものを把握」していたのではないかなと思う。
それから、生涯をかけて、過去から現在に至る
無数の「人生を観察・体験」していなのではないかなと思う。

「人間そのものの把握」「人生の観察・体験」から具体的方法の必要性が浮かび上がってくると思うけど、
先ずは、人間そのもの、人間とはどういうものか、をやっておかないと、現状の人間の見え方も違ってくるだろうね。

山岸さんは人間を究めていたと思う。人間に対して疑念や不審や諦めがない。
人間の核心を掴んでいるような気がする。
どこまでいけるか分からないけど、
人間の本質・核心・真実に重点をおいて、現状を生きる行き方(社会)は、とっても明るい。
1  total 1p
▲ page top