BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 社 会 理 > ――
1 2 3 4 >> total 4p

Category: < 社 会 理 > | 2009.06.17 Wednesday 16:00

研鑽科学による人と社会のあゆみ

Category: < 社 会 理 > | 2008.11.30 Sunday 00:00

社会を研鑽する

研鑽社会学シリーズ
社会を研鑽する
Ⅰ 概要
    1.幸福な人生 快適な社会
    2.自由な社会 平等な社会
    3.私の社会像
Ⅱ 社会を研鑽する
    1.あらわれたもの と そのもの
        1.言葉 と そのもの
        2.物象・事象 と そのもの
        3.あらわれたもの と その人
    2.社会観の元となる人間観
        1.社会と人間
        2.人間の考えについて
        3.欲求 意志 感情 などについて
        4.教育やしつけ と 意志
        5.やらせる やめさせる
        6.自由欲求 自由意志の領域へ
    3.人をベースにした社会
        1.人によって構成する社会
        2.人用の社会
        3.人になるための社会
    4.人の自由 社会の自由
        1.人と人の仲
        2.人の実状は?
        3.人と社会の仲
        4.社会や組織の実状は?
        5.社会の自由
        6.人の自由

Category: < 社 会 理 > | 2008.11.01 Saturday 17:00

2008.10 社会を知るための研鑽会より

「人の成り立ち」について  周囲環境との関連
「人間観」と「人に対する心の状態」
「人」と「人の心」  「自分」と「自分の心」

「心の状態」 考えや行為は理知的にしていけるが、心の状態はどんなか?
(操作できないもの)
満たされない(無意識の)心の状態を(無意識に)満たそうとしている
意志 思考 意欲 熱意 などとは異なるもの 「元の心」
考えやあり方・外見に心を合わせることはできない
心に合うようにしか生きられない (人の本体は心)
育ちや体験により・・・屈折 歪み 荒み 欠陥 等のある心の状態
心の状態をそのままにして前に進もうとしても無理がかかる続かない(不相応)
先ず、その人の心の状態を見る
理想に向かおうとしても、理想に向かえるような心(純粋)でないと続かない。
(自分が良いと思うことをやらないと満たされない)
正しい心の状態について  正しい人の状態について

心の問題を観念の問題として扱っていることからくる弊害
心の状態を見て判定 見れないと判定できない
心が変わる人か変わらない人か
観念や感情は自覚し易いが、心の状態は自分では捉え難い
“人と共にの心の人”かどうか
「社会」と「人の心」の関係

傷ついて自立できない心のケアや、幅って他を侵す心のフォローは大切だが、それが本題ではなく、それが万全なら良しではなく、真の人間向きの社会
    現象面
     ↑
    観念他諸要素
     ↑
    心の状態(人間観等)正常・異常(屈折 歪曲 荒廃・・・)
     ↑
    本来の心

怒り 疑い 憎しみ 恨み 等の種が内在する心の状態(優越劣等感 対立心 卑屈)
診(心)察 診(心)療 検診(心)・・・研鑽心のクリニック
観念の正常化や周囲環境諸要素も重要だが、それも心を正常にするためのもの
元の心と表面的な心 (心を重視していても殆ど表面的な心を扱っている)
心の状態に重点をおく・・・機構 制度 運営
心の状態に適応する・・・機構 制度 運営
心を正常にする・・・機構 制度 運営


日常の社会生活の運営で、心の状態に重点をおいた考え方をハッキリ表明して、より多く知ってもらう
各自それぞれが主体の暮らしがあり、その上の社会組織
・・・社会を組織して何をやろうとしているか、どんな社会をやろうとしているか
意識ではなく、運営する人の心がどこにあるか
常に心に主眼をおく人を養成 → 面談する人 → 面談の質へ
心の健康センター(一人一人の心の健康を最優先にする)
本質的なものに重点をおく社会  真実の世界

一喜一憂・・・心を重視しているつもりでも自分の価値観主導
人間にとって何が肝心か、それが薄い、肝心なものを検討・・・それが研鑽会
     (だから研鑽会が実現できない)
人間の本質 人間の質 本当にそこに関心があるのか 先ず自分の心の状態
日常の暮らしの中で、具体的に一人一人の人間性についての話題 検討
・・・育ちあう焦点など研鑽になっていく
組織 会社 社会 を具体的に考えられる人 ←→ 自分自身を考える人
真の人間の心の状態から見ると、程遠い実状だが、真なるものを知ることにより方向がでてくる
今日の凡ゆる活動が出来たものでなく、その方向へのキッカケになれば、という程度のもの
現状の価値観で良いと思うことをやっていても、その線はでてこない
<具現方式の根本理念>
 仕事 作業 生産 商い 暮らし 家事 子育て ・・・その営みそのもので人(心)が正常になる(幸福になる)
 (そのことをやっていては正常にならないからとその場を離れて他へ行って正常になろうとする行き方は 未だし と思う)
凡ゆる物事を最大に役立たせ真にその価値を生かす社会、凡ての営み 即 その人の幸福具現生活

