BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2004/12 ――
1 2 >> total 2p

Category: < 研鑽の理 > | 2004.12.12 Sunday 22:52

真なるもの

普遍妥当性と思惟必然性をもつもの=真理
いつでもどこでも何人も、きっとそう考えねばならぬもの・・・真理
いつでもどこでも誰でも、きっとそう考えて落ち着く、ただ一つのもの

正しいとは、一に止まると書く。真理とは、このようなものではないか。
一切に通ずる永遠の原理
全体と結ばれたもの(全体的立場からみての行為)は真である

真とは時間的に永遠であり、空間的に無限
完とは真の内容(充実したもの)一貫したもの、実在

Category: < 人 間 理 > | 2004.12.12 Sunday 22:48

真の姿

人生 −− 行為 −− 快適

自覚 −− 人格 −− 資格

Category: < 一体の理 > | 2004.12.10 Friday 22:49

一体の理

一体の理

すべてのものが繋がりがある。そして、相補(万物)の一体感は、絶対に不変の真理とす。


一個の私という存在は、全世界の凡てに関係あり、一事一物みな悉く全世界と関連していないものはない。
一切のものは互いに無限の関係に於いて存在している。
時間的に今日という一日は、決して昨日なしには存在しない。
今日は単なる今日でなくて、「昨日を背負い明日を孕んでいる今日」なのだ。
一切の事物は、みな孤立して存在しているのではなく、実は縦にも横にも無限の相補的関係にある。
即ち、無尽の縁起的関係にある。
従って、現在の私は、無限の空間と永遠の時間との交叉点に立っているのである。

Category: < 社 会 理 > | 2004.12.10 Friday 22:43

社会理

社会理

縦の目標−−−幸福(全人)    \
                         これは絶対で研鑽して行く真理の露面
横の繋がり−−−研鑚会(道・方法)/  (現象)は変転して行く。



縦には持ち味を発揮(最大効果的に)し(時間的にも)、横には一体感のつながり。

Category: < 研鑽の理 > | 2004.12.09 Thursday 22:50

研鑚の理

研鑚の理

真理にも空間的・時間的因果関係をもって生起消滅しているのであるから、現象としては、その因縁の組み合わせによって、その果として出来た現象は、時代性を帯びている。だから、研鑽会が必要なのである。

1 2 >> total 2p
▲ page top