BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 社 会 理 > ――
<< 1 2 3 4 5 6 7 >> total 7p

Category: < 社 会 理 > | 2007.03.20 Tuesday 17:00

産業理を実践する経営

研鑽によって、人間観・社会観が明らかになるにつれて、それが生活行動や社会運営に現われ、社会気風ができてくる。
この順序でいけば、当然、経済や産業面についても、研鑽による解明や具現化が進んでもよい筈だが、これが仲々そうならない。
日常生活の言動や思考や感情については観察できても、仕事や経済のことになると、どういう考えで何をやっているのか見えないらしい。
これは、一人一人の中に深く入り込んだ資本主義観念に依るところが大きいと思う。資本主義に基づいた経済感覚を自覚しない限り、研鑽による産業観を培うのは無理だと思う。
経営の合理化、能率の追求を徹底することは、人間性を疎外するものとの観念がある。それは資本主義だから。
なんと呼ぼうか、「人間主義経済」とでも云おうか。どこまでも、合理化・能率を追求する無固定前進・永遠繁栄経済。

健全な産業、正しい産業のあり方は、未だ手付かずだと思う。
産業の原理から紐解いて、人間と社会と産業経済の成り立ちを知る必要があると思う。
ボクなりの産業観からの見方だけど、今の世の中は殆ど商売・商業が主導になっていると思う。
買い手が主役で、買い手が欲しがるもの、買い手が喜ぶように、買い手の言いなり産業のように見える。
たくさん売って、たくさん儲けるのが産業の目的になっているから、こうなるのも当然のことかもしれない。

買い手次第の手無し経営とは云わないまでも、おもねり・へつらい経営がすっかり板に付いてしまっているようだ。
たくさん売ることが目的だから、必要とあらば、「お手」でも「おすわり」でもなんでもする。売れると尾を振って喜ぶ。
いずれにしても、人が人に頭を下げる姿は見ちゃいられない。
でも、これに慣れると、美しい姿や謙虚な姿にも見えるらしい。

多くの買い手に誉められて、大事業家になったとしても、自他共に人間的自尊心忘却症を蔓延させていては、物が溢れるだけで、優美な人間社会は訪れないと思う。
産業理研究。これを手がけないでは、研鑽社会化も画餅・口頭禅に終わるだろう。
人が人に頭を下げなくていい、人を豊かにする本来の産業の実現に向けて、研究活動の端緒を開きたい。

Category: < 社 会 理 > | 2007.02.20 Tuesday 20:00

実用機関の研究  (研鑚を基調にした社会)

ひとりひとりの研鑽ライフをサポートする機関
 各々真実の自分を知り、それぞれが真実の生き方の出来る社会

○ 幸福条件の凡てに、積極具現方式を
 結婚・出産・育児・学育・就職・趣味・職業・家庭・家族・学問・芸術・技能・衣食住・経済などなど、人間生活に関わる凡ての事柄を対象とし、
一人一人が本当に豊かで安定した幸福生活が営めるよう、全人格的に生活全般に渡って、相談・支援・推進する積極的実践力を有する社会機構。
 現状の地域社会に於ても、結婚、出産・育児、青少年育成、技能習得、職業斡旋、生涯学習、等々、支援や相談の機能はある程度設けられてはいるが、人間生活に重要不可欠な機構という認識は低く、そのために施策としては消極微温的で、それぞれの生活にとっては補助的・付属的な位置付けのものが多い。

○ 機構制度 と 安定経済 と 心理面の解決
 ひとりひとりの人間性の涵養に重点をおき、それに応じた暮らしや社会的持ち場が実現するよう、産業構成や職場組織、生活環境や文化活動など、既存の法規や個々の力量による制約を補完し、人の安心・満足を最優先にする社会体制。
 このような機能を持つ機関を設置する方式、実用できる社会

○ 研鑽ライフセンターとの連携
 人間が決めた規範や子供の頃から身に着いた観念によって、自分を縛ったり、互いに縛り合ったりすることなく、各自の無限の可能性や固有の持ち味を、自由活発に発揮し合うために、先ず自分自身を人間寄りの観念から解放し、本当の自分を見出し、自分ならではの生き方を見つけ出す。

Category: < 社 会 理 > | 2007.02.17 Saturday 18:00

人間性に適った社会の端緒

各々真実の自分を知り、それぞれが真実の生き方の出来る社会

研鑽ライフセンター
  知性を培い育て、技術・芸術性を高めるための制度
  個性・持ち味を見出し、研き、伸ばし、発揮するための制度

研鑽ライフサポート
  人も物も適材適所で、最も生かし合うための機関
  ひとり・ひとりの最適人生(幸福人生)を実現するための機関


社会は、それぞれに異なる一人一人の集まり
人を主体にした社会
人そのもので構成する社会
人そのものとは・・・物財も社会通念も何も着いていない素の状態

教えられた善悪・常識がない
人も自分も責めたり咎めたりする要がない
間違いや過ちは知恵を寄せ合って取り除こうとする
人が住むこの世界に、罪も罰も争いも貧困もない、安定した快適な社会を実現しようとするもの

囲ったり隔てたり占有する物も考えも自分もない、
凡てが解き放たれた、そのもの、そのままの状態
いつでも、どこでも、だれでも、思いのままに使えて、生かし合える

ひとりひとりの個性・持ち味を最も生かし合おうとする方向
それが人間の最も効果的な使い方、自ずと豊かで楽しい人と社会気風
勿論、個々に稼いだり蓄えたりする必要がない、齎し合い分かち合う暮らし

人が人らしく生きる・・・人の中で、保ち合い、齎し合い、分かち合って生きる
人の中で個性・持ち味が見出され、人の中で発揮する生き方

Category: < 社 会 理 > | 2006.12.11 Monday 16:33

研鑽社会を目指しての試み



クリックすると大きな画像が表示されます


クリックすると大きな画像が表示されます

Category: < 社 会 理 > | 2006.10.25 Wednesday 01:13

社会の必須要素 ≪自覚 人格 資格≫

心の世界は理に即したもの
  理に即した人心観念・・・自覚 → 人格 → 資格


物には、こうすればこうなる、といった物の理がある。それに即して物を扱い生活している。
心にも、こうすればこうなる、といった心の理がある。それに即して心を扱い生活していく。

義務・責任・常識・道徳・仕事・財産、等々によって、心の理を見失っている。
心は養い高めることができる(他の動物との違い)・・・人格
心を高めることによって実現できる社会・・・・・・・・要資格

物の理の解明と技術の開発によって実現する、高い物質文明
心の理の解明と人格の訓育によって実現する、高い社会文明

忙しい・やらなければ・損した・儲かった・人にひっかかった・不平・不満・不足感・・・・こういう世界に明日はない。放っておいて自滅解消を待つ。
下種(げす)な心は問答無用。心を清めて人間復帰してから社会復帰。

気高く、素直で、美しい心の人になる。
そういう心でこそ生きられる社会組織に改造する。

先ず、職場から・・・  家庭から・・・
これを本気でやろうとすると自分の心が問われる・自己に還ってくる・・・心を高めることになる(具現方式)
・・・言い換えると、人格がないというのは、本気がないということ
・・・本気になったら、先ず自分がそうなる以外に道はない
<< 1 2 3 4 5 6 7 >> total 7p
▲ page top