BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 研鑽の理 > ――
1 2 3 4 5 >> total 5p

Category: < 研鑽の理 > | 2009.09.23 Wednesday 00:00

『研鑽』について書いています。

しばらく前から『研鑽』というタイトルで書き綴っている。
きっかけは、今年の春、韓国から Yさんが会いに来てくれた時のこと。
2009.03.12の記事参照
そこで彼から聞いた話では、韓国と日本とは20年ほど差があるような感じで、1980年代に民主化とか学生運動とか新たな社会を模索する動きがあり、そこでヤマギシが注目され社会活動や思想界に多くの影響を与えたらしい。
それも、一段落しているらしいが、社会思想を模索する情勢はまだまだあるそうで、彼はヤマギシズムのエキスを翻訳して出して行きたいとのこと。
その後、7月と8月に韓国へ行って、彼と話し合ってみて、そう遠くなく、ここで「研鑽セミナー」や「内観コース」を実現できそうだなと感じた。
そうなった時、体系だった思想として『研鑽』を知る機会にもしていきたいと思った。

『研鑽』について書き始めてみると、「考え方」というだけなら個々の精神面のことにとどまってしまう。
思想性ある一貫したイズムとして、出して行きたいと思った。
そうして、「KENSAN for the World revolution」というタイトルが浮かんだ。
 第1章.研鑽という考え方
 第2章.研鑽−−事実・実際はどうか
 第3章.研鑽−−本来・本質・本当はどうか
 第4章.研鑽−−正しきに戻す

最初、研鑽とは「キメつけなく本当はどうかと調べる」という定義で、3.までのつもりだったんだけど、どうしても、4.まで入れないと、思想とは言えないなーと、なってきた。
まだまだ途中で、読み返しても、拙いなぁ未熟だなぁと思うばかりですが、下手でもなんとか書いておきたいと思っています。
  ↓↓ 以下、目次です。

Category: < 研鑽の理 > | 2009.08.21 Friday 14:17

第2章 研鑽 ―― 事実・実際はどうか

 人間が物事を認識するということは、その人の中に形成された「捉え方」(認識のし方)によって、その人なりに捉えているということであり、つまり、自分が何かを認識するということは「自分なりの捉え方で捉えているとの自覚」が必要だと思う。
「事実・実際はどうか」
 これは難しいことでもなく、日常的に誰でも「事実はどうなんだろう」「実際はどうなんだろう」という関心や欲求が起こることはたくさんあるだろう。しかし、自分は事実を知らない、実際はどうか分からない、という意識のときには、疑問や関心があるが、いろいろ調べたり、確認したりすると、「事実はこうなんだ」「実際はそうなんだ」と、知ったつもり、分かったつもり、になってしまわないだろうか。
 どこまで調べても、いくら確認しても、「自分なりの捉え方で捉えているとの自覚」があると、自ずと「実際はどうなんだろう」という関心や知ろうとする欲求は尽きないと思う。
 1.言葉と事実・実際
 2.原因・理由と事実・実際
 3.人の言動と事実・実際
 4.社会と事実・実際
 5.自由・平等と事実・実際
 6.人間観と事実・実際
 7.人間の考えと事実・実際

Category: < 研鑽の理 > | 2009.08.13 Thursday 16:23

「研鑽という考え方」 つづき

 1.自分の感覚であるとの自覚
 2.自覚のない固定観念・キメツケ
 3.事実・実際とは
 4.過去の事実
 5.現在の事実
 6.観念上の事実化
 7.そうなっている社会 (固定する考え方の社会)
 8.良いこと 悪いこと
 9.教育が自覚のない人を作る
10.天動説的な意識 からの脱却
11.「研鑽という考え方」について

