BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― アーカイブ: 2003/11 ――
<< 1 2 3 4 5 6 7 >> total 7p

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:49

一 幸福研鑽会 5.命令者は居ない

5.命令者は居ない

 特別人間や、神や、仏は仲間入りして居ませんから、或る人を盲信し、屈従迎合しない事で、偉い人のお説教を聞くのではなくて、お互いの持っているものを出し合って、自分達で共によく検討し、一致点を見出し、実行に移すのです。提案はしますが、個人の意志により命令する者は居ないのです。人間の知能を持ち寄れば、神や、仏とやら云う仮名象徴態や、絶対者がなく共、人生を真の幸福にすることが出来ます。
 人間のうちにも、特に秀でた知能を持っている人もありましょうが、それもその人個人が築いたものでなく、幾代かの人間の因子の離合と、環境を与えた人達の集積の露面に過ぎず、その人のみが偉いのでなく、人類の知能の高さを示すものです。
 過去の人達が積み上げて出来たものを、自己の代で停滞・消滅ささずに、次代の繁栄・前進への素材として、よりよきものに練り固め、周囲及び後代へ引き継ぐ事こそ生きがいと云うべきです。自分一人で大きくなったように、威張ったり、自慢したり、人に命令したりせず、現在以後の人々のために、最大効果的に役立たすことを研鑽するのです。これが自分を大きく生かすことにもなります。

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:48

一 幸福研鑽会 6.たやすく寄り会える場所で

6.たやすく寄り会える場所で

 人は皆それぞれに忙しく営んでいますから、しかも直に目に見えない、或いは直接腹の太らない事には寄り難いものです。利害が直接影響することは、小さい事でも、重大関心を以て目を光らせて臨みますが、間接的なことや、無形的なこととなると、何倍か大きな酬いのあることでも、案外他人事のように自分に不親切で、誰かがやって呉れる位に冷淡で、欲の無い事、浅い事、そしてつまらん、忙しいと、一日を惜しみます。
 しかし、これが今の社会普通人の考えであって見れば、今の処仕方ないから、せめて何時でも容易に寄り会えるよう、成るべく近い所で、小地区研鑽会を開きます。小地区で解決出来ない事や、他に広く関係のあることは、大地区研鑽会へ持ち出します。

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:46

一 幸福研鑽会 7.日と時間は

7.日と時間は

 日や時間を定めておくと、一々日取りの打ち合わせをしたり、通知を出す必要もなく、年中の日程が組み易く、会の日を忘れなくなり、又他の研鑽会にも出席したり、他地区からの参加にも都合がよく、後に度々変更しないよう、支障のない日を選定します。
 幸福研鑽会は立ち話や、中腰では、店を拡げたばかりで、結論が出難いようですから、心を落ち着け、寛いで、相当時間を長く取れる時刻が好都合です。もし時間中に結論が出ない場合は、次回迄持ち越すことで、軽率な解決は、却って紛糾の原因になることがあります。
 主婦や、学生や時間勤務者の出易い時刻となると、仲々一致し難くなりますから、予め月によって、午前・午後・夜等に時間を摩らして取り決め、出席する人も、その日程時間に合うように、日常プランを組みます。
 私は四五脳法と呼んでいますが、商店も、主婦も、早く1週に45時間勤労で、世界水準の生活が出来るよう、能率を高める研鑽をして、時間計画を樹て、月一回位は研鑽会にも出席することです。出不精の人でも、出かけると出易くなり、出るから進歩改善されて、時間的余裕が出来てなお出易くなるものです。
 四五勤労とは、世界標準労働時間を意味するもので、必ずしも45時間が理想ではなく、これは今日の標準であって、将来は益々短縮され、1週10時間か5時間位の労働で済まされるようになりましょうし、又そうするための研鑽にも力めます。「働くことは人の本分」とか「労働は神聖なり」と教えていますが、牛馬や機械で出来ることを、その何分の一か何百分の一の能力で、それ等に代用して、人間が働いたり、頭を一寸一回だけ働かせておけば、いつまでもどんな省力でも出来ますのに、研究もせず、そういう仕事で額に汗して働いたからとて、神聖でも、尊い事でもないでしょう。なるべく働かないための研鑽をしましょう。

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:45

二 専門研鑽会

 この研鑽会も、終局目標は幸福社会の実現であり、それへの直接・間接的実行方法として、最上のものを見出すために設けるものです。
 専門研鑽会は、各種職業別に、又は所管目的別・所属部門別に主要目的を中心に、それに関連した専門的な事項を深く探究し、それの向上進歩を図り、自己を含む全人類の福利の増進に寄与するための研鑽をします。
 営利的又は感情的派閥分離行動をすることなく、親和協力に心して、小区分及び総範囲的に、適宜研鑽会を開き、学問・理論・実験の報告や、共同研究及び技術の交換と向上、経営上の合理化促進、真目的の自覚と結び付き等について検討します。
 経験や学歴及びその他肩書抜きで、座席や待遇等も特別がありませんし、若い人には若いよう、低い人や、浅い人にはそれに応じて、幼稚な人をなるべく引き上げる気持で、適材適所に就けるように力め合います。

