BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 人 間 理 > ――
<< 1 2 3 4 5  total 5p

Category: < 人 間 理 > | 2005.04.30 Saturday 07:51

本当の人間 ⇒ 研鑽人種

)榲の人間 −−→ 感人種  ∨榲の人間 −−→ 研鑽人種

 感人種 ←−− 本当の人間 −−→ 研鑽人種

 純粋無垢な本当の人間(真の人間)で誰もが生まれてくる。
 人間も動物の一種だから、観念あり、感情あり、秀でた頭脳があるから、情報の蓄積・加工・発案など、知的能力を備えている。
 どんな動物にもある、過去に得た蓄積情報から、予測類推する学習能力。これがあるから自らの頭脳によって、円滑に行動できる。
共同主観ができるのも、言葉で会話できるのも、この学習能力があるからで、幼い頃から体験を積んで、自らの中に形成されていく。
 他の動物でも毎日、同じ時間に餌を与え続けると、その時間になると餌があるという観念ができる。簡単にいうと、このような情報活用能力。

)萋、同じ時間にあるから、今日もあるのが「当然だ」とする人間の観念。自分が見た・聞いた・思った事は、他の人もそう思っている筈だ、とする人間の観念。 これが我執の元かな? 感人種の始まりかな?

∨萋、同じ時間にあっても、次もそうなるとは限らない、自分はこう思うが他の人はどうだろう、と考え観察できる知能を持つ人間。これは、現状から比べると、かなり高度な頭脳の働きといえるのかもしれない。

 本当の人間のままでも、固定し易く主観主体になり易い観念というものを具えた動物、人間。
 ,悗皚△悗癲△匹舛蕕任盥圓韻襦
 研鑽が備わってこそ、無固定・客観の知的動物が実現する。
 或いは、本当の人間であり続けること自体、無固定・客観の証しかもしれない。

Category: < 人 間 理 > | 2005.04.28 Thursday 07:50

本当の人間

本当の人間になると、おかしな事は起こらない。毎日、仲良く楽しく愉快に暮らせる。
本当の人間を知らない。本当の人間を難しく考えている。だから、本当の人間を本気で知ろうとする気が起こらない。
本当ということはシンプルで簡単なことで、本当の人間というのも簡単で解り易いもの。
本当の人間になると、いつも清清しく、微笑んでいられる。

何かすること、何かしようとすることは、間違いではないのだが、何かしようとするから、清清しさが失われる、微笑んではいられなくなる。
何もせず、何にもりきまずにいれば、清清しく微笑んでいられる。
だがね!、これが、なかなか、何もせず、何もりきまず、これができないのが多い。
何か力を入れてやろうとするから、清清しさが失われる、微笑んでいられなくなる。本当の人間でなくなる。

本当の人間でなくなるようなこと、いくらやったって無効!!
「でも、何もやらないわけにはいかないだろ!」という声が聞こえてきそう。

何かやるのは間違いではないけど、やるなら清清しく微笑んでやれる本当の人間でやろう。
本当の人間にならないで、清清しく微笑むのは無理があるよ。

でも、やっぱり、本当の人間を知らないことが最大の原因だと思う。
それさえ知れば、「あっ今、本当の人間でないなっ」と気付いて立ち還れるもの。
易しい、易しい、本当の人間になろう。

Category: < 人 間 理 > | 2005.04.15 Friday 07:46

満足 安心

満足というものが、人間にとって大きな要素だと誰もが思うだろうが、
満足そのものを調べないから、物や金で満足が得られるかの如く、営まれている。
感覚的や物質的な一時的満足感を、追って、充たそうとしているようにも見える。
国民の福利を考える行政でも、人間の満足というものを知ろうとしていないようだ。
人は何によって心が充たされるか、という最も重要な点をなおざりにしている。

安心についても同様で、不安の原因を調べ取り除かないで、物や金、約束や取締りによる、不安定極まりない安心感で落ち着こうとしている。

人間の満足・安心が明らかになれば、国策・行政も自ずと変わると思う。

ヤマギシズム生活調整機関・私意尊重公意行なるものが、世に出て40年以上になるが、未だに、正しく理解され、正しく行なわれているとは言い難い。
人間の究明・人間社会の究明から、生まれたヤマギシズム生活。
人間の満足・安心の上に立ったもの、それを充たすもの。
高尚な学問が要る訳ではないと思う。人間の自然な欲求である満足や安心なら誰でも知れる。
それを知ることから、調整機関や私意尊重公意行が正しく行なわれ、正しく機能し、その真価を発揮するのだと思う。

Category: < 人 間 理 > | 2004.12.12 Sunday 22:48

真の姿

人生 −− 行為 −− 快適

自覚 −− 人格 −− 資格

Category: < 人 間 理 > | 2004.12.09 Thursday 22:45

人間理

人間理

人間は芸術的に生きる動物。

人は弱きが故に強いとも云える。

人間とは、脳の進んだ、智慧のある、両手を上手に使う、言葉を話す、文字が書ける、ものを研究し、記録をのこす。

人間は、智的、霊的(精神的)に生きるということに本義がある。


智に沿って知がはたらく・・・真実

 ・縦の智・・すじが通る、真理
 ・横の知・・人の知、識別力、科学する知、部分的に見る知
<< 1 2 3 4 5  total 5p
▲ page top