BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 一体の理 > ――
1 2 >> total 2p

Category: < 一体の理 > | 2008.07.12 Saturday 17:00

共に暮らす 2

見ず知らずの子どもが、「そこに大きなヘビがいたよ〜!」と話しかけてきた。
こういう時の子どもの中はどんなだろう。
大人にもあるね。
例えば、大きな事故を目撃したら、見知らぬ人にでも、「そこで大きな事故があったんですよ」と、つい話しかけてしまうとか・・・。
でも、人によっては、そういう気持ちが湧いても、見知らぬ人だと、平常顔を装い抑えてしまう作用が働く場合もある。何故だろう?


子ども時代を想うと、学校は友だちとの暮らしの場であったような気がする。小学校の頃はこれが更に顕著で、友達と遊ぶために学校へ行ってたような気がする。
中学・高校・学生時代の友とは、何でも喋り、きついことや嫌なことも言い合ったり、腹を立てて喧嘩したり、親兄弟とも一味違った親しい仲にもなる。

大人になるにつれ、それぞれの進路に別れ疎遠になって、よそよそしい関係になっていく。
就職しても、その職場環境やそこにいる人によって、同僚との暮らしの場になっている人もいる。(人生の豊かさに大きく影響すると思う)
大人になっても長屋の八っつぁん熊さんのように不審や警戒や疑いもなく開けっ広げで暮らせる人もいる。
犬や猫もそこの家や家族に馴染んでしまうと、獣の本性を忘れたのではないかと思うくらい無防備で大の字になって寝たりする。


「共に暮す」という言葉の響きから「同居」をイメージされそうだが、意義や使命で寄って、優劣感上下感の中で遠慮・気兼ねの要る暮らしは、人と共に暮しているとは云えないだろう。
「人と」ではなく、何かと暮している・・・?
施設や環境を整えて、一つの地に寄って住めば、果たして人は仲良く安心して共に暮らせるのだろうか?

周囲の人に不審や疑いの目が有れば、安心して共に暮らせない。
周囲の人に無くても自身の中に不審や疑いが有ると、共に暮らせない。


幼い子どもには不審とか疑うという気持ちがない。人や自分を縛るということもない。
そういう子どもに対する方にも、不審とか疑うとか縛るという気持ちは生じない。
こういうの「相関関係」っていうのかな。「社会の成り立ち」もこの辺りにありそうな気がする。
人の根底をなす「もののあわれ」というものかな・・・

人と共に暮らせる人の豊かさを想い、その中で人と共に暮らす自分。
人と共に明け暮れる毎日の連続かな。

Category: < 一体の理 > | 2008.07.09 Wednesday 13:00

共に暮らす 1

10代のある時期から、この先、大人になって社会に出て、就職して、結婚して、子どもができて、家庭を作って、家族を養って・・・、
そんなこと、やってもなぁー、と悶々と悩んでいることがあった。

ふとしたキッカケで、ヤマギシズムというものに出会った。
考え方・主義・思想で、この生き方に惹かれたという面も強いが、
今、想えば、自分を一番大きく動かしたのは、
やはり、「共に暮らしている」という実態だと思う。
 (昭和40年代に触れた春日山と豊里)
そこは、何かをやるという目的で集まって来ていることは確かだが、それだけではない、次元の違うような何かを感じた。
何かをやっても何もやらなくても、「共に暮らしている」という感じかな。
子どもがいる、老人がいる、飲んだくれている人がいる、結婚や出産がある・・・・・・理屈に無頓着で講釈しない大半の住み人たち。


しかし、その後は、「共に暮らす」という実態についての研鑽もなく、他のことに多くの歳月とエネルギーを費やしてきたと思う。
そして、ここに来て初めて「共に暮らす」実態の研鑽が始まったと思う。
近所に住んで職場や研鑽会で顔を合わせていても、共に暮らしている人と、そうでない人がある。