Category: < 社 会 理 > | 2008.09.30 Tuesday 22:00

委し合える(人たちの)社会

ここでいう「委し合い」とは、誰々さんが係だからとか、そういう仕組みになっているからとか、委すのが正しいあり方だからとか、ではなく、心の底から委したい委し合っていこうとする状態。
    (自分のことは自分で守らねばと思うと委せられない)
    (不審や警戒心があると委せられない)
    (人に渡したら自由にできないと思うと委せられない)
・意欲的に研鑽生活を志し、正しく生きようとしているが、自分のことは自分でやるものだとして、人に委す意識の殆どない人もいる。
・研鑽生活とか正しい生き方とかには無頓着でも、何でも人に相談し委し合って暮らしている人もいる。

これらは、そのひと個人の問題というより、その人がどんな社会に住んでいるかということだと思う。
心の底から「任したい」「委ねたい」「託したい」、そう思える人間関係・社会環境か、どうかだと思う。
いくら「委し合うのが本当だ」「委し合いでやっていこう」としても、委し委される 豊かさ 自由さ 安心の実感がなければ、心からの委し合いは実現しない。
形だけの「委し合い」には義務感や窮屈感が伴い、不信感や監視意識が内在するだろう。

自分自身のこと、夫婦親子など家族のこと、住まいや仕事のこと、収入支出貯蓄など生活経済のこと、凡ゆることを委して暮らし、委されて活動する自由で豊かな社会。
個々に持ち囲わなくていい、人と人が溶け合って暮らす、無所有一体研鑽社会
      ↑↑↑
凡ての事柄を心の底から委し委される人たち
      ↑↑↑
人と人との理解が深まり、表層の言動よりも互いの気持ち心情に重点をおき、情が通い合う
      ↑↑↑
どんなことでも打ち明けられる、相談し合って考えていける話し合いの機関
これを現実に具体化する具現方式としての「ホームサポート面談」「ワークサポート面談」「スタディサポート面談」という位置付けはどうだろう。
そして、研鑽コミュニティ、as one company、研鑽ライフセンターは、この具現方式を実践する社会活動体である、という位置付けはどうだろう。

Category: < 社 会 理 > | 2008.09.24 Wednesday 15:00

金の要らない(人たちの)社会

「金が要らない」ということは、金に無頓着だとか、金に無欲だということではない。

既成社会で金の要る人の観念
・自分の生活費に見合った収入を得ようとする
・自分の収入に見合った生活をしようとする
・自分の生活費が下がれば、収入が少なくてもいい
・自分の収入が増えれば、生活費が多くなってもいい

金の要らない人の観念
・仕事の効率を高め収益を増やせば、社会的にお金も物も豊富にできる
・生活の合理化をはかり支出を減らせば、社会全体にゆとりができる

自分が安心して楽に豊かに暮らすには、社会を豊かにするのが一番
こんな簡単な原理、誰でも理解できるはず
この原理を会得した人たちによって金の要らない社会が始まる

Category: < 社 会 理 > | 2008.09.09 Tuesday 09:00

社会について(研鑽科学サロン)

社会組織を構成する基本となる観方・考え方に関しての研究報告会のような感じでした。
現状に流され易い?各自の頭を互いに刺激し合う場になったかなー。
日常の社会生活(研鑚コミュニティ活動)の本質を見極めていこうとする観点を養っていこう!!
 ↓ サロンで発表したスライドの内容です。
人をベースにした社会とは (第7回 研鑚科学サロン)2008.7
人の自由 社会の自由   (第8回 研鑚科学サロン)2008.8
 (ただいま第9回に向けて、あくせんくとう?中です~)

Category: < 社 会 理 > | 2008.06.10 Tuesday 08:00

2008.5 社会を知るための研鑽会 より

5.24 社会と人間
社会とは   環境 組織 集団 コミュニケーション
生存の単位---個の生存でない---種を維持・繁栄する構成
より良く生きるために群れる 群れないと良く生きられない
個の存続=種の存続=群れ
人間について
<人間とはどういうものか>
霊長類---ヒト科---人間 人の寿命(哺乳動物)
成人---肉体的成人(繁殖能力)と人間的成人
人間に成り得る要素を具えて誕生する
人類としてだけでなく、人に育てられてこそ人間になる
肉体的必要物資だけでは人間にならない
文字と言語 人間の営み 文化・文明 知能・頭脳
人間が人間として生きる上で脳の占める位置
人間として生長するエネルギーも周囲の人がいてこそ
・・・・受けることによって生長する
・・・・受けるものによって正常にも異常にもなる
人間とはこういうものではないかという自分の中の人間観
 ○ 知識や考察によるもの    ○ 経験や体験によるもの


