BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2008/01 ――
1  total 1p

Category: < 研鑽の理 > | 2008.01.27 Sunday 18:00

(2008.1.26) 発表内容の骨子

社会と人間
人間がより良く生きるには社会の要素が不可欠
社会と人間の密接な繋がりに異論を唱える人は少ないと思うが、
果たして、実際の日常の生活行動、思考や発想は?
社会のことをおいておいて、より良く生きようとしてるのではないか
人間のことをおいておいて、良い社会にしようとしてるのではないか
人間が変われば社会も変わるとの理を唱えて(これは間違いではないが)人間の内面にだけ力を注いでいられるのは、この密接な繋がりを実は知らないからだと思う。

社会観と人間観
それは、人間というものの捉え方からそうなっている
それは、社会というものの捉え方からそうなっている
周囲から受けたもので形成されている社会観・人間観
人間をどう捉えているか、社会をどう捉えているか
自分の中にある人間観・社会観に目を向ける。
それを欠いていては
より良く生きよう、良い社会にしようとしても、自分の中の人間観・社会観からのものにすぎない。
自分の中にある人間観・社会観に視点が向くと、
実際に、人間とは、社会とは、本来・本質は? との指向が出てくる

人間について
人間とはどういう生き物か
他の動物との違い・・・脳の働き
他の動物と同じように、体験・記憶・情報蓄積・それらを活用して生活行動する。
更に、人間の脳には・・・
 固定断定する働き と 無固定探究する働き


自分を知る(自覚を養う)研鑽に始まる人間の脳の働きと、固定停滞のない人間生活、ひいては、それを支える(無固定探究)社会システムとが、密接不離の繋がりで実現していく、一筋道が見えてくると思う。

Category: < つれづれ > | 2008.01.17 Thursday 13:00

主体と自立

宇 宙
自 然
社 会

⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
行 為
言 動



人は無数のものを受けて存在している。
受けたものを吸収し、周囲のいろいろな影響を受けて受けたものによって、その人はできている。
人は受けるということについていろいろな捉え方をする。「してもらった」とか「やられた」という捉え方もある。(受けるというのも人間の捉え方)
「太陽に・・・してもらった」「雨に・・・された」 という捉え方もあるかな?

資本主義経済観念その他、人間よりの捉え方による社会通念を、
幼い頃から繰り返し繰り返し植え付けられた為なのか、
あたかもその捉え方が実際であるかのように機能させている。
 管理する側と管理される側   雇う側と雇われる側
 教える側と教えられる側   やってあげる側とやってもらう側
 禁止する側と禁止される側   義務や責任を負わせる側と負わされる側
 用意する側と用意される側   サポートする側とサポートされる側
・・・などなど、このような[頭の中の構図]の人が多いのではないだろうか。
仕事も暮らしも会社や組織も、このような[頭の中の構図]で捉えているのかもしれない。その人の言動・発想によってうかがい知ることができる。
「やってもらう」とか「サポートされる」という時の主体は誰なのか、誰が何をするのか。

仕事を任す
研鑽会を用意する
社会・物・人の行為
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
これらを
受けた
自分は
⇒⇒
⇒⇒
⇒⇒
どうするのか
何をするのか
主体は自分にあるか

「任された仕事をやる」「用意された研鑽会に参加する」という場合、
その主体はどこにあるか?
主体が「任す人」「用意する人」ならば、「任される自分」「用意してもらう自分」は従体か?
これは理屈の解釈ではなく、自分の頭の中の構図、捉え方はどうなっているかという自己観察のテーマだと思う。
ここでいう[人]とは、大臣も乞食もない凡ての人のことです。
どの人も受けたものでできていて、それを元に生きて暮らして活動している。
このことは誰もが共通で、果たして[頭の中の構図]はどのようになっているかということ。
それによって生き方・考え方・行為も大きく違ってくる。
政治・機構・運営や理念・法則・あり方も「人の考え・行為」以上でも以下でもない。
それらを受けた自分の考え行為も「人の考え・行為」以上でも以下でもない。

Category: < 具現方式 > | 2008.01.05 Saturday 22:00

研鑽コミュニティを・・・

理念・・・・・真理に即応しょうとする人間の観念のあり方
具現方式・・・理論を現実に具体化し得る方法

研鑽コミュニティ は、「理念の究明」と「具現方式の考案」という研鑽によって産まれたもの。
誰にも分かり易く、誰にもやれる方法。
失敗や、やり損ないがなく、やった分だけ、研鑽社会ができていく。
「研鑽コミュニティをやる」ということは、研鑽コミュニティのサポートを活用すること。
そして、自分が活用しながら、もっともっと多くの人が活用できるようにすること。

「研鑽コミュニティ」の中身や成り立ちに関心ある人は、研鑽ライフセンター(スタディサポート)を活用して、どこまでも深く調べることができる。
自分を知り、人生を知り、社会を知り、もっと、研究意欲のある人は、人間理、社会理、産業理へと、研鑽コミュニティの原理を究明する研究分野へ進むことができる。
(学び調べたことを実社会へ生かそうとする人が殆どだが、中には、更に
 学び調べる方へ進んで、大学院・研究室へという進路もある。)

コミュニティパンフレット
コミュニティマップ



例えば、ヤマギシに関係している人々へ
 自分のことは自分で、あるいは自分一家で、仕事や住まいのこと、家族や将来のことを考えてやって行かねばならないと思っている人が多いでしょうが・・・、
ヤマギシのように集団生活でなく、一体生活、研鑽生活できる所があるんですよ。
仕事の相談、住まいの相談、家計や家族や将来の相談もしながら、暮らせる所があるんですよ。
それでいて、いつでも、自由選択で参加できる研鑽機会もあるんですよ。
頼ったり縛り合ったりしない、自由な、本当の研鑽生活・一体生活を目指してやってる所があるんですよ。
規約も誓約も要らない、関わりたいだけ関わればいい、研鑽したいだけすればいい、一緒にやりたいだけやればいい、同調の人々がただ協力し合って暮らすコミュニティがあるんですよ。
 一人一人にパンフレットを贈りたいな。手渡したいな。

Category: < つれづれ > | 2008.01.04 Friday 20:00

書き遺しておきたいな

八木さんのブログ
「ヤマギシから東京そして鈴鹿へ」 を読んで・・・

一個人の記録・記憶にとどまらないもの。
ここで刻んでいる歴史の一コマ一コマ。
個人史であって、社会化活動史。
これをやろうとしている一人一人の、その一コマ一コマの集積が、今日の実態、後代へ遺せるもの。

す ず か ・・・ この3文字(2文字?6文字?)が、
各人にとって、この運動にとって、キーワードになると思う。

「鈴鹿」に至るまでのこと、
「鈴鹿」に来てからのこと。
あの時にあんなことがあった。
あの時にこんなことを考えて、こう動いた・・・等々。
一人一人の記憶・軌跡・記録しておいて欲しい。

「人生を知るための研鑽会」で聞いてもらった K さんとの対談で、
僕自身の内面の歴史・・・
1999年11月 杉本さん亡くなるまでのこと、亡くなってからのこと、
2000年3月〜社会課程研鑽会〜実践の書研〜鈴鹿・・・そして、2001年以降
大ざっぱだけど、まとめて話ができたこと、凄く大きいと思っている。
鈴鹿に来てからも、毎月毎月、自分の中で激動がある。

誰の中にもあると思う。
一人一人にドラマと歴史があると思う。
書きとめておいて欲しい。
1  total 1p
▲ page top