BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2005/05 ――
1 2 >> total 2p

Category: < 具現方式 > | 2005.05.27 Friday 08:07

Human Ground ヒューマングランド(案)2

生涯学究の場 Human Ground

 人間らしさを探究し、実現する場
 研鑽会・研修会の中だけでなく、住まいや家事・育児、生産流通、経営運営など、そこでの生活すべてが、生涯学究の一環としての場。
 研鑽生活・研鑽社会の基となる場。
 世俗に対しての聖地というのも変だが、純粋な場。
 ヤマギシズム社会式養鶏法を顕現するのも、先ずこの場から。

鈴鹿が、HumanGround とあったけど、いま住んでいる地から見たら、鈴鹿は純粋な場。
更に、本質的なものを求めるなら、鈴鹿に住む人も、世界中の誰にとっても、純粋研鑽のみの場が欲しい。
それが、Human Ground。
生涯学究に参加するというのも、話し合いで知的に考えることは勿論重要だが、それが何の為のものか、それをやってどうなろうとするのか、というのが、その人まかせではない。
その人、その人なりの目標や目的で、生涯学究にのぞめばいい、というものではない。それでは、単なる観念まかせになる。
真なるもの、つまり、人間の方向性、社会の方向性、真実をその場で体感するもの。そういう場。

Category: < 具現方式 > | 2005.05.27 Friday 08:06

Human Ground ヒューマングランド(案)

Human Ground 人間性の場  つまり、 Human Farm (人間性を肥やす農場)

敷地内に、住宅・生活施設、事業・生産施設、生涯学究研修施設、合宿施設などを設ける。
生涯学究は勿論のこと、住宅も事業も、そこにあるもの全ては、人間性を培い養うために活用される。
そこでの研修会も、日常生活も、畑や鶏舎も、仕組みや施設、運営や経営も、人間性を培い養うという方向のもとに使われ営まれる。
人間性を培い発揮する、幸福人生・幸福社会の試験・実験の場ともいえる。

そこには、定住者も居るし、短期の研修者も居る、学究研修参加の学生もいる。
そこに住んでいる人は、そこで人間らしい自分になり、人間らしい暮らしを実現させていく。
外部から来た人も、そこで人間らしさを見出し培い、各々の持ち場で人間らしい暮らしを実現させていく。

定住してもいいし、短期で研修してもいいし、合宿研修だけに参加してもいいし、いずれにしても、人間が人間らしく幸福に生きられるようになることを目的にして、その方向で全てを考え行なう場。

こちらの受け入れ態勢さえ揃えば、誰が来てもいい、どんな人でも受け入れられる、家のない人、身寄りのない人、淋しい人、物や能力もてあましている人、・・・軍人も娼婦もルンペンも、・・・

Category: < 一体の理 > | 2005.05.19 Thursday 08:05

あ・い・す・る

 多くの会や団体が破綻するのは、寄る時の理屈・勘定はよいが、この団体を愛し、会員を愛し、真に自己を愛する相愛の精神が足りないためです。
 自分のみのためにと、取り合っていて、よくなる道理はありません。

・・・、後に続く人々に、自分の持てる凡てを”かつて自分が受けたように”与えて、与えて、与え尽くす愛の心です。後れている人は吾が子です。吾が子に与える喜びに生きる、喜びの自分を発見するのです。

・・・、与えて喜び、受けて喜ぶ、相愛社会に永久の安定・繁栄があるのです。

 こんなに複雑精細な養鶏法が、素人の誰にでもやれる方法があるのです。
 その方法と云うのは、毎月半日を割いて支部研鑽会に出る丈のことです。
 共に研鑽して時の最先端を行なうのみです。

