BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 人 間 理 > ――
1 2 3 4 5 >> total 5p

Category: < 人 間 理 > | 2009.11.11 Wednesday 07:00

悪感情とか 嫌悪感とか

悪感情や嫌悪感というものは、特定の人に対して湧くものだろう。
悪感情や嫌悪感の理由として、相手の人の欠点や間違い等をあげる。
しかし、同じような欠点や間違いがあっても、相手によって悪感情や嫌悪感が湧かない場合もある。(吾が子なら憎んだり嫌ったりしない)
悪感情や嫌悪感の理由を、その人の欠点や間違い等としているが、
実はそうではないと思う。
自分の中から湧いた悪感情や嫌悪感に対して、その人の欠点や間違い等をあげるのは、湧いたあとの理由付けのような気がする。
では、人に対する悪感情や嫌悪感の原因・理由は何か。
・・・

Category: < 人 間 理 > | 2009.06.01 Monday 09:00

研鑽心理学センター

自発的な「心のケア」を・・・(4.29) で、その一端に触れてありますが、
研鑽心理学センターがスタートしました。
まだ、趣意書パンフレットの掲載だけですが、ホームページをご覧下さい。
  ↓
http://www.kensan-psychology.org/

Category: < 人 間 理 > | 2009.04.29 Wednesday 22:00

自発的な「心のケア」を・・・

研鑽心理学センター設立に向けて

「人間の考え」「自分の考え」であることを理解しつつ、自分の頭の中にあるものについての自覚が進んでくると、「自分」というものについても、頭の中で捉えている「自分」よりも、自分の実際、自分の成り立ち、自分の中に形成されているものに関心が向き、焦点があたってくる。

人には、生まれ育つ間に形成された「考え方・観念」などがあると云えるが、
もっと広い意味でいうと、その人の「心理面・精神面」とも云えると思う。
一般的には、人の内面(心理面・精神面)というと、「欲求・意志・感情」などや「思い・考え・気持ち」のことと捉えがち。
しかし、これらは、心理面・精神面からのその時々の「現われ」、つまり、「一時的現象」だと思う。
このような日常の内面からの「現われ」の元には、その人の中に形成された「心」があり、それが、その時々の状況に反応して出ているのだと思う。

「人は自己を守り利得のために競争し合うもの」という人間観で営まれている資本主義社会に育ち、その人間観に染まった「心」が形成されていることによって、違和感なく利己的競争心で暮らしている。
決めたことを守ろうとする意志、人の意見に反応する自分の考え、お金が欲しいとする欲求、幅っている自分を恥ずかしく思う感情、厚かましい態度を見ての嫌な感情、・・・・・、凡ゆる「現われ」の元には、その人ならではの「心の状態」があり、そこから来る当然の「現われ」とも云えるだろう。

なぜ、そうするんだろう?、そう言うんだろう?、そう思うんだろう?、と問う前に、自分の(その人の)中に形成されている「心の状態」はどうなんだろう?、と焦点が当たると、自然、その「現われ」の由来が解明できると思う。

自分の(その人の)中に実際に存在する「心」を知ろうとすることだと思う。
巷でも「心の時代」とか「心を育てる」と唱えているが、実在する「心」を見届け掴もうとしていないなら、うわ言、空論にすぎないと思う。
「心」の問題は、その人の根幹に関わるもので、安易に触れることはできない。如何に周囲の人々の関心や協力があっても、先ず自分から心の状態を解明していこうとする意志がなければ、「心」を知ることはできないと思う。
果たして、自分の中に形成されている実在する「心」を知ろうとしているだろうか?
そこが無ければ、人の「心」を知ろうとしても、空想的な思いやりの域を出ないだろう。

普段は意識できない自分の「心」を知るために、「研鑚心理学センター」を大いに活用して、「心」のケアに役立てていきたいものだ。

Category: < 人 間 理 > | 2009.03.24 Tuesday 09:00

自分を知り、人生を知り、社会を知る

毎回、各地からの参加者が増え続け、年齢層も幅広く、にぎやかに開催されています。(土曜の午後と月曜の午前と2回ずつ開催しています。)
 ↓↓↓
第15回 研鑽科学サロン 発表スライド

 佐貝貞夫さん85歳が豊里から参加されて、「今までは、山岸さんの昔の資料を使うばかりだが、“人間理”というのか、このような研究をもっとやって欲しい、研鑽科学サロンに毎月参加したい。」とのこと。
 奥村通哉さん86歳が京都から参加されて、一泊して、研鑽ライフセンター等、ここでの活動の数々に触れていかれました。初対面の人が多かったようですが、「なんだか、竜宮城にでも来たような・・・初めて会ったとは思えないなあ。ヤマギシも福里も鈴鹿も、垣根なく繋がっているようだ。」とのこと。

   自分を知り、人生を知り、社会を知る
人間には、自己を観察する能力がある
 自分の現状を観察し、自分の存在、成り立ちを調べ、
 人としての自覚を育てる   (自分を知るための研鑽会)

人間には、理解し把握する能力がある
 人とはどういうものかを理解し、人の一生を把握し、
 心の世界を養う        (人生を知るための研鑽会)

人間には、思索し創造する能力がある
 人間本来の姿を調べ、幸福とは何かを見つけ出し、
 人を幸福にする社会に生きる (社会を知るための研鑽会)

Category: < 人 間 理 > | 2009.03.03 Tuesday 09:00

第14回 研鑽科学サロン

第14回 研鑽科学サロン 発表の骨子 を掲載しました。

「社会観の元となる人間観」
このテーマは、昨年1月2月の第1回2回 研鑽科学サロンのテーマでもありました。
どうしても、もう一度やっておきたかった。やってみて、まだまだ尽きない課題だけど、ここを明らかにしておかないと、やはり肝心のところが通じないと思っています。
山岸さんの思想 に触れて、一番強く想うのは、この「人間観の違い」です。
人と人が隔てなく仲良く暮らそうと、ヤマギシなども社会活動をしようとしているが、この人間観から行かないと、根本的には何も進んで行かないと思う。
1 2 3 4 5 >> total 5p
▲ page top