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:42

三 構成員 1.幸福会員

1.幸福会員(物心幸福会員の略称)
[1956.1.5.以後は「革命協力部」メンバー(部員)と改称]

 ヤマギシズム社会構成の重大要素は、親愛の情によって、全人類間の紐帯となすことで、怒りや疑いが少しでも介在しては、不完全なものです。
 誰とも喧嘩しない、仲よし一家の寄り集まりです。
 けんかの原因はその一方に、又は双方に間違いがあり、それを突っ張り合うからで、腹を立てたり喧嘩する者は馬鹿です、腹が立ったら、アア自分は大馬鹿だと気付いて、如何なる場合にも怒らない人間になることが先決です。
 本会正会員の資格に、絶対腹が立たない者となってありますように、怒っていては親愛の情もわきませんし、幸福もあったものではありません。
 この理想社会では、衣食住及び所有物資を有り余って、飽きる程豊満にします。少ない物量を、諦めで辛抱するような吝なものではありません。そして誰かが所有して遍在させたり、独占しないで誰でも欲しいだけ自由に使用出来て、皆飽満な物資で生活は安定し、体質を改造して、勝れた健康体と知能を保持し、寛い豊かな、心の持ち主を幸福会員と言います。しかし理知的で愛情に乏しい人や、物に何不自由なく、別に風波も摩擦もなくても、何か冷た感じのする家庭もあり、又一方物は無く共。温かい和やかな一家もあります。理想社会にはこの温かみと親しさが籠っていて、人情の滲み出る気風を添えてこそ、完全なものです。
 制度・機構は最も大切です。しかし如何に理論的に立派に見える社会機構も、人情を欠くなればダシの抜けた鰹節と同じで、理詰めのみの、温かみのない社会は、生きた人間には役立ちません。目に見える部分よりも、形の無いものに本当の価値があるのです。
 現在の内外政治・経済・社会機構・法律等は、何れ改変されますが、たとえ間違ってあっても、現存する間はそれを無視したり、無規範的行為をすることは、あくまで避けねばなりません。
 いま会員第1号として、幸福会員に該当する人は、現機構の下では、それに外れぬ、それから良心的所得の増加を図り、余裕ある財産により、納税や社会事業等に大いに協力し、自他共に物心両面で栄え、幸福社会の実現に尽す一員であり、かような会員が充満することが理想であって、世界から貧乏人を一人も無くすることです。学問・技術・経営及び幸福についてよく検討するため、専門及び幸福研鑽会には、力めて出席出来る人が幸福会員です。

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:41

三 構成員 2.十人のメンバー

2.十人のメンバー
[1956.1.5.以後オールメンバーと改称]

