BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2007/11 ――
1  total 1p

Category: < 世界革命 > | 2007.11.20 Tuesday 00:00

「普通観」 っていうか・・・

普通の会社 普通の住まい 普通の学校・・・
会社・住まい・学校といっても、特別なものをやろうとしているわけではない。
普通とは、当然・自然・元々・元来・本来・正常・本当・真実・真理即応・・・
無所有とか一体とかヤマギシズムとか研鑽とか言っても言わなくても、それは普通の人間の普通の社会のこと。

自分は何を普通としているか
自分の考え方や活動に特別な価値付け意義付けをすることによって力が湧く人がいる。それは、何か特別の思いで特別の事をやる意識の人の集まりにしかならないだろう。
「怒りや争いのない全人真の幸福」は特別なことではない。
(例えば、動物の体は水よりも軽く、泳げるのが当然で、普通に泳げる人から見たら、泳げない人が如何にジタバタしているか、よく分かる。逆に泳げない人からは泳げる人が 「スゴイ」と見える。)

普通の人 普通の社会
自分の頭の中のもので、正しいとか、事実だと、キメツケられないのが普通の人間だし、人にやらせたりやめさせたりなんて当然できないし、誰々の物だからと使用を禁止するなんてできないし、できないことしようとしないのが普通だろう。
普通は、束縛・押し付けや無理がなく、自由・平等で明るく豊か。

普通の会社・住まい・学校をやれる人になって、やろう。
あえて力説することでもない、会社・住まい・学校をやろう。
それは、旧来の社会・世の中が、普通へと ヒックリ返る(革命される)こと。
普通の社会を遺し、引き継ぎ、贈りたい。
自分の中にある普通観をベースに生きているということ。
どんな社会(世界)に立って生きていこうとしている毎日か?。


 本当に幸せな社会に立って生きていこうとする毎日かどうか振り返ってもみると、いろいろもっともっと究明しなければ、人の中へ行けないと思う。
 信仰と研鑽、協同と一体、男女夫婦のあり方、など。宗教の問題もこの理念からいった方が早いと思う。
 どれ程早く真理即応の、仲良く楽しい、よりよくより正しい生活が出来るか考えていったら難かしくないと思うの。いきにくいと思うそこに観念なんかがじゃましてね。「いけるかい」と、そんな観念から人ごとになってくるもの。
 真理に即応する現在唯今それの連続かと思う。
 社会に拡げる前に、自分自身が間違った生き方で苦しみ路頭に迷わすことになっても大変だし、案外この真理即応でいけば簡単にいける。いけるのが当り前や。・・・・
     1960.7.21 第一回 ヤマギシズム理念徹底研

Category: < 社 会 理 > | 2007.11.18 Sunday 02:00

丸ごと 後を継いでくれたら・・・

11月で、鈴鹿に来て丸7年になる。
予想を遥かに超えて、順調すぎるくらいに、いろいろなものができた。
まだ10年とか、やれると思うし、もっともっと充実していくだろう。
ここでやっていることを、丸ごと 後を継いでくれる人・・・
そういう人が現われるまでやるつもり。
そういう人が現われる為にやっている。
「誰にも当て嵌まること。次代へ引き継ぎたいこと。」
 簡単に言うと、 「会社」 と 「住まい」 と 「学校」
 「会社」は、 農業・工業・サービス業、
 つまり、第一次 二次 三次産業。
 「住まい」は、 土地・家・マンション。仲間・有志を誘って来ても
 共に暮らす場を用意できる。
 「学校」は、 学び、考え、知る。人としての力・人間性を養う
 社会人のための学校。

これなら誰にも解り易い。
誰もが参加できる、誰もが活用できる、万人に開かれたもの。
そして、どこから入っても一つのもの。
この3つが、既にできている。
この事が意外と知られていない。知らせていない。
各地の人が知らないのは、勿論だが、鈴鹿にいても、こういうものが既にできて機能していることを知らない人が多い。
全ての人に、特に若い世代、子ども達に呼びかけたい。
   丸ごと 後を継いでくれたら・・・。
       凡てを注いで、総てを譲りましょう。

Category: < 社 会 理 > | 2007.11.06 Tuesday 18:00

そうなろうとする人たちの結束

「話し合いたい」「話し合おう」とするのも、話し合えるようになって話し合おうという順序。
「やろう」は やれるようになって、やろう 
「やりたい」は やれるようになりたい
やれるようになってやる以外、やる道はないと思う。

やれない人がやろうとする。
  (無自覚・自分を知らない)
やれるようにならないとできない。
やれるようになっていなくともやることはできる。
  (有自覚・自分を知るためにやる)
やれないから、やれない自分だから、といって、やろうとしない。
  (引っ込み思案頑固、謙遜頑固、消極頑固)
やれない自分であることを知って、やれる人になろうとしてやる。
  (自分を検べながら、調べながら、人からも言ってもらえる態度)

やれる人になろうとしてやる人がいることによって、職場・会社・組織は、やれる人になるための場(社会)と成る。
そういう場(社会)が、続々とできることが、この社会化革命の基本だと思う。

研鑽を知らせる、研鑽会を設ける、研鑽社会を実現する、・・・・・。
とてもできない自分であることを知って、やれる自分になろうとして、研鑽会を知らようとする、研鑽会を設けようとする、研鑽社会を実現しようとする、・・・・、そういう人たちによる、そういう行為で充満した社会。

仕組み、暮らし、仕事、会社、・・・、凡てが、そういう人に成り合うためにある。そういう社会。

まとめてみると・・・(2006.9.12)

ここがベースとなる 「社会を知るための研鑽」
束縛・押し付けの要らない保ち合いの社会は、
先ず、人間らしい人間に立ち還るところから。
「人生を知るための研鑽」を経て、「真の人間性を知る研鑽」
そうして、「社会を知るための研鑽」へ

Category: < 社 会 理 > | 2007.11.01 Thursday 06:00

録音の一部抜粋です

10月21日 9:00〜11:00 鈴鹿ハイツの研鑚会場にて

  全録音の終わりの方(私の発言の一部)
約7分間 →

約4分間 →

K さんからの「公表しないでほしい」との意向もあり、また僕自身あまり公表しない方がいいと思う事を多く喋っているので、一部を抜粋してみました。
これからも、今回のような、冷静な検討と真摯な質疑応答の場が持たれることを、とても楽しみにしています。
1  total 1p
▲ page top