BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― <山岸養鶏の真髄> ――
1  total 1p

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:51

山岸養鶏の真髄

一、損をさせては申しわけないと思って言うのです

二、真理から外れて、真果は得られない

三、賞金一万円または、十万円技術について

四、第一回特別講習会開催と秘匿技術実施種鶏場参観について

五、秘匿技術実施種鶏場参観

六、求むれば得らる  =希った鶏界総親和の日は将に=

七、鶏界を毒するもの =養鶏を奨励・指導する者の過誤と自覚=

八、盲腸炎  =本当に儲けたいなれば、この文章を
           見逃さないように熟読して下さい。=

九、山岸養鶏成功の最大条件

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:50

一、損をさせては申しわけないと思って言うのです

 養鶏をして損をする人が沢山います。よかれと思っての、かりそめの一言からでも、人を不幸にすることがありますから、養鶏を語る者の責任として言うのです。私は絶対損をさせない--必ず大儲けして頂ける養鶏について述べたいと思います。

一時的儲けの養鶏は

 例えば、土とサッカリンで造った偽菓子が値が安くて、手が出し易く、口には甘くて、腹は充たされ、一時の豊満感は得られても、続けていくうちに栄養失調になるのと同じようなものです。
 「そんな物は本当の食べ物じゃないですよ。山岸養鶏は、米か稗のように、軽くて、甘くもないのに、値が高く、口へ入れる迄に手がかかるが、これこそ身のためになる本当の食物ですよ」と、口を極めて説明するのですが、「面倒だ、そんな説明は聞き度くない。安くて甘い菓子を早く呉れ」と、うちでは責任上売らない偽菓子(損をする養鶏法)を急いで、こちらの言い分には耳をかしません。
 その人の目的は、末の結果には無頓着で、ただ、食べることとか、サッカクの味であったり、腹さえ膨れたらよいじゃあないか程度に止まり、本当の終局の目的について知ろうとしないから、話がイヨイヨ判らない。いつまでたっても本当の山岸養鶏の真価が解らないのです。


着眼点を変えて貰うために随分骨が折れます。

 養鶏というと、技術のみのように思い違いをしている頭の弱い人もいます。こんな発育の遅れた頭の人に、勝れた技術を与えることは、ピストルを子供に持たすようなもので、何をするかわかりません。
 ピストルや刃物は、使用法や目的のわかった、大丈夫と認められる人でないと渡せないのです。
 欲しがるものをアブなくて、ためによくないから後廻しにしておいて、聞きたくもない講釈を永々とやるので、カンが立つのでしょう。特に、自尊心の強い人は。
 私はどんな肩書のある人でも、怒る人は皆バカと決めています。知恵の足りない人としています。
 怒るとなおわからなくなります。
 山岸養鶏の何たるかを聞かないで、山岸養鶏は判らないし。
 山岸養鶏が判らないのに、本当の山岸養鶏は出来ないし。
 山岸養鶏を判って貰うには、得心の行くまで説明を聞いて貰わねばならないし、
 説明を聞くには、聞こうとする耳に取り変えて貰わないと、おそらく云うことが耳に入らないでしょう。
 ピントが外れているから、焦点を合わして貰わないとわけが判らないでしょう。
 先ず焦点を合わし、本当のものを理解しようとする頭で読んで下さるなれば、下手な説明でも山岸養鶏の真髄・真目的が判って頂けます。決して無茶や訳のわからんことを言っていないことも判るはずです。
 みんな欲のないことです。浅いことです。今のところみんなと言えるほど、欲なしばかりです。
 もっと大欲を--有形の大儲けをされたらどうですか。損をさしては申し訳けないと思います。永久の大儲けをして頂きたいから言うのです。

