BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2006/11 ――
1 2 >> total 2p

Category: < つれづれ > | 2006.11.29 Wednesday 23:00

誰もが幸福になるには

こうすれば幸福になる、こうなったら幸福だ、というものを追い求めていても得られないと思う。
誰もが幸福になろうとしているように見えるが、幸福そのものが曖昧なために、
金に不自由なく暮らせればとか、物が豊かになればとか、人間関係がうまくいき仲良くやれればとか、自分を発揮する持ち場や環境があればとか、心の安らぎが得られればとか、・・・・
幸福を何か別のものに置き換えて、それが実現すれば幸福だ、と思っているようだ。それらは幸福とは無関係ではないだろうが、それが実現したら本当に幸福か、どうか。やはり、何を以って幸福というのか、が先ず必要だと思う。
それをやらないで、各自 思い思いに置き換えた幸福像を追いかけている。
自分にとっては、これが幸福だ、と断定できる人も、本当にそれで幸福といえるか、どうか。
幸福というのは、一時的なものや、個人の感覚的なものなのか、どうか。
世界平和、恒久平和、といっても、人によって、考え方、描き方が随分異なるのではないか。
一つにまとまらない、収集がつかない、賛否両論のままで、多数決や力関係で、何かを実現したとしても、それで、本当の平和、万人の幸福が実現するか、どうか。
幸福とはこういうものだ、幸福になるにはこうすべきだ、
 ・・・との断定を持たないもの。
 ・・・と断定できないもの。
 ・・・断定できるのかもしれない。

幸福とはどういうものか、幸福になるにはどうすべきか、
 ・ 幸福とはこういうものではないか、そうではないかもしれない
 ・ 幸福とはそういうものだとしたら、どうすべきか
 ・ 幸福になるには、こうすべきではないか、そうすべきでないかもしれない

○ 幸福を研究する機関
○ 幸福を知る社会制度
○ 幸福を実現する活動


幸福 社会システム
    ○ 幸福社会・幸福生活 研究所
    ○ 幸福を知る制度
    ○ 幸福社会化活動

Category: < 世界革命 > | 2006.11.25 Saturday 23:19

研鑽社会化活動

誰もが幸福になるには

誰もが幸福になることを欲して、そうなるよう、そうなるよう努めている。
自分の幸福は、自分で実現するものだ、と・・・

物質的欲求、精神的欲求、共に充分に満たされたら幸福と思い易い。
自分は満たされていると思っても、隣りに不平・不満・不足・寂しい・貧しい人が居たら、どうだろうか。
努力する人や才能ある人だけ満たされ、優越感・満足感・幸福感を得たとしても。

みんな誰もが幸福を求めて、同じ方向を希っているように見えるが、ぶつかり合うのは、なぜか?
同じ方向なら、個々別々に努力するよりも、力を合わせた方が実現容易と思う。

自分の欲求を満たしたら幸せ−−−
ここに、ぶつかり合う原因がある−−−

自分の物質的欲求、精神的欲求を満たしたら幸せか、どうか・・・先ず、これをやる要あり。
それには、自分の欲求をよく調べる。
欲求の多くは本能的なものでなく作られたもの。(観念的欲求)
それを追いかけていて、本当の幸せになれるか、どうか。

周囲からの誘惑に惑わされないで、(自分の)本当の幸福、心底の欲求、希い、理想・・・
それを実現しようとする人生・・・
一度や二度ではダメで、くりかえし繰り返し、絶えず、それに照らして日々を暮らしていく。
周囲・環境・社会気風できてきたら容易だが、それまでは、観念的欲求を埋めた慰安的幸福感に陥り易いから、自分の本当、本当の自分、に焦点を当てる研鑽生活が必要。

そういう人、複数できると早い。
目指すもの、幸福の焦点、ずれない人
たえず、自分を見て、本当を指向する人


今やってる、職業、学業、趣味、家庭生活・・・、みな、本当の方向で見直すことになる。
何のための仕事か?、勉強か?、家庭か?・・・

自分で自分を見つめるにとどまらない
そういう人 寄ると、互いに反応して、どんどん、どんどん・・・
発見→発案→改良→発展→発見→発案→改良→発展→発見→発案→改良→発展→

観念的欲求でやってることの発見、間違い発見、原因発見、真実発見
どうしたら本当の幸福に向かうかの発案、仕組み発案、運営発案、具現方式発案
相協力手分けして活動、役割分担、持ち味発揮、専門家輩出
高度 精密 人為 自然 研鑽科学 社会活動


人間らしくありたい と個々に心持ちを正して勤勉に暮らしても、幸福生活の一要素にはなるかもしれないが、それで、皆が幸福に生きれるものでもない。

心の持ち方、精神面も大事だが、それを実現するにも、社会の必要性。
物心共に豊かに生きられる社会。
それには、社会そのものに、人間の幸福、本当の人間らしさ、に照準を合わせた仕組みと運営(機構・制度)が必要。

