BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2007/09 ――
1  total 1p

Category: < 精神革命 > | 2007.09.23 Sunday 10:30

「自分を知る」とは (研鑽会用解説)

「自分を知る」とは

誰もが、自分らしさを知り、自分らしさを発揮して生きたいものです。
もしも、不愉快や不満があったり、のびのび溌剌とした状態ではないとしたら、自分らしさを見失って、自分らしくない考えや行動をしていることに原因があるのかもしれません。
「自分を知る」には自分以外のものは要りません。外から取り込む必要はないのです。
今の自分をよく見て、ありのままを観察して調べていくことにより、何を、見て、聞いて、思い、考え、話しているか等々、自分そのものが鮮明に見えてきます。そうして、自分を見失わず、人と共に歩む、地に足の着いた自分を実現していくのです。

「自分を知るための研鑽会」

実際はどうなのか、本当はどうか、と、どこまでも観察し調べていく機会が研鑽会です。自分はこうなんだ、分かっている、ダメなんだ、なども一つのキメツケで、ありのままの自分を観察できません。
数人のワークショップ形式で話し合いますが、勉強や習い事の会ではなく、どこまでも自分で自分を観察し調べる機会です。個々で行うよりも自分を知ろうとする同じ目標の人の相互研鑽によって、反応し合い調べ合いながら、自分を見つけ出そうとするのが「自分を知るための研鑽会」です。

「自分を知るためのステップ」

○自分の感覚であるという自覚
 五感について  感覚全般について
 思い・考え・気持ち・心 と 感覚

日常生活の殆どが、自分の感覚器官で受け取り、自分なりの認識で捉えたもので行動しているということをじっくりと調べます。
そして、感覚や認識は、一人一人違うということをじっくりと調べます。

○五感+認識のメカニズム
 五感と認識で「実際がこうだ」となる?
 知識・経験で「実際を知った」となる?

人から教えられたり本で読んだ知識によって、事実や実際を知っているつもりになっている。人や物事についても断片的に見たり聞いたり体験したことによって、その人や物事を知ったつもりになっている。
事実や実際を本当に知っているといえるものは、どれだけあるだろうかと調べていくことにより、自分の頭の中の「知っているつもり」と、自分自身の実際とのギャップが見えてきます。そこが「自分を知る」始まりになります。

○事実そうなのか
   自分がそう思っているのか
 頭の中のことであるという自覚
 実際はどうかに関心が向く
 実際の自分を知る

自分の頭の中にあるものを一つ一つ紐解いていくことにより、ありのままの自分の状態が明らかになってきます。頭の中の状態が明らかになってくると、それと密接に繋がっているであろう喜怒哀楽の感情や心の動きや、自分の考え方や性格も明らかになってきます。
「自分はこうなんだ」と自分なりに捉えた自分ではなく、日常生活においても「自分の頭の中でどうなのだろう」「実際はどうなのだろう」と、分類して、自分や物事を観察し、調べることを愉しみながら、自分の持ち味・生き方を明らかにしていくスタートになるものです。

Category: < つれづれ > | 2007.09.20 Thursday 23:00

希い と 目的  (続きの続き)

こんな仕事がしたいんだけど・・・、こんな住まいが理想なんだけど・・・。
「えぇっ! そんな仕事、うちにはないよ! そんな家ないよ!」
・・・という返答しかできないのは、よほど、頭が硬化しているか、視野が狭まり、考える力が弱まっているのだろう。

研鑽する頭脳は、「頭の柔軟さ」も「物事に対する順応性」も年齢に伴いどんどん高まっていく。どんなに難題と思われるようなことも諦めることなく、どこまでも創造的に考え出して適応していける。

「職や住まいがあればなあ」と指をくわえて待つか。
「職も住まいもいくらでもある」と凡てが手中の広大な世界。
 新聞広告を見ても、街には職も家もあふれている。

人がいる、物がある、職もある、家もある、そして、真目的・研鑽があると・・・。
何にでも、この方式はあて嵌められまして、その根本理念は、物にしても、心にしても、生命等迄も、それぞれその持ち味を、最大に役立たすことで、真にその価値を生かすことにあります。(具現方式は何にでも)

壊したり作ったりしなくても、現状そのままを最大に生かせる人。
キメツケなく、柔らかく考え、目的に集注して、積極果敢に行動できる人。

Category: < 精神革命 > | 2007.09.19 Wednesday 09:00

「研鑽」とは (添え書き説明)

研鑽セミナーの「研鑽」とは

キメツケのない考え方で、本当はどうかと調べていくことです。
そんなことは当たり前だ、当然だ、誰だってそうだ、としていることも、百人中百人がそうだとしても、それが本当なのか、実際はどうなのか、なぜそういえるのか、と どこまでもどこまでも調べ続けるキメツケのない考え方です。