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:49

二、真理から外れて、真果は得られない

 栗の実を稔らそうとするには、一個の本当の栗の実を土に捨て、芽がふき、根を張り、幹をのばし三年五年を待たねばなりません。実から直ぐに実が生まれるものでなく、小さい本物の実を得るためには、直接用のない枝葉迄繁らさねばなりません。
 この文章も実を急ぐ人には廻りくどいでしょうが、求められる物とは縁遠くて不必要に見える部分も根であり、枝葉、幹ですから、山岸養鶏の真髄を会得する上に、最も重要欠くことのできない条件として、気永に一句も余さず読み、且つ役立てて頂き度いです。そして枝にたわわに成り下がったからとて、木に攀じ、痛いイガに触れる無理しなく共、実は自然のままにはぜて手に帰するように、実を実を、利を利をと余り焦らなくとも--焦らない方が、労少なくてよい実が得られます。
 真髄さえ掴めばすべてが簡単に解り、一々手を下さなくとも、苦労しらずに、年毎に豊かな秋の稔りが満喫できます。
 物には順序があり、踏み外さない途を知ってから進むことで、この養鶏法では言われるまま、説かれるままに、自分の考えも皆と共に研究して練り直し、ただ一筋に素直に進むことが真髄です。
 自己断定で一足跳びに幼稚園から大学へ行こうとしたり、横道へ外れては失敗します。永久に続く、動かぬ真理の一本の途を、一歩一歩踏み締めて行くことで、この道こそ安全保証が出来ますし、責任を持って推奨するに足るものです。

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:48

三、賞金一万円または、十万円技術について

 十月九日(三十年)明石小学校並びに、兵庫県農業試験場に於ける、山岸会全国大会口演中及び全人幸福徹夜研鑽会席上で出題しました懸賞一万円または、十万円寄付(全人幸福活動資金)技術提供について、説明を繰り返します。

 出題理由

 当日「どうすれば私の言うことが判って頂けるのでしょう」と題して、日頃私の言行の判り難い点について、何に原因するかを反省し、且つ会員諸氏の関心を深め度いと思って、皆さんから私の欠点と、最も判り易くする方法の教示を願いました半面の、私の一具体案として出題したわけです。
 どうかして私の念いが正しく通じるよう、また出題事項が心底から理解して頂き度いとの、哀情から出たものです。
 山岸養鶏に成功し、永く続けて頂くには、どうしても出題項目について、深く正しく知ってから、実行しなければ、如何に努力されましても、絶対に成り立たないからです。
 途中で止める養鶏なれば、初めからやらない方がよろしいです。
 僻目で見ないで、ただ素直に、言われる順序と、心構えで行って頂くことで、この問題に出ていることをシッカリ呑みこんでから養鶏されるなれば、技術面等は養鶏成功条件の中では、枝葉末端の事で、経営もまた至極楽で、業績は高まり経済的に豊かに、精神的にも日々を安定した快適な気分で幸福な生活が永久に続くのです。

秘匿技術伝授者選定

 尚私が秘匿し続けて来た養鶏技術のうちの一つを、この際誰かに伝えて置き度いと思いまして、その適任者を選考する意味も含めたわけです。
 この技術は、農業養鶏にも役立つものではありますが、事業としても大規模に実施するなれば、おそらく巨大な富を集めることも可能です。
 多くの専業養鶏家から求められて来たものですが、心なき大企業家が行いますなれば、今や全国農山村に浸透しつつある農業養鶏を圧迫し、双葉の芽生えを摘み採られる事は火を見るよりも明らかですから、私欲・近欲の人達から憎まれながらも公開しないのです。
 大の人に迎合し持てる人をなお富ますよりも、零細家庭が富裕者の援助に頼らなく共、自力で自活し得るような方策を講ずることが、社会を安定さすもので、嫉視・闘争を無くするものです。
 当夜の研鑽会でも、一部の人から公開すべしとの意見が出まして、厳しい議論が交わされましたが、以上の理由を諒とされて、懸賞問題当選者から希望があれば伝授し、適当時期迄一般公開を差し控え、会の技術として温存することに決定しました。
 本会では豊かな人々の益々豊かになられることは望ましい事とはしていますが、乏しい人々にも、職と食と健康と、心の豊かな安定した、快適な人生を得て頂き貧しい人を一人もなくし、真の幸福生活を永久に続けられる社会の建設を目的に活動しているものですから、全人幸福のために今は公表の時でないと思うのです。
 進んだ技術は、人を幸福にする場合と、不幸にする場合もあり、その技術を用いる人の心の如何によって何れにも変り、心得違いの人々に用いられますならば、飛行機や爆薬が人を大量に殺すに役立ち、自分さえよければの行為となり、その実自他を不幸にするものです。技術が進めば進む程、そうした面も慎重に、良心的に考慮しなければなりません。
 山岸養鶏では、現在の養鶏経済事情では、今迄発表した技術のみで十分有利な採算が得られ、交通・立地条件のよくない地方でも、安定した経営が出来るように仕組んであり、養鶏界の推移を見て適切に高度技術を順次提供することにしています。