 幸福会員は、自己も共に物心両面の豊満を得つつ、理想社会の実現に協力する(いわゆる金を儲け乍らの)人ですが、十人のメンバーとは一応、自己に対しては、物や、地位や、名誉等を考えずに、「命までも打ちこんで」、理想社会の実現に傾倒する人を指します。
 しかも誰からの、命令で動くものでなく、自発的に自分の信ずるままに、自己を最も有意義に生かすために、自覚・納得の上で報酬を省みない(タダ働きになる)事を無上の喜びと感ずる人でなければ、資格がありません。
 完全メンバーと、半メンバーと云うと変ですが、完全メンバーは自分に一番きびしい事で、四六時中それのみに没頭出来る人で、世界中の誰よりも貧乏になることを承知で、零迄覚悟して、誤解する人達(誤解の起らないよう極力避けますが、それに洩れた人)からどんな疑いを受けようが、悪罵讒謗にも怯まず、敲かれようが真実に生き通せて、自分の生命・生活さえも無関心になれて、有れば着る、無ければ着ないし、家も財産もある間は使うが、無くなっても惜しくない、無くなることを当然と心の用意が出来て、食もあれば食べる、無ければ食べない、他からの奉仕や、心にもないおつき合いの寄進とわかれば、箸もつけない厳しさが実践出来る人でなければ、資格はありません。
 死を惧れているようでは、完全メンバーにはなれません。財産と云うものは、これだけ無かったらの限度も無く、原爆一つで家内中飛んでしまうのですし、いずれ一度は死ぬのですが、それを気にしている人もあるらしいです。成り度く無い人は成らなくてよいのです。完全メンバーが十人寄れば、日本位は引っ繰り返せますし、日本が変れば、やがては世界中が一緒になりますが、押し付けて出来る訳のものでもなく、皆自覚から出発するもので、十人のメンバーに成ろうと、成るまいは各人の自由意志にあり、成って下さいとか、成ってはいけませんとか、他から支配する何物も居ない筈です。
 自分でやろうと思えば、女でも男でも青年や老人も、学のある無し、不具病弱者も、自分一人でやってもよいのですが、同じ思いの者が相寄って相談し、よりよい方法を見出して、共に調整協力して、大きな力で実行すると益々その効果を高め、真実世界実現が早められます。十人より百人の方が何十倍か早められますから、速やかに同志が相寄ることで、現状の如く今迄にない会合結束が、固められつつあるのです。そうしてたえずメンバー研鑽会をする事です。半メンバーと云うのは、全面的には成り切れない人で、家族の都合や、自分の意志で或る程度に生活や財産を固め乍ら、程々に十人のメンバーの活動をする人を指します。
 十人のメンバーと云っても、誰と誰とがそうであり、誰が半メンバーだとか、特定の人を云うのではなく、自己を零にしてその活動に没頭している間の人の呼称であって、一時間或いは二時間メンバーもあるわけです。
 十人のメンバーは何をするかですが、不幸な人を一人も無くし、物心共に豊満な理想社会を造ることを仕事とするもので、幸福会員を世界中に充満させて、それ等の人々が、幸福な人生を送れるように仕向ける役割をするのです。
 誰でもが、幸福人になり易い環境を造るのが一役で、完全幸福会員第1号か、それに近い人が出来れば、モデル会員としてそれを広く紹介して右へ習えで、続々物心豊かな人が出来るように奔走する役割をし、それ等の人が逆コースを取らなくて、円滑に幸福生活が続くよう、補佐の役目を果します。
 こうして一村の気風を根底から変えて幸福村にし、地上の各地に幸福のキッカケ(端緒)を造り、それが次々と伝播して広がり、世界中が幸福人で埋まれば、物は溢れ、親愛の情溢ぎり、侵すものなく、護る要もなくなり、十人のメンバーも無用解役になり、物心の幸福会員の列に共に並び、幸福一色となり、幸福の言葉さえなくなります。
 山岸会は実は幸福世界実現の為の会で、幸福会と呼ぶのが至当であるが、今はその過渡期にあり、私は何れ会名変更について提案するつもりです。
 山岸会の呼称はそのうちに「幸福会山岸会」となり、時期が来れば「幸福会」となり、会の使命が達成されたトタンに、その社会は別の名で呼ばれるようになりましょう。
 十人のメンバーは誰にもたのまれずに、自分勝手に、幸福人を造り護る活動行為をしている間の人を指します。したがって、そうすること自体が自分の喜びで、他から報酬やお礼や感謝の言葉もない筈で、万一他から不平等云われたら、自分の活動が間違ってあったか、到らなかったものと、反省する用意をしてかからねばなりません。
 今の世の中には、小利は見えるが大欲の解せない人や、真実を掴み得ない人がウヨウヨしていまして、自分流の観方で誤解したり、負け惜しみを云ったり、一寸都合が悪いと不足に思ったり、疑ったり、腹を立てたりして、直接よく突いて来ない小人共も沢山居ますから、そうした人を隣愍の情で迎える覚悟が無かったら、初めから十人のメンバーにならない事です。

