BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2005/09 ――
1 2 >> total 2p

Category: < 社 会 理 > | 2005.09.30 Friday 23:45

私の社会像 3

 社会にとって、制度・機構は最も大切なもので、真の幸福に根ざした機構・制度、つまり、物的欲求は勿論のこと、各々の心理的欲求・要求・安心・満足が得られる社会機構が必要だと思う。
 個々に具わる個性・持ち味・能力・欲求・要求は、個人差があり、時には極端に異なる場合もあるから、ある人には満足な境遇でも、別の人には耐えられない場合もあり、そのいずれかの是非を問うものでもなく、個性に適合した環境と皆が個々に満足できる社会こそ、真の平等だと思う。
 自由競争という名のもとに、貧富の差を肯定し、力のある人は欲求を満たせて、そうでない人は我慢を強いられるのでは、不平等は広がるばかりでしょう。
 また、同じ規範や環境を一様に当て嵌めて、不平・不満・外れる人をとがめるのは、個性を無視した悪平等でしょう。
 人間性にそぐわない社会機構では、こうした不平等・悪平等・不平・不満が生じ易く、その社会を治めるには、してはいけないことや、しなければならないことが必要となる。
 社会は本来、人のためのものの筈だが、そこを外したがために、社会のための人になってしまい、社会を守り営むために義務や責任を背負わし合って、不本意に生きる破目になる。社会とは、そういうものなんだ。そうやって皆で社会を背負って行くんだという通念が常識になっている。
 一人一人の個性を尊重し、全ての人の欲求・要求を真に満たしていこうとすると、感情や欲求の抑制を当然のこととして治めようとする従来の社会観・組織論には、どうしても無理がある。
 社会というものを根本的に見直して、人間性を曲げたり抑えなくてよい社会、一人一人の安心・満足を実現して行こうとする社会、人間愛を基調にした機構・制度を研究・実験しよう。

Category: < 社 会 理 > | 2005.09.27 Tuesday 23:41

私の社会像 2

 生きとし生けるもの皆、より良く生きようとするエネルギー(欲求)によって、進んでいるのだろう。
 人間の場合、生存の根幹をなす「肉体的欲求」というものは意外にわずかなもので、栄養を補う食料と、肉体を保護する衣類と住居くらいのものかと思う。美味しいものを食べたいとか、おなかいっぱい食べたいとか、身に合う衣服を着たいというのは「心理的欲求」であり、人間の「本能的欲求」だと思われるものを調べてみると、その大部分は「心理的欲求」であるということが分かると思う。
 この、人間の欲求の大部分を占めているであろう「心理的欲求」こそ、人間がより良く生きること、つまり幸福と大きな関係がある。
 前述した「人を縛る社会」は、人間本来の欲求に逆行するものであること勿論だが、「心理的欲求」は相対的なものだから、束縛が無くなったり、物の不足が解消すると、それで一時的な満足状態になる。しかし、社会からの束縛がなくなり、物が不足なく行き渡り、不満感・不足感がなくなったとしても、それだけでは、人間向きの社会とは言えないだろう。
 各自の目標・彼岸の達成、地位や名誉、金銭財物などを追い求めるのも「心理的欲求」だが、人は何によって、真に心充たされ、幸福になるのかを検討し調べ、それに主眼をおいた社会を構成することだと思う。
 それには、各自の欲求・要求・安心・満足を思うがままに出し合い、人と共に調べ合う場、仲良く実現し合う機会。それは権利・義務・責任など発生しない、誰がやってもよい、やらなくてもよい、各自の自由意志のみによる、かつてない新しい社会機構。子ども子どもして遊び戯れるような世界。
 それの実践の中にこそ、人の心の根源的欲求を充たすものがあると思う。

Category: < 社 会 理 > | 2005.09.25 Sunday 15:07

私の社会像 1

人間における心理面・精神面の異常・不健康からくる邪心・悪意・悪行などの多くが、当人のせいにされているが、人は生まれながらにして心理面・精神面は正常であって、凡ては生まれ育った周囲社会・環境のせいと言える。

