BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2005/12 ――
1 2 3 >> total 3p

Category: < 世界革命 > | 2005.12.31 Saturday 10:13

研鑚セミナー


鈴鹿に来た頃からあった「特講やりたい」との念い。初めての人に研鑚機会を・・・。
2005年 幸福研に新たな人が参加し、ますます、その必要性を感じ・・・。
九州からも来てもらい、研究会などの交流を・・・。
初めての人から予科課程に参加申し込みがあり、
息子や娘たちに是非研鑽機会を贈りたい・・・。
いよいよ、と云うか、遅ればせながら、と云うか、研鑽セミナー開催。

白川さん隆杉さん恩田三由紀さん、研鑽を知らせ伝えて、研鑽生活の入り口へのスタッフ・・・。
教えたり、知識や観念的になるのなら、逆効果、やらない方がまし・・・。
交代で誰もが研鑽のセミナーをやれるように・・・
研鑽セミナーをやってみると、自分が分かる・・・。
自分は、スタッフやるか、合宿研に参加するか、セミナーを受講するか・・・。

3月以降の開催には、もっと参加者が集まりそう。
ヤマギシの学園で特講うけた人も、研鑽セミナーへ・・・。
長年、研鑽会に参加している大人も、研鑽セミナーへ・・・。
転換したり、放せたり、スッキリしたり、明るくなったり、・・・・そういうのを目的としない研鑽セミナーへ・・・。

人間が火を使うようになり、やがて、科学技術を駆使して、今日の文明があるように。
人間の知能は、研鑽を会得し、人間自身の心の世界を開拓し、真理に即応した営みを実現しようとする。
今までの人間界には、かつてなかった、真の人間性を開花させ、各々の生活の端々に滲み出て、社会気風を醸成する。
研鑽を得た人の暮らしが始まる。研鑽を得た人たちの社会が始まる。研鑽社会気風が広がる・・・。

Category: < 人 間 理 > | 2005.12.28 Wednesday 10:12

自然 と 人知 の ・・・

自然な愛情
どんな動物にもあるであろう母性愛や家族愛。
見たり触れたりする機会があることで湧く愛情(血縁なくても)。
見かけただけの人にも湧く親しみ、身近な物への愛着、・・・自然な人の姿。

一体観からくる愛情
知 性
叡 智
==>
一体観
世界観
==>
無辺の親愛
人間の持つ知能によって、
全世界の人類間の繋がりや、自然万物 一体の一部としての存在を知り得る。
体感的な自然な愛情は、もちろんのこと、
一体観からくる大愛、無辺の愛情を基に人間界は営み得るもので、
そこには、貧困や争いなど起こりようがなく、
自然全人を愛する人間らしい社会。 愛と理知のみなぎる世界です。

追記
自然のままでは、体感的な周囲への愛情にとどまり易いから、
全人幸福親愛社会実現には、叡智による一体観の涵養こそ、先決であり、それ以外の道はないと思う。
自然な愛情 と 人間ならではの一体観からくる愛情 とを混線しないようにしたい。

Category: < 社 会 理 > | 2005.12.27 Tuesday 10:11

人情社会の実態

人情社会は哲理顕現体
理念の究明
総合哲学に基づく
試験・実験
==> 機構・制度
自由・平等
物資の豊満
適材・適所
==> 人情味溢れる
明るい温かい社会
人情味や温かみは誰もが好むものだけど、
人情・やさしさ・親しさを重視して最優先しても、本当の社会はできないと思う。
必要条件ではあるが、十分条件ではないもの。
  十分条件・・・それがありさえすれば必ず成り立つような条件
  必要条件・・・成り立つために、必ずなくてはならない条件

追記
社会の機構や運営、或いは理念の話をしても、つい人情や温かみを言いたくなるのは、よほどそれらに飢えているからだろうか?
現状や旧来の感情を交えないで、真正社会のあり方を研鑽し、その構成と方法を探りたい。

Category: < つれづれ > | 2005.12.23 Friday 10:10

「思っている」という言葉・・・

「Aさんは、こういう人だ」 というのから始まって、
「Aさんは、こういう人だ、と私が思っている」 となるのが仲々で、そうなるのが、先ず第一段階。
しかし、過去に、
「Aさんは、こういう人だと思った」 というのが継続していて、
いつの間にか今も
「Aさんは、こういう人だと思っている」 という現在進行形になっている。

過去に「思った」ことが継続して、今も「思っている」とは、どういうことか?
過去に体験したことを元に、今も、そう思っているということは、その人の中では、
「Aさんは、こういう人だと私は断定して思っている」 となっているのではないか?
「思っている」という言葉を付けていると、ただ単に自分が「思っている」にすぎないと言っているように聞こえるが、その実は・・・、
「そうとしか思えない」他の思い方の入る余地なく、「今も事実・・・だと思っている」状態ではないか?
こういう場合は、
「Aさんは、こういう人だと思っている」 と言うより
「Aさんは、こういう人だという事実を私は知っている」 と言うのが当たっていると思う。
「思っている」のではなく「知っている」というのが、その人の内なる状態。

「○○は美味しいと思った」・・・
「○○は美味しい」=「○○は美味しいと私は思っている」=「○○は美味しいという事実を私は知っている」
「私は見て聞いて、Aさんは○○と思った」・・・
「Aさんは○○だ」=「Aさんは○○だと私は思っている」=「Aさんは○○だという事実を私は知っている」
「あれは間違いだった失敗だったと思った」・・・
「間違いだった失敗だった」=「間違いだった失敗だったと私は思っている」=「間違いだった失敗だったという事実を私は知っている」

日常の会話は「知ってる」ことのオンパレード。「事実を知ってる」のだから吹聴できるんだろうな。
「私が思っているんだけどね」と付け加えながら・・・。知ってる人同士の話は盛り上がる。
「知らない」のに「知ってる」と思って、喋ってるって、チョット辱ずかしいな。

Category: < 世界革命 > | 2005.12.20 Tuesday 10:09

Toward as one

先ず 研鑽会を (2000)
 鈴鹿は研鑽会から  研鑽会は鈴鹿から   「鈴鹿」=「一つ」
先ず 一つからの生活 (2001)
 人間生活を出発させるに当たって・・・本当の家族を 生活のベースに。
 一つからの行動・暮らし・仕事・経済・・・「一体生活」
先ず 一つからの経営 (2002)
 一つから仕事する、一つで仕事する・・・職業と職場、持ち味と持ち場、人と場 「適材適所」
 スリーシーサービス 鈴鹿エコサウンド つくしんぼ保育園 さぬき兄弟 ・・・
先ず 自己を知る 正しきを知る (2003)
 生涯学究制 予科課程合宿研鑽会 適性試験科合宿研鑽会  振出寮
先ず 社会システムモデルを (2004)
 人間本来の姿、本当の社会のあり方・・・人間社会科学研究所
先ず 揺るぎない社会から (2005)
 人間生活・人間社会は「一つ」から。 「一つ」は目的ではなくベース。
 揺るぎない人・揺るぎない組織 「as one」
先ず 周囲・後代へ 研鑽 を贈る (2006)
 「 研 鑽 セ ミ ナ ー 」
1 2 3 >> total 3p
▲ page top