一体(無所有)と呼んでもいいが、そんな言葉も理屈も要らない、それより前に、そのままで共に暮らしている人。
人は生まれながらにして、親兄弟など「人と共に暮す」実態を身をもって知っている筈、成長につれて自分を知り多くの人を知り、人と共に暮らす広大な世界に住み得るもので、それがその人の人生を如何に豊かにするものか言うまでもない。モノカネの富みなど比ではない。


しかし、成長過程で多くの不審感 警戒心 猜疑心などを身につけ、共に暮せなくなっている。
元来、人はひとりでは寂しい。友を求め、家庭を欲するのも、幼い頃に共に暮らした感覚からだろうか。少ない家族で小さな城に個々に貯えて、わざわざ狭く小さく生涯を送ろうとしているかのようだ。
知らず知らずのうちに身についた観念で「個々で暮らす」のがベースになり、その上で都合によって「一緒にやろう」という意識が生まれる。

「一緒にやろう」という後付け意識と、元から「共に暮らしている」のとは全然別ものと思う。

「共に暮そう」と、意識でそう思うのでなく、何の囲いも持たない元来の「共に暮らす人」に立ち還ることだと思う。そうはいっても現状では、周囲の気風や環境に依るところが大きいから、やはり「共に暮らせる人」が「共に暮らしている」実態が大きいと思う。
最も安全な、誰にも盗られぬ、子孫永久に栄える、世界幸福株に乗り換えているのに、何が貧乏しているのでしょうか。(山岸会養鶏法)
何処かの一角から、後で度々改修しなくてよい立派な道路と、交通整理係も要らない道標を創り、乗り物も用意し、これならいけると、誰でも共鳴して協力されるキッカケを、・・・(ヤマギシズム社会の実態)
「人と人が境なく共に暮らす」誰にも解り易い実態を・・・

Category: < 一体の理 > | 2007.10.07 Sunday 03:00

ヤマギシズムとは

人と社会の真実 および その実現(戻す革命)の方法
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1) を参照して下さい。

仲 良 し
仲良しは人と人の元々の姿。
仲良くしよう、仲良くなろう、等も要らない。要るとしたら仲良くないから。
仲良くない原因は、持って生まれたものでなく、後天的なもの、人間の考え(自分の考え)。
良いとか、悪いとか、人を裁く考え方で、自分の考えと異なる考えや行動を受け入れられない頑固さ(キメツケの考え)
仲良くない原因(ひっかるもの)を持ったままで、それを取り除こうとしないで、仲良し・協調・平和を実現しようとして、いつまでたっても実現しない、当然の帰結。(かりそめの仲良し)
元々、何もひっかかるものがなければ、会話・協力・接点なくても仲良し。
人類同属である人と人、仲良くない筈がない。
どんな考え・行為の人であろうとも、受け入れない頑固さ(ひっかかるもの)さえなければ、心通い合い仲むつまじく愛し合って暮らせるもの。
自他一体の理


自 由 ・ 平 等
自由・平等は、ありのままの自然な姿であって、あえて獲得するようなものではない。
何もない状態は自由・平等であり、自由・平等でない状態があるとしたら、人間が作り出している。権利・義務・責任・規制・罰則・取り締りなど(束縛・押し付け・悪平等)。
自由・平等という言葉も要らない自然界の上で、更に人間は物を作り出したり移動したりすることによって、他の動物よりも高度な自由・平等を実現する能力がある。
(高度な自由・平等とは、人間が上空を移動できるとか、山間地で海産物を食べられる等々)
それにも関わらず、罰則や人の上下を設けないと安心して暮らせないが如く思い込んでいる今の人の世は、他の動物よりも程度が低いとも云える。
規制・罰則がないと不自由・不平等になるという思い込み観念に気付いて、なぜ不自由・不平等が生じるのか、その原因を取り除いて、元来の自由・平等の上に、昨日より今日、今日より明日へと・・・、人間ならではの高い自由・平等を実現する。
誰が用いてもよい