5.25 人間を人間として生かす
<人間の方向> 自発 意志 人と人 個性
快適 自由 仲良い 発揮 愛する 可愛い 明るい にこやか 満足指向
安心と安定←←←周囲によって  作用反作用→→平衡指向
<人間の能力> 脳と感応力  育つ本能←→諦め 消極 自縛
<人間の存在のし方> 個とは? 人と人によって生きるエネルギー(連繋、反応)
<人間として生きる> 人間的生長→幸福 幸福とは?
人がいないと生まれない、生まれても生長しない・・・ということは?
人は何を糧に生きているのか?・・・人? 人の何?
学問 技術 芸術 知性 理性 感性 人間性 人間味
子ども時代・・・見守られ応援されて育つ(心の糧)・・・おとなも?
仲間外れ、村八分、無視・・・生きてる心地がしない
受けていることを知る豊かさがベースになって出てくるもの
自分の成り立ちを知る豊かさがベースになって出てくるもの
人格 品格 芸術性 崇高本能 人生
自分の中にある人生観・幸福観
そこから身近な人たちのこれからの幸福人生を具体的に画いてみる
それを実現するには


5.26 人生観 幸福観   人生と幸福
受けたものがあって、知性の発達に応じて、どれだけ受けているかを知っていく
周囲の人間から受けて育っている=知性の発達=人間になる
愛情を注ぐが縛り押し付けで、心をダメにする行為をする親の例
<幸福・人生> 個々に豊満安定を目指して一生を費やすのではなく
社会の豊満安定を策す中で、個々を発揮する人生
<人間的成長> 心←←自分を知る人生を知る・・・知性
知ること、知ろうとすること・・・心の状態との関係
その人を知ろうとする自分の心の状態→→その人の心の状態
その人の内面に関心を寄せることによる、その人の内面への影響
自分の中にある人生観・幸福観
そこから身近な人たちのこれからの幸福人生を具体的に画いてみる
それを実現するには


5.27 その人を知ろうとする心の状態
「その人に対して思ったことを言う」のと
「その人を知ろう聞こうとする」のとの違い
言おうとして聞いているのか 知ろうとして聞いているのか
安心・知る・・・研鑚会の要素・・・日常の社会生活の中の要素としても

社会について 社会とは 社会の成り立ち 人間による社会
先ず人ありきの社会 人間愛基調 社会の組み立て
一人一人違う 誰もが流動的・・・それに適った機構、制度、運営
<道路> 真の人間向き  従来社会の延長線上にはない
安定経済---不安のない人---安心 ・・・を知る(実感)
人をベースにした社会 制度 機構 産業 経済 暮らし
社会基盤を考えてみる


5.28 人によって社会を構成する
当たり前だが、そこから外れていく
<道路> 使うもよし、使わぬもよし ひとりひとりに応じた 人を尊重した・・・
人間観 人間とは 人間用 人間向き --- 自適・・・悠々自適
相愛協力←→競争対立
社会は人間が人間としてより良く生きるためのもの
人として生きる、人間性、人格、そこを核とする社会
人と人、集団、組織・・・先ず約束、規約、ルール、法律・・・根本基盤転換
社会は人の行為の集積・・・社会現象、経営実績、事態、出来事
なんとかしなければならない事態など何もない
事←←←人の行為←←←人の中身(心)
事を好転させようとすると、そのために人を使う・・・となる
その人の中身がそうなって、事が好転するように・・・
人をベースにした社会 制度 機構 産業 経済 暮らし
社会基盤を考えてみる


5.29 かつてない新しい社会
機構と人情社会に
暗黒の夜から昼の世界へ
人情社会組織に改造

人をベースにした社会には
人をベースにした考え行為・・・それには、
人をベースにできる人、心の状態
人を人として---
物事ややる事ではなく、実在する人そのものの営みが社会
会社や経営や仕事がある訳ではない
人がいて、その人から発せられる行為が会社や経営や仕事という現象を成す
先ず人ありき (何回も言わすなー!)
温かい環境に抱かれて心が安定することによって、知性が働き始める
理知的な気風に触れることによって、興味関心、心が理知的に向く
各々自らの内なるもので育つもの 他からさせる何ものもない
自らが育つように、育つように、そのための周囲、人、暮らし、仕事
その人を知ろうとするのが先決
その人が真実の自分を知り、真実の生き方ができるような・・・・