人間の普通で自然な状態には、損得勘定とか、公私の区別とか、が無いのが本当だと思う。家族の間柄など見ると当然のことなので分かり易い。
人類同属、同じ人と人でありばがら、利害が反する人が存在するということ自体、どこかに間違いがあると思う。(一方が儲かって、片方が損する等々・・・)
「店と客」の関係は「売る人と買う人」という関係だが、客が店を愛するということもある。店を愛する客が多いということは、店の繁盛に繋がる。
会社などでも、「雇う人と雇われる人」という関係ではなく、会社を愛する人が、どれだけ多くいるかが、会社の繁栄に繋がる。日給・時給・歩合給という仕組みでは、愛する心が育ちにくい。
どんな組織でも、支部活動でも、調整機関でも、研鑽会でも、・・・人が多く寄っていたとしても、その会を愛する人がどれだけ多くいるかで、その会の繁栄・繁盛は決まるような気がする。
でも、愛国心とか愛社精神とかの場合は、殻のある小愛もあるし・・・、
好きとか、親しいとか、放っておけない、というのも愛するとはチョット違うし、・・・
「一つ」という感じかな。

Category: < つれづれ > | 2005.05.14 Saturday 08:04

念々・・・

いろいろな事をやってはいるけれど、
経済的に楽に暮らせて、楽しくやれる持ち場があれば・・・、という辺りが、一番大事にしていることなのかもしれない。
その人のメインというか、主眼を置いているというか、殆どそれを基準に考え行動しているというか・・・。

それプラス、余暇というか、余得というか、メインを外さない程度の範囲で、「社会」とか「研鑽」とか「研究」とか「本当」とか、言ってやってるのかな。
うーん? これが『理想社会の実現に協力する(いわゆる金を儲け乍らの)人』の姿なのかな?

何がメインか?ということは、何が一番の関心事か?ということで、「これをメインにすべきだ」といっても始まらないけど・・・。
経済的に楽とか、楽しいとか、そういうものがメインの人は、そうなんだろうけど・・・。
「物も豊かで楽しい暮らし」の前というか、その元がある(要る)と思ってるんだけど。
そこに主眼をおきたい、それをメインにしたい、・・・でないと、豊かも楽しいも砂上の楼閣というか、

どうも、人間界、あやふやなものだ、というのに慣れてしまっているように見える。
「揺るがない確かなもの」なんてあり得ないという観念、思いもしない習性。
あやふやなものを人生の主目的において、それで結構満足する理由は、そんなとこかな?

「揺るがない確かな」人間社会に目を向けると、旧来の延長線上にない、新しい扉を開かないとね。

『併し私共は、今迄出来なかったから出来ないとか、出来もしない事を出来るが如く見せかけるものでなく、実現し得る設計と、方法と、確信を持って居まして、この間違いの多い夜の世界に終止符を打ち、人類ある限り、永遠に揺ぎない真の幸福のみ溢ぎる、理想郷の門戸を開き、昼の世界を迎えようとするのです。』

Category: < つれづれ > | 2005.05.14 Saturday 07:58

My 興味・関心・・・研究意欲

「悟る」という言葉は激しすぎる? じゃあ「腹に落ちる」これも重い? 「得心する」このくらいの表現ならいいかな?

一体(持たない・我のない・殻のない・溶け合った状態)か、どうか・・・、という話が通じるのは、
一体を(悟った人と言いたいけど)得心した人でないとね。
一体を言葉ならべて説明できても、得心してない人とは、一体という言葉を使っても意味が通じない。
一体の人かどうか、一体の活動かどうか、一体の方向にあるかどうか、・・・こういう話が通じるのは、一体を得心してる人。
一体でない人が何やっても駄目だと思う。一体の世界に反することやって幸福になる筈がない。
だから、一体かどうか、絶えず気になる。人を見る目も、そういう目で人を見ている。この人どうかな。あの人どうかな。
頭で思う一体を意識したって、そんなことは一体の人とは関係ないから無駄なこと。
一体でないところから、一体になろうと意識したって無理だから、先ず一体でないところから抜け出すことだなー。
「一体」って「悟ることだよ」と、やっぱ最後これ言いたくなっちゃうんだよなー。
1 2 >> total 2p
▲ page top