幸 福  豊 か さ
幸福とは正常・健康な人の姿であり、人間本来の当たり前の状態。
地球上の生物は、地球に適しているのは当然で、正常・健康に生きて当たり前。
(地球上で)人間が幸福に(正常・健康に)生きるのに、努力や苦労が要る筈がない。
人間は人間として人間らしく生きられるように、空気・水・日光・その他の栄養物があり、肉体・精神・知能が活動する。
もしも、不幸や貧しさを感じることがあるとしたら、それには必ず原因があると思う。
健康とは、豊かさとは、幸福とは何かを知り、元来の豊かさ・健康の上に、人間の知恵と力によって、物心共に豊満な快適社会が実現する。
お互いを生かし合う世界


2006.12.22 子ども達に伝えたい
2005.09.20 心の世界
2005.07.09 一体生活調整機関
2005.07.08 こころのせかい

Category: < 一体の理 > | 2005.09.22 Thursday 15:56

愛の世界は絶対一つ

この世は一つ 宇宙自然万物一体  人類も一つ
 生物も無生物も物象面では、それぞれに存在し動いているように見えるが、
単独で存在しているものは何一つ無く、凡ゆるものが他と関連して存在している。
 例えば物象面においては、一瞬の停滞もなく悉く変化しているが、その中の物質をとらえて見ても、この世の物質そのものは、組成も性質も総量もなんら変わることがない。つまり、この世の物質は、増えたり、減ったり、新しく生まれたり、この世から消滅したりすることがない。物質は一つ。
 また、生命という形の無いものについても、現象面で生物が生まれたり死んだりしても、生命は増えたり減ったりしない。一人の人間が死んでも、その人体は細胞や微生物など無数の生命体で構成されている。生命は綿々と連なっていて動物も植物も個別の生命というものは捉えられない。生命は一つ。
 動物の肉体は食物の集積で、人間の思考や感情は周囲からの集積で、いずれも単独で存在しているものはない。
 この世にあるものを、人間が個々別々に捉えるようになり、その捉え方が普及して今に至っているが、この世は一つであり、分けられないものだとなれば、怒り・憎しみ・嫌悪・対立・抗争・優劣感・勝負感・損得感などが、自ずと人間界から消滅する。消滅するだけでなく、母子愛・夫婦愛の如く、自他を分かたぬ一体の愛情が発露する人間界となる。
 無辺の愛情は「一つ」の顕われ。愛は一つ。絶対愛は絶対一つ。

 物質とか生命とか人類とか、或いは、光とか重力とか、愛とか真理とか、人間よりの認識からくる捉え方。この世は分ける必要もなく、分けられるものでもなく、一つのもの。
 この世はそういうものではなかろうかという、これも人間がする捉え方。

Category: < 一体の理 > | 2005.09.04 Sunday 09:11

「仲が良い」とは

人は、仲悪くなりたくないのに、争いたくないのに、仲悪くなったり、争ったりする。なぜか?
人は、病気になりたくないのに、殆どの人が、病気を体験する。人間というのは、そういうものだから仕方ない?

でも、ずっと病気にならない人になるより、ずっと仲悪くならない人になり合うことの方が易しいと思う。
謝るとか、許すとか、仲直りするとかでなく、ずっと仲悪くなる要因がないもの。
「仲良く」とか「通じ合う」に力を入れてると見失いがちだけど、ヒョイと視点を「仲悪くなる要因」に向けると、そう難事でないことも判る。この視点が大事と思う。
何年も前に「これなら世界から戦争なくせる筈」という体験してる人多いと思う。
「仲悪くなる要因」取り除けば、けんか争い、戦争なくなる当然の理。
病気なくすよりは、ずっと容易で、もう殆ど実現してる例(人)たくさんあると思う。
ここを煎じ詰めるだけで、おおかた解ける(溶ける)と思う。

人と人とが心離れたり相反目しない本当に仲良い世界
1 2 >> total 2p
▲ page top