研鑽していくことにより、何かを信じ込んだり、疑ったりすることがなくなり、だまされるとか裏切られるとかもなくなるでしょう。怒って人を責めたり、落ち込んで諦めたり、優越感や劣等感なども自然に解消されていきます。

本当はどうか、実際はどうなんだろう、と調べていくことによって、過去の記憶や人に対する印象も、自分に対する見方も、どんどん変化し、今まで知らなかった自分に出会うことができ、自分を調べ、自分を知ることが楽しくなっていきます。

素直に、見て、聴いて、話し合えて、その人らしさ自分らしさを調べ発揮できるようになるためのセミナーです。

Category: < つれづれ > | 2007.09.15 Saturday 23:30

希い と 目的  (続き)

おーい 元気にしてるかー?
そちらでも、楽しく面白くやってるんだろうなー。

こっちではね・・・、
・ 一緒にやりたい仕事、手を貸して欲しい仕事が、たくさんあるんだ。
・ 風土・環境も暮らしやすくて、ほどよい距離に住まいもたくさんあるしね。
・ 近所に親しい人がたくさん居るっていうのは何かと心強くてね、なんでも自分だけで考えて処理せんならんことないし、助け合い任し合って暮らしてるよ。

よければ、いつでも、こっちへおいでよー。

Category: < つれづれ > | 2007.09.15 Saturday 10:00

希い と 目的

とても具体的な案だけど・・・
鈴鹿にいる、あるいは各地にいる、息子や娘たちに!!
私たちの手で、職と住まいを!!


息子や娘たちの幸福を希わない人はいないと思う。
でも、「自分の目的」がそうなってる人でないと出来ない。
頭の中の思いや願いで行動しても、一生実現しない(ワケがある)。
頭の中の願望や目的ではなくて、その人の目的になると、それを実現する行為行動→暮らし→生き方→人生になる。
その人の目的を実現している人。
自分の目的で暮らす人、行動する人、ずいぶん増えてきたと思う。
やることは、とても具体的で、分かり易くて、簡単なもの。

自分のためよりも、息子や娘たちのために自分を使いたい。
使いものになる自分に成ることが急がれるのかな。
息子や娘たちの幸福が「自分の目的」に成れば、「自分の目的」にしか自分を使わないから、おのずと成れるけどね。
「自分の目的」になると、惑い捉われなく、希いに賭けられるけどね。

愛児に楽園を贈る具現方式
保険・年金・社会保障・財産の貯えに頼らない本当の安心と満足を・・・。
頭の中の願い・目的ではなく、「自分の目的」を実現する人なら・・・、
ああしたらどうやろ、これはどうやろ、あっちもある、こっちもある・・・と、何でも共鳴する。即やれる事いくらでもある。
目的を実現する具現方式は、いくらでもある。

Category: < 世界革命 > | 2007.09.09 Sunday 12:00

現状そのままで

「現状そのままで」とは、現状社会の肯定ではない
破壊や撤去、損失や犠牲が要らないということで、人心および社会を根本から画期的に大転換して、混乱なく世界革命が遂行されるという意味を持っています。

「現状そのままで理想社会に生長する」という言葉に魅力を感じる人は多いだろう。
しかし、受け取り方によっては、既成社会の中で心持ちを正して、仲良く協力し合えば、理想社会が訪れるかの如く、幻想的な甘い考えで幸福運動をやっているつもりになって、自己満足に浸っている人もいる。
社会を良くするとか社会気風を醸成するというと、精神面のことに偏よる人が多いですが、・・・
社会機構を革新し、→ 社会気風を改善して、→ 物心共に豊かな理想社会を創り、→ 人類の幸福を最終目標としておりますから、・・・
世界革命実践の書 まえことば より   ・・・という順序があるように思う。

無所有とか一体についても「これが本当だ」となる前に(ならないように)研鑚を実現することだと思う。
私たちが用いる「研鑽」の言葉から行くと、研鑚社会とは「キメツケのない社会」「本当はどうか調べつづける社会」という意味で、
「キメツケなく本当はどうか調べつづける制度・機構・運営」とも言えるだろう。
先ず、そういう社会を実践しつつ、そこに顕われてくる実態。
社 会 構 成
義務や責任を負わせない
禁止や強制がない
許可や承諾が要らない
統制をとる必要がない
家計はあっても囲いがない
一つにしたり一致させる必要がない
心 理 的 方 面
怒りや疑いがない
遠慮や気兼ねが要らない
優越感や劣等感がない
差別感や上下感がない
私有占有がない
損得勘定(感情)がない