技術よりも心構えを先に

 今迄の技術が使いこなせないような人が、その上その上と技術を求めたところで、ますます荷が重くなるばかりで、足元が見えなくなり、失敗街道をまっしぐらに走ることになります。所謂、喜怒哀楽などに心が動揺し、感情で行動する人には尚更高度技術は言えません。
 同じ技術を受け乍ら楽々とやっている人と、失敗している人のあることを知り、その原因が経営法の誤りや技術や経営法を誤まらす心のあり方等にあることに気付くなれば、人より多く技術を取って早儲けしようとの、弱い、卑怯な自分を発見し、技術等人並得れば、結構やり通すぞとの勇気が出る筈です。
 その心構えから出発しなければ、何事も成就しません。技術を求める前に今一度自分を見直しましょう。これ等高度技術を公開しない事を狭量かのように批難する人がありますが、如何なる高度技術でも、一般に普及した場合、何の特長もないもの、人生の幸福にはたいした威力のあるものでありません。
 汽車が出来、飛行機が出来て、昔は一カ月かかった所へ一時間で行けるようになっても、未だ不足で、地球を一日で廻れても、もうこれで結構とは言わないでしょうが、テクッた昔と比べて、幸福生活がどれだけ進歩しましたか、不安が減ったかと云うことです。
 しかもこうした特別技術を発表したなれば善の人より、悪の人の方が強力に利用するのです。盗んででも、自分の物にしようとします。
 誰彼なしに与えることは、例えば肥料を施した場合、稲よりも、稗雑草が横取りして稲を圧倒するように世にはびこるのです。
 専業養鶏家全部を雑草等とは云いませんが、大樹は茂れば茂る程、日影を拡大し、われひとりの栄華を希いやすいものです。
 本会では倭小な草木は倭小なりに、大樹等に妨げられないで、その植物相応の性能一杯に生き繁栄出来るように、人間社会を改造したいと、つとめているのです。
 本会は養鶏のみの会でもなく、農業者のみの団体でもなく、正しい人が、正しく栄えていける正しい、暮しよい世にしようとする会です。したがって私も今日養鶏や農耕を業として居りません。
 専ら、親愛を基調とした全人幸福社会の実現に没頭しているつもりです。山岸と云う人間が、鶏を飼う者、農業を職としているもの、経済生活に携っているものと、誤った見方をして私の言動を解釈下さると、全部不可解なことになります。間違った行為に見えましょう。これが大体私の云う事が判り難い原因だと思われます。
 養鶏面に冷淡なように見えるのも、雲を掴むような話に聞こえるのも、貧乏しているように誤解されるのも、高度技術を出し惜しむように見えるのも、一言一行も、それが自己中心でなく全人の幸福にどうなるかを考えた上での発言です。そういうおつもりで御解釈して頂くと割合に判り易いかと思いますが、どうか私の至らない点や間違った考え方についてキタンなく御指摘下さいますようお願いします。

懸賞問題

1 山岸養鶏の終局目的は
2 山岸養鶏に真に成功するには
  心構えは
3 山岸会とは

出題解説

 1は、養鶏されている目的はいろいろあるかと思いますが、山岸養鶏をする本当の目的について詳しく述べて下さい。
 2は、山岸養鶏は一時儲けや気紛れ的のものでなく、永久の繁栄を保証するもので、必ず成功する道を説いていますからどういう順序ですれば成功するかを正しく回答して下さい。またどういう心構えでやらねばならないか、誰のために養鶏するかを自覚の上で答えて下さい。
 3は、山岸会とは、何を目的に、どんなことをする会か、山岸養鶏との関連はどうか、会員資格や構成はどうか等について、的確な説明を解り易くして下さい。