Category: < 社 会 理 > | 2008.02.04 Monday 08:00

自分を知るための社会愛

自分を知るには、自分を知るための社会
人間を知るには、人間を知るための社会
人生を知るには、人生を知るための社会
目的を知るには、目的を知るための社会

本当に自分を知るには、自分だけでやろうとしてもできない、本当に自分を知ろうとする人たちで、自分を知るための社会を作ろうじゃないか。
先ず、自分が、本当に自分を知ろうとする人に成って、そういう人が寄って、そういう社会を作る。
自分を知りたいから、自分を知ろう知ろう、そうではなくて・・・、

自分を知るためには、先ず、そういう社会を作ることが先だ。そう得心した人たちの気持ちの現われ。
社会を作るとは何か事柄をやることでもない。

そういう社会にしよう、そういう社会を作ろうとする人の結束・気持ちの現われ、生活行動・社会活動・・・。
社会の必要性を会得し、そういう社会を大切に育てようという気持ちの人。

社会に育てられ、社会を育てようとする、
社会愛から産まれた社会、
社会を愛する喜びで営まれる社会。

Category: < 社 会 理 > | 2007.11.18 Sunday 02:00

丸ごと 後を継いでくれたら・・・

11月で、鈴鹿に来て丸7年になる。
予想を遥かに超えて、順調すぎるくらいに、いろいろなものができた。
まだ10年とか、やれると思うし、もっともっと充実していくだろう。
ここでやっていることを、丸ごと 後を継いでくれる人・・・
そういう人が現われるまでやるつもり。
そういう人が現われる為にやっている。
「誰にも当て嵌まること。次代へ引き継ぎたいこと。」
 簡単に言うと、 「会社」 と 「住まい」 と 「学校」
 「会社」は、 農業・工業・サービス業、
 つまり、第一次 二次 三次産業。
 「住まい」は、 土地・家・マンション。仲間・有志を誘って来ても
 共に暮らす場を用意できる。
 「学校」は、 学び、考え、知る。人としての力・人間性を養う
 社会人のための学校。

これなら誰にも解り易い。
誰もが参加できる、誰もが活用できる、万人に開かれたもの。
そして、どこから入っても一つのもの。
この3つが、既にできている。
この事が意外と知られていない。知らせていない。
各地の人が知らないのは、勿論だが、鈴鹿にいても、こういうものが既にできて機能していることを知らない人が多い。
全ての人に、特に若い世代、子ども達に呼びかけたい。
   丸ごと 後を継いでくれたら・・・。
       凡てを注いで、総てを譲りましょう。

Category: < 社 会 理 > | 2007.11.06 Tuesday 18:00

そうなろうとする人たちの結束

「話し合いたい」「話し合おう」とするのも、話し合えるようになって話し合おうという順序。
「やろう」は やれるようになって、やろう 
「やりたい」は やれるようになりたい
やれるようになってやる以外、やる道はないと思う。

やれない人がやろうとする。
  (無自覚・自分を知らない)
やれるようにならないとできない。
やれるようになっていなくともやることはできる。
  (有自覚・自分を知るためにやる)
やれないから、やれない自分だから、といって、やろうとしない。
  (引っ込み思案頑固、謙遜頑固、消極頑固)
やれない自分であることを知って、やれる人になろうとしてやる。
  (自分を検べながら、調べながら、人からも言ってもらえる態度)

やれる人になろうとしてやる人がいることによって、職場・会社・組織は、やれる人になるための場(社会)と成る。
そういう場(社会)が、続々とできることが、この社会化革命の基本だと思う。

研鑽を知らせる、研鑽会を設ける、研鑽社会を実現する、・・・・・。
とてもできない自分であることを知って、やれる自分になろうとして、研鑽会を知らようとする、研鑽会を設けようとする、研鑽社会を実現しようとする、・・・・、そういう人たちによる、そういう行為で充満した社会。

仕組み、暮らし、仕事、会社、・・・、凡てが、そういう人に成り合うためにある。そういう社会。

まとめてみると・・・(2006.9.12)

ここがベースとなる 「社会を知るための研鑽」
束縛・押し付けの要らない保ち合いの社会は、
先ず、人間らしい人間に立ち還るところから。
「人生を知るための研鑽」を経て、「真の人間性を知る研鑽」
そうして、「社会を知るための研鑽」へ
1 2 3 4 >> total 4p
▲ page top