ウジやボウフラがわくのも、腫瘍や潰瘍ができるのも、妄想や怒り憎しみが起きるのも、そうなるような状況がそうさせるのであって、必然の現象とも言える。

人の心に異常を引き起こす原因を社会から取り除くことが、第一に必要となる。
社会は、人がより良く生きるために生まれたのだろうが、これを外したために社会が人の心を傷つけ苦しめる状況を生んでいる。

健康正常な人間本来の社会(真実の世界)の一番の元となるものは、社会が人を縛らないことだと思う。人を縛ることによって人を狂わせている。
最も単純明解な理だが、「かつてない新しい社会」の第一は「法で縛らぬ社会」ということになると思う。

今までの社会は、これを外していることに根本的欠陥があり、「人は縛る必要があるもの」という観念から、当然「社会は人を縛るもの」になっている。
規則や法律で人を縛らなければ、社会は成り立たないとされている。

悪行・乱行を犯す人がいるから縛る要があるのか・・・、
否、縛るから人心は乱れ過ちを繰り返すのだろう。

Category: < 一体の理 > | 2005.09.22 Thursday 15:56

愛の世界は絶対一つ

この世は一つ 宇宙自然万物一体  人類も一つ
 生物も無生物も物象面では、それぞれに存在し動いているように見えるが、
単独で存在しているものは何一つ無く、凡ゆるものが他と関連して存在している。
 例えば物象面においては、一瞬の停滞もなく悉く変化しているが、その中の物質をとらえて見ても、この世の物質そのものは、組成も性質も総量もなんら変わることがない。つまり、この世の物質は、増えたり、減ったり、新しく生まれたり、この世から消滅したりすることがない。物質は一つ。
 また、生命という形の無いものについても、現象面で生物が生まれたり死んだりしても、生命は増えたり減ったりしない。一人の人間が死んでも、その人体は細胞や微生物など無数の生命体で構成されている。生命は綿々と連なっていて動物も植物も個別の生命というものは捉えられない。生命は一つ。
 動物の肉体は食物の集積で、人間の思考や感情は周囲からの集積で、いずれも単独で存在しているものはない。
 この世にあるものを、人間が個々別々に捉えるようになり、その捉え方が普及して今に至っているが、この世は一つであり、分けられないものだとなれば、怒り・憎しみ・嫌悪・対立・抗争・優劣感・勝負感・損得感などが、自ずと人間界から消滅する。消滅するだけでなく、母子愛・夫婦愛の如く、自他を分かたぬ一体の愛情が発露する人間界となる。
 無辺の愛情は「一つ」の顕われ。愛は一つ。絶対愛は絶対一つ。

 物質とか生命とか人類とか、或いは、光とか重力とか、愛とか真理とか、人間よりの認識からくる捉え方。この世は分ける必要もなく、分けられるものでもなく、一つのもの。
 この世はそういうものではなかろうかという、これも人間がする捉え方。

Category: < 人 間 理 > | 2005.09.20 Tuesday 09:43

心の世界

肉体の生命活動をつかさどるエネルギー(生命力)は無現象で、傷ついたり冒されるものでなく、絶えず健康に生きようとするもの。
肉体そのもの、つまり現象面は、傷ついたり冒されることがあるが、健康に生きようとする力は絶えずあり続ける。

心の世界は無現象で、脳の働きや周囲からの刺激によって、いろんな反応(現象)が起きる。思考・感情・欲求・言動・・・等々。
心は汚れたり歪んだり崩れたり間違ったりしないもの。
心は正しいもので、常に正しくあり続け、正しく反応するものが心。

どんなに肉体が病んでも、健康に生きようとする力が、生きている限りあり続けるのと同じように、
思考・感情・欲求・言動が如何に乱れようとも、心の世界はいつも正しい心であり続けている。現象面の問題を重視するあまり、人間の本質・心の世界から焦点がずれることが多い。

無現象の生きる力を引き合いに出すと分かり易いと思うが、
無現象の心の世界は、捉えられないが実在するもの。誰にも存在する普遍のもの。
人間の本体は何か、人間の本来性は何か、と調べる・・・、生きる力とか、心の世界から入っていく。
1 2 >> total 2p
▲ page top