社会自体が、人間の幸福とは何か、幸福社会とは何か、物の豊かさ・心の豊かさとは何か・・・
これを解明する に重点をおく社会
これを実践する に重点をおく社会

・・・ということになると思う。

常に、幸福は何か、どうやって実現するか・・・
これこそ、幸福運動、幸福社会化活動


研鑽社会システム
    ○ 研鑽科学研究所
    ○ 研鑽ライフセンター
    ○ 研鑽社会化活動

Category: < 世界革命 > | 2006.11.08 Wednesday 22:31

世界革命実践 研鑽セミナー

初めて「研鑽」に出会う機会

じっくり、ゆっくり、時間をかけて、かけて、自分そのものを調べる体験
 使いものにならない 頭の段階・気持ち・思い・考え・知識・理解・・・等々から離れる

人間にもつ知能に触れる・・・研鑽態度の賦植・・・真実開明

自分の存在・成り立ちを調べる・・・一体観の涵養

崇高本能 合真理指向 希望・願望・真目的・理想・・・真の幸福観

現状・既存に捉われない「真実の理想社会」「妥協のない人間社会」が描けてくる

「人間と社会の研究機関」「生涯研鑽生活制度」・・・必然性が見えてくる

研鑽サイエンスに基づく研鑽ライフ・・・研鑽社会の試み研鑽社会化活動

ダイナミックに 「自分の革命」から「世界革命」 までが、一望できる機会・・・研鑽セミナー

Category: < 世界革命 > | 2006.11.03 Friday 09:43

世界革命実践の書

世界革命実践の書 の全文を掲載してみました。

今さら、だから、どうってことないかもしれないけど、ライフワークの一環として、いよいよ、ますます、深く研鑚して迫ってくるものがあります。

心理的方面の解決・・・・・・・・・・ 社会構成の真髄を掴み・・・・

制度・機構は最も大切です。

人間として最も大切な人格上の点

譲り合いで事が運ばなくなっても・・・・・・
   譲り合いで交通が混雑しないよう・・・


精神的不満感の原因としては、自身及びその心の内にあるものと、社会的なもの、及び物質から来たもの等があり、・・・
・・・・・・・・・・

精神面で真実のあり方を知ると共に、を豊富にすることと、社会機構を正しきものに組み建てることをも、・・・

Category: <世界革命実践の書> | 2006.11.02 Thursday 15:49

世界革命実践の書

    How to construct the World revolution

解説 ヤマギシズム社会の実態(一)    山岸 巳
ま え こ と ば

 1.零位よりの理解を
 2.宗教に非ず
 3.自己弁明(人物を切り離した批判を)
 4.技術出し惜しみの非難に対して
 5.同調の人々と共に
 6.山岸会と山岸式養鶏会との関連

第一章 概 要

 1.真実の世界
 2.かつてない新しい社会
 3.法で縛らぬ社会
 4.機構と人情社会に
 5.悪平等を押し付けぬ社会
 6.差別待遇のない社会
 7.貧困者のない社会
 8.幸福一色 快適社会
 9.陽的社会 暗黒の夜から昼の世界へ
10.物は飽くほど豊満な世界
第二章 構 成

一 幸福研鑽会

 1.幸福研鑽会とは
 2.出席者は
 3.研鑽事項は
 4.感情を害しないこと
 5.命令者は居ない
 6.たやすく寄り会える場所で
 7.日と時間は

二 専門研鑽会

三 構成員

 1.幸福会員(物心幸福会員の略称)
 2.十人のメンバー

四 要約


知的革命私案(一)               山岸 巳
一 正しきに戻す

 1.世はまさに逆手なり
 2.アメリカに日本の心が掴めたら
 3.ああ、チャンスは彼方へ
 4.わがために乞うにあらず
 5.正か逆か
 6.ヤマギシズム社会に
 7.革命提案の弁
 8.知的革命の呼称と性格
 9.何故幸福社会が実現しなかったか
10.「具現方式」によって
11.具現方式は何にでも
12.人間の知能
13.不幸の原因
14.人情社会組織に改造
15.人種改良と体質改造を
16.百万人のエジソンを
17.女性は300人近く直子を遺す
18.体質改造
二 先ず日本から

 1.日本なる呼称
 2.乏しき日本
 3.日本人の反省
 4.日本を豊かに


知的革命の端緒 一卵革命を提唱す    山岸 巳
一 前説

 1.日本の鶏と農
 2.働き過ぎる−−−馬鹿働きを
 3.日本農民の仕事
 4.卵を五円に引き下げましょう
 5.私は秘密を堅持している
 6.養鶏技術について
 7.云いかけて云わないことと
     後編発行を遅らせている理由は
 8.一卵革命具現方式の要約

二 本旨 心あらば愛児に楽園を

 1.源泉の涵養
 2.鶏を飼う身で協力
 3.学者に一卵を
 4.疎遠の会員の質問に応えて会の実情を
 5.学問・頭脳を優待しましょう
 6.主として種鶏家に提案
 7.一卵革命の弁
 8.万金積んでも買えない卵を
1 2 >> total 2p
▲ page top