現状そのままで、無所有一体研鑽社会化の実験。
研鑚社会と既成社会との違いは、現象面では見えにくい。
研鑚生活する人が研鑚社会の構成員であり、その都度その都度、研鑚社会の構成員かどうか、その人次第。
「一つ財布」とか「生活調整機関」とか「一体経営」等を設けなくとも、実現されるヤマギシズム研鑽社会の実態。

現「研鑚ライフセンター会員」約100名およびその家族。その他、長年 ヤマギシで暮らした知人数十名。鈴鹿に来てからの関係者多数。
右の画像をクリックして拡大表示でご覧ください。⇒⇒⇒
地図の中は四十数戸ですが、もちろんこの周辺にも多くの会員宅があります。
距離感の目安としては、研鑚会場~as one㈱が、200m弱です。

Category: マイプロフィール | 2007.09.07 Friday 16:00

Ymagishism My Life 2007

ヤマギシで、二十数年間 「これが実顕地だ」 と思って、やってきて、
ある時期から、山岸さんの著述・口述に触れる機会を得て 「これは本来の実顕地ではないな」 と思うようになり、その後の研鑽を経て 「本来の実顕地は、こういうものではないか」 という志を抱いて、「本来のヤマギシズム実顕地」 を実現しよう と、鈴鹿にやって来た。
  <無所有一体へ> 参照

当初から、「一つ財布」や「生活調整機関」や「一体経営」など、いろいろな試みをやった。やってみると、ヤマギシズム研鑽社会を実現するには、要素や順序が必要であることが浮かび上がってきた。
 ・理念を究明し、方法を考案する、人と社会の研究試験機関。
 ・研鑚によって人間らしく成長し合う、人を養成する機関。
 ・研鑚による社会生活・産業経済を組織し、研鑚運営する機関。


現在までの社会を表現すると、
アメとムチ(金と罰則)で、統制し、秩序を保ち、治めようとする、人間の禽獣化社会のようで、人が決めたこと(善悪観など)を誰にも画一的に当て嵌めれば正しいとされる、幼稚な悪平等社会と云えるだろう。
・人は何によって真に安心や満足が得られるかを見極めようとしない。
・個々人の特性である思想や人格の育成を軽んじ、怠っている。
・人間を知ろうとしない、幸福を知ろうとしない、モノ・カネ 主体の政策。


現ヤマギシ会員は理想が貧弱すぎて、幸福社会づくりを唱えても、理念も方法もビジョンもない、精神面だけを大事にする単なる仲良しサークル会に堕ち着いている。
ヤマギシ会もヤマギシ村も、ヤマギシズムとか社会づくりを語るなら、もっともっと、幸福社会、かつてない社会、ヤマギシズム社会について勉強が必要だと思う。


そうして、研鑚社会、研鑚生活という実態が顕われ始めると、当初やろうとした、「一つ財布」「生活調整機関」「一体経営」など、現象的に捉えていた社会像が薄れて影をひそめていった。
ここで、立証しつつあることは・・・、
人間の本来性に立脚した社会機構によって、誰もが真の人間らしく成長する。

私たちの用語でいうと、
研鑚社会機構によって、研鑚生活する人が続々誕生する。
持たない囲わない一体社会機構によって、人がそう成り、そういう社会生活が実現する。


 社会変革とか社会づくり等、「社会」を語ると、つい現在の社会をどうするかという発想に行きがちだが、要は、どうすれば、そういう社会が実現するか、ということで、既成社会をどうしていくか、という考えには必ずしも行かないと思う。それは、何かに捉われた狭い発想と思う。
 どういう社会を実現するのかを、ハッキリと知り、実現するには何が必要かを徹底研鑚する。そして、それに叶った方法を見出しながら実践していく。
 こう言っても、表現が抽象的で分かりづらいと思う。
 それを分かり易くするのが、私たちの活動だと思っています。


勘の鋭い人には察しがつくと思いますが・・・、
 「一体研鑽機構の社会を組織する」ことが できるか、どうか。これが鍵だと思います。
 たとえ心理面の研鑽を駆使して、優れた心境の人が多くできたとしても、それで人を罰する法律の要らない楽園(社会)ができる訳ではないのです。

 山岸さん自身、見極め考案したものを遺しているが、私たちは、それを理解し咀嚼し試験・実証しながら、ヤマギシズム社会の実態 を解説しようとしています。


生きている間に、どこまで、実態を創っておけるかな。
その理念・方法・実証までの過程を解説し、書き遺しておきたいな。


 よく ここまで きたな(2006.8.30) まとめてみると・・・(2006.9.12) 参照
1  total 1p
▲ page top