BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2005/07 ――
1 2 >> total 2p

Category: < 精神革命 > | 2005.07.29 Friday 08:28

研鑚体得 予科課程

特講を受けたことがある人達が寄って、研鑚会になるための「研鑽体得」の課程
「本当はどうか」と口では言っていても、「本当」よりも目に見える「実績結果」の方が大好きな一般凡人のための研鑽機会
例えば・・・、
合格したら「良かったね」、不合格なら「残念だったね」の人達が寄っても、「本当はどうか」の研鑽会にはならないと思う。

「本当」が見えない人に限って、「本当なら結果に現われる筈だ」などと、「本当」より目に見える「実績結果」に関心があることの言い訳をする。
現象化する以前の「本当」を見抜けない明き盲(あきめくら)。若い「本当」の芽を次々とつぶしていく。

良いとされている結果を出せば評価され、その逆なら見下される、
そんな社会通念のまま、研鑚会をやろうとしても、「本当はどうか」っていう研鑚にならないと思う。
本当に「本当はどうか」と調べる「研鑚」を体得しようとする人の課程です。

Category: < 世界革命 > | 2005.07.21 Thursday 08:27

手段と目的

仕事をするのは手段、子育てするのは手段、研鑚会するのは手段、やることなすことが手段。
で、目的は何か。目的があるから・・・をする。目的の為に・・・をする。目的がなければ、やらないだろう。
その目的とは何かというと、言葉では云えても、実態がない。漠然とした曖昧なもの。
やること(手段)は、ハッキリあるのに、目的が曖昧? そんなことあるか? オカシイぞ!!
「この道を行けば確かダ」と云う人が、「で、何処に着くの?」と尋ねられて、「知らん!」と云っているようなもの。

「それはやらなきゃいかん」、「それはやってはいかん」というくらいに、ハッキリ云う人でも、何故か、何故か、何故か、と問うて行くと、何故「やらなきゃいかん」のか、何故「やってはいかん」のか分からんようになる。

目的(そうなること)を願って、やっているのだから、目的のための手段になっている筈だという思いから、やることに一生懸命になれるのだろうか?

そういう思い込みの、おかげ?なのか、やることが目的になって、やることがやれたら、まるで目的を達したかのような喜びや満足感があるらしい。

仕事がうまくやれて良かったね、利益が上がって儲かって良かったね、子どもが育って良かったね、研鑚会が楽しく繁盛して良かったね、・・・・皆それを目的にしている人にとっては、さぞ良いことづくめでしょう。

でも、こちらから、観ると、それがどうしたん?  あーそれからどうした!? というものにすぎない。 何か本当の目的と関係があるのかな?・・・と。

仕事をする人が「仕事するのは目的でない」
子育てする人が「子育てするのは目的でない」
研鑚会する人が「研鑚会するのは目的でない」

などと、云ってたら、さぞかし顰蹙(ひんしゅく)を買うだろうな。常識社会では叩かれるだろうな。

本当の目的を「目的」に置かないと、本当の世界にならない。

Category: < つれづれ > | 2005.07.13 Wednesday 08:26

しごと けんさん

「私の仕事は何か?」 「その仕事は何のためか?」

「仕事」という言葉には、コテコテの常識観イメージが、ベットリとへばりついている。
「仕事」って、生きてるうちにやる仕事、自分の生涯の仕事、ホントの仕事だよ。
会社や組織で、持ち味を活かして充実感持って働いても、会社や組織が無くなった時に、仕事が無くなってしまうなら、「自分の仕事」ではなくて、「会社の仕事」をしていたんだね。
「自分の仕事」をしているのか、「会社の仕事」をしているのか・・・?
一生懸命に働いていても、「自分の仕事」は休職・失業中のまま・・・?

そうやって、調べていくと、「自分の仕事」に就いている人は、どれほど居るかな?

休職中・求職中・失業中・訓練中・研修中・etc.の人が多いみたい。
いつになったら、「自分の仕事」に目覚めて、就くのかな? 働くより、そちらが先だと思う。

Category: < 一体の理 > | 2005.07.09 Saturday 08:25

一体生活調整機関

一体生活調整機関の趣意書が欲しいと思う。

「聞ける心の世界」「持たなくていい心の世界」「溶け合って境のない心の世界」からの人間社会の顕現。

「どんな人の声も聴けて」「囲い禁止する要がなく」「溶け合って離れようがない」人に、誰もが立ち戻れる社会。そういう人に育ちあう社会。

実は、調整機関に限らず人間世界というものは、職場も家庭もどんな組織でも、人と人とがする行為は、これなくして決して成り立たない。
人と人が共に生きるには、これが絶対不可欠だということを、心底では誰もが知っている筈だが、現状の人間世界が、あまりにかけ離れている為、そんな人間関係は無理と諦めている。或いは、そういう人間関係を欲しているという自覚もなく、むしろ、そこまで近しい間柄は望んでいないという観念。

人と人との間柄を軽視する人は少ないだろうが、それでも何か事を為す手段か一要素くらいに捉えていて、仲良くないと事がうまく進まないから、仲良い方がいいとか、事が順調に進んでいると人間関係に問題が起きないから、それで人間関係ができていると思い易い。
現象による思い込みで、心の世界を観ようとしていない。
心の世界からの本当の人間世界という理想がないと、ほどほどの現象面で人間関係ができていると判断し易い。

人と人との間柄とは、こんなものではない。
これは精神論や心の持ち方のことではなく、生産・製造・サービス業・政治・教育など凡てに渡って、
人と人との間柄が本当のものにならない限り、人と人とでする行為・組織は絶対に本当のものにならないという当然の理。

Category: < 人 間 理 > | 2005.07.08 Friday 08:24

こころのせかい

自覚しないくらいに当然になってるのかもしれないけど、
なぜ人と人が、こんなにもよそよそしいのだろうか?
身内というか、近しい、親しい、心ゆるせる、心底うち溶けられる人は、何人いるだろうか?
何億もの人がいるのに、ホントに近しい人は数人しかいないという人が多いのではないだろうか? 今の日本には、もしかすると一人もいないという寂しい人がいるかもしれない。

生まれてから、このかた、よそよそしい人間関係を教え込まれて来たと思う。「家族以外は他人ですよ。」「他人と親しくするものではありません。」「親しくしてはいけません。」だまされないように、負けないように、損をしないように、警戒心・不信感・優劣感・勝負感などを植え付けられて来た。

このような、教え込み・植え付けの被害の薄い人は幸いな人で、比較的、「心の世界」が侵されていないと思う。
安心の人の中で、安心して育つと、わが身を執拗に守ろうとする「我」も身に着ける要がない。疑いや不信感なく誰のどんなことでも受け入れられる。その人の中に、拒み対抗する芽がないから周囲にあっても育たない。

「聞く」とか「持たない」とか「一体」というのは「心の世界」のことで、なんでもない人と、とても難事な人とある。これは生まれや育ちや体験などの違いで、やむを得ないと思う。

「聞ける心の世界」「持たなくていい心の世界」「溶け合って境のない心の世界」を知って、そこに帰還しようとするものです。

本当の人間世界の素晴らしさを実現・実感・実証しようとするものです。
1 2 >> total 2p
▲ page top