Category: < 研鑽の理 > | 2009.08.11 Tuesday 11:40

第1章 研鑽という考え方

 研鑽という言葉は、学問や技術を深く究めるという意味に用いられている。英語では、profound study と訳されている。
 私どもが用いる研鑽という言葉は、「研鑽する」という行為としての動詞的な意味もあるが、「研鑽という考え方」という意味も指している。それは、「研鑽できる状態」ともいえる。
「研鑽という考え方」「研鑽できる状態」があってこそ「研鑽する」ことができる、とでも言おうか。
ここでは、まず私どもが「研鑽」と呼んでいる「考え方」「状態」とは、どういうものかについて述べてみたい。
「固定観念」という言葉があるが、「固定する考え方」「固定の観念状態」は、研鑽とは逆の状態であり、研鑽とは、「固定のない考え方」「固定のない状態」とも言える。
「固定する考え方」があると、いかに深く探究しても、どこかで、「分かった」とか「こうだ」と断定する、固定する。つまり、探究が止まる。
 知った、分かった、できた、それは正しい、それは間違いだ、これが事実だ、これが本当だ、これが真理だ、・・・・等々のように断定するのは「固定する考え方」があるからだと思う。
「研鑽という考え方」は、「研鑽できる状態」と、前述したが、「固定する考え方」は、「研鑽できない状態」と言えるだろう。
 また、そう考えると、「研鑽という考え方」は、いかに深く探求しても、「固定できない状態」と言えるのかもしれない。
「固定のない考え方」「固定のない状態」では、何も決めることができないかというと、そうではない。物事を決めても、判定・判断しても、結論や結果が出ても、そこに「固定のない状態」。いつでも見直したり、検討したり、変更できる状態。

 人の世の現状は、「固定する考え方 一色」と言いたい程、「固定する考え方」が主流をなしていると思う。また、それ故に、「固定する考え方」をしているという自覚のない人が殆どだと思う。
 喧嘩や争いが起きるのも、人を咎めたり裁いたりするのも、「固定する考え方」「固定観念」が無ければできないことだろう。
 人間が決めたことを固定し、それを守ろうとする。そうすることが、正しいことだ、良いことだと(固定)されているから、「固定のない状態」などは、とても考えられない。そんなことをすれば、世の中が滅茶苦茶になってしまうと思う人も多いだろう。
 これは、「固定のない状態」というものを知らないから想像もできないのだと思う。「固定する考え方 一色」の周囲環境の中で生まれ育ち、幼い頃から固定することを身に付けてきたからだろう。

 冒頭に述べたように、研鑽とは深く探究するという意味である。研鑽は、有能な学者や技術者だけのことではなく、誰にも具わっているであろう、幸福を希い、物事の本質や健康正常な真の姿を知ろうとする自然な知的欲求の発露でもあると思う。
 ここで繰り返し「研鑽という考え方」「固定のない考え方」を強調するのは、今の世の中では「固定する考え方」を身に付けてしまい、人が歳を重ねるにつれて、幼い頃の自然な知的欲求が失われていると思うからである。
 人間は、固定の観念状態にもなり得るし、固定のない研鑽状態にもなり得る。
「固定のない状態」「研鑽という考え方」について、順を追って述べてみたいと思う。

 つづく

Category: < 研鑽の理 > | 2009.05.19 Tuesday 09:00

研鑽とは

研鑽について
人間は、物事を捉えたり解明したりできる優れた知能を具えています。その一方、個々により、時と場合により、同じ物事についても、様々な見え方、聞こえ方、感じ方などをします。ところが案外、この認識が不十分なために、自分が見たり聞いたり捉えたものによって、事実・実際がこうだと思いやすく、大勢の意見が一致すると、その思いは更に強くなることが多いでしょう。
一人の、或いは大勢の捉えたもので、こうだと思ったことでも、あくまでもそれはその人が捉えたものであることを自覚して、実際はどうだろう、本当はどうだろうかと、固定、断定、キメツケなく、検べていこうとする態度、どんな意見にも耳を傾けようとする態度が必要だと思います。このようなキメツケのない態度で、事実・実際、本当はどうだろうかと、検べていこうとする考え方が研鑽です。

研鑽によって
人の行為についても、現象面の目に見える言動よりも、その言動に至るその人の心の状態や考え方などに重点を置くようになります。人の言動やあらゆる事象について、その背景や底にある内面・真相・原理を知ろうとする知能の働きともいえるでしょう。
誰のどんな行為や考えも、裁いたり、咎めることがないから、対立や争いもなくなり、自然、人と人との繋がりが深まり、心通い合う気風が醸成される知的で情的な営みともいえるでしょう。
1 2 3 4 5 >> total 5p
▲ page top