Category: ヤマギシズム社会の実態 > 第二章 構成 | 2003.11.02 Sunday 23:39

四 要約

 これを要約すると、ここで云う幸福会員とは、物心会員であって、健康で子孫も物も栄え、心も豊かな生活の出来る人を指すもので、これなら誰にも解り易い、そしてこれが世界中に行きわたった時が本当の幸福であり、真実な人間生活の姿で、こうした人の充満した社会を理想とします。
 しかし今の世界は、それに反した日常を暮らしている人が多いのは、それに向かう方法を知らない人や、方向を知っていても、突っ張り合って混雑して、思うように行けないからです。
 十人のメンバーは、これに対し安全な道路を造り、街路樹を植え、香る花を蒔いて道標を立て、各種の交通機関を提供する役目をするのです。かくしておけば、後は道標によって各自が自力で歩くなり乗るなりして、思い思いの目的に向かって、自由に快速な行動が出来ます。
 こうした事は、早く皆が出し合って造ればよいのですが、お互いに目的地へあせり、正面衝突して喧嘩したり、通せんぼうされたりして、気がイライラして、時間にも頭にも余裕がなくなり、腹が減るから旅費も乏しくなり、又各自に持っていないと安心が出来ず、先を急ぐ人には、道路造りはしていられませんし、混雑して苦しんでいる間は、そんな建設費はよう出さないでしょう。 そこでいつまでも、こんな愚行を続ける馬鹿さの解った人や、一役果して閑日月の生活に入り無役の人や、今人並以上苦労しても、孫子の代も沢山の人が楽になるようにと、先の大きな楽しみに生きられる人々が相寄って相談し、一時は裸になっても、借金してでも、何処かの一角から、後で度々改修しなくてよい立派な道路と、交通整理係も要らない道標を創り、乗り物も用意し、これならいけると、誰でも共鳴して協力されるキッカケを、十人のメンバーが造るのです。
 しかし十人のメンバーとて、霞を吸うのみでは動けなくなり、力にも限界がありますから、新しい道に乗った人は、その余得のうちからの一部を、次の道路の建設に協力し、汽車等の維持をすることです。
 次の社会には屈辱・忍従・犠牲・奉仕・感謝・報恩等は絶対にありませんし、そんな言葉も要らなくなりますから、他人のお蔭に甘えるわけには参りません。
 十人のメンバーも感謝されたり、恩返しを予想しての活動なれば、やらない方がよく、一時的犠牲者からする相当の不足に、ニタリと微笑める心の用意をしてかかる事です。
 十人のメンバーとは簡単に云うと、幸福会員のみの理想社会を造ることを喜びとして活動する人で、生命をそれに最も効果的に打ちこんで、代償は理想社会実現以外の何物もない自覚に立つものです。但しこれは個人の自由意志によるもので、家族や周囲の人でも共鳴しない者迄も、巻添的犠牲者にしては不可です。又誰に限らず、一時間でも十分でもその気持ちで、そうした行動をされる事が大きな力となり、実現を早めます。
 十人のメンバーの場合、立替えの形で、犠牲によく似た行為をすることがあります。
 物心何れにしても、誰か人の餌食になり終るものを、犠牲と云うのですが、この社会には犠牲はなく、この社会を造るにも犠牲者は一人も出しませんから、当人は報いを考えないが、真実は立替えであるから、必ず何かで終局的に返る仕組みになってあります。甘い考えで人の親切を取り切ることも出来ない仕掛けにしてあります。
 私は今後、身の許す限り幸福運動を展開して、最も確実に容易に行なえる具体案を示して、同志の人々とよく検討し、協力して積極的に実践します。
 例えば、部落を名実共に開放し、住職を束縛する法門から、嫁を家の道具視女から、寡婦を寂境から、刑務所の門を桎梏から、日本人を国境から、若夫婦を古い家から、貧乏人を生活苦から開放し、病人・老人に人間一生のうちの最上の待遇をします。商人を顧客と対等に、世界の人を紛争苦悩から開放し、総ての無理な束縛を断ち切り、真に自由な人生に開放する活動を続けます。
 全国各地から命迄もの人達が続々参集されていますから、必ず実現します。誇張か法螺か実態を検べられるなれば、あなたの人生に何かをもたらすでしょう。(未完)
           1954. 11. 25.

Category: 知的革命私案 > 一 正しきに戻す | 2003.11.02 Sunday 23:37

1.世はまさに逆手なり

売ろうとすすめると、手を引っ込める。
取ろうとするから、やらぬと来る。
平和のために戦争し、神に祈って爆弾を恵む。

Category: 知的革命私案 > 一 正しきに戻す | 2003.11.02 Sunday 23:37

2.アメリカに日本の心が掴めたら

 余剰小麦に剣を包まずに、サンタ爺さんに托したろうに。そいたらアーメンきらいな痩 狼でも、罪の子も、一ペンに芯から靡いて、アメリカ様の番犬になったかも知れぬ。
 戦犯だとか、梟首にかけるかわりに、「日本は狭い、常夏のハワイを自由にお使いなさい」と来たら、自業自得か知らないけれど、肉親を喪ない裸にされて、殺され損い、骨を抜かれた半亡者の心でも、東向くか西向くか、紙に書いた権利・義務の手形と、心に焼き付けた親愛の情とは、どちらが確かなものか。枕が高く出来るか。
 物にはソッポのこの曲りやでも、事によったら、情の前には案外コロリかも知れなかったものを。
 主なる神は絶対者ではなかったら、つみびとの心を見通すことも、まして力では制えたが、愛で跪かせなかった。それとも再び原爆の洗礼を受けさす神の試練の、尊い下心からか。

Category: 知的革命私案 > 一 正しきに戻す | 2003.11.02 Sunday 23:36

3.ああ、チャンスは彼方へ

 今や西方浄土から、なさけの手を拡げ迎えられんとす。祖先のふるさと大中国より、近隣諸国・釈迦の印度から。
<< 1 2 3 4 5 6 7 >> total 7p
▲ page top