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:47

四、第一回特別講習会開催と秘匿技術実施種鶏場参観について

やるなら本気で

 養鶏で損をしようと思ってやる人はないでしょう。ところが始める時は、「云ってもらう通り白紙になってヤマギシ式でやりますからよろしく」と挨拶しながら、いつのまにやら素直さが自我に変り、ヤヤコシ式に脱線し、反感さえ抱く人があります。
 腹を立てているとなお損をします。
 山岸会では責任保証付で、絶対に損をさせないことになっていますから、損をする前に、損をしたなら尚更寄ってきて徹底的に追求されるとよいのです。
 山岸会では絶対に怒らないことになっていますし、本当に腹が立たない人にしてあげますから、腹が立ちそうになれば怒る前に、腹が立つなれば尚更ドシドシやってくることです。
 誰も損をせよ、腹を立てよと云った覚えはないのに勝手に損をしたり、怒ったり、山岸式から脱線されると双方が迷惑します。百五十羽の鶏を飼って損してやめる人は、数万円の損と不愉快な苦心を払わねばなりません。
 うまくやれば月々数千円の純益があり、年間数十万円の利益と快適な気分で、何年でもやめずに継続できるのに、この物心の損得の差は仲々大きく、中途半端でサジを投げる人や、もっと利益を上げられるものを他人事のように、儲ける勉強を引続きしない人がいます。
 楽して儲かる方法があるのに、わざわざ損するために苦労しているような姿を見かけると、ハラハラしてたまらないのです。
 羽数が多ければ、一寸した助言や参考資料を活用するのみでも大儲けになります。
 見当違いで力みかえるのは困るが、やるからには本気になって本当に儲かるようにやって貰いたいものです。

特別講習を

 大体、一般の人は養鶏を軽く見過ぎていられるようですが、鶏百羽の利益は、米麦作一町歩の純益をはるかに凌駕することに気付かれないらしいことで、稲作等の話には耳目を集中する人も、養鶏書一冊求めるのに吝かです。そんなケチな性根では鶏も快く働いてくれません。
 一寸やってみてよかったら本格的にやろうナンテ気持ちでは、成ることも成らない筈で、どんなことがあっても必ずやり通す決意で、本腰を入れてかかればきっと成功するものです。
 今度の特別講習では、得心の行くまで回答しますから、徹底的に質問等も用意し大儲けされるために、万障を排して参加されるよう推奨します。

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:46

五、秘匿技術実施種鶏場参観

既公開技術

 私の養鶏技術は、今迄公開した家庭養鶏法及び農業養鶏法のうちの山岸式育雛兼採卵標準鶏舎・堆肥熱育雛法・中雛寝枠・棲架・食卵産卵箱・改良給餌器・ワクモ絶対防除法・山岸餌編第一例・第五例・山岸三号鶏種等、燎原の火の如く急速に普及しつつありますがこれ等は養鶏の初歩的技術でありホンの一端に過ぎません。

会員に個別伝授技術

 以上の外現在、会の技術として特定の会員にのみ伝授しているのは、各種鶏病治療法・各種薬剤・特殊高性能鶏舎二種・特殊装置バタリー育雛器・調餌法及給餌法・特殊無限経済飼料・山岸点灯法・産卵自由調整法・種鶏雄飼育法二種・一カ月で産卵開始養鶏法その他で、それぞれ会員の誰かに実施、または温存されています。

未伝授技術

 種鶏高度飼養法・肉養鶏法・工業養鶏法・ヤマギシズム社会式養鶏法・世界生物栄養学説及飼糧界を一変する特殊経済飼料製造法・藁稈樹木雑草の大規模飼料化法、其の他細大無数の未公開未伝授技術がありますが、それらのうち前号記載の明石大会で伝授者選定をした、秘匿技術とは全く別のもので、私の秘匿技術のうちの三つを併用実施して貰っている種鶏家へ、講習完全修得者を最終日に案内します。

唯一人の実施者、正しい人に栄える世に

 この実施者夫妻は椽の下の力持ち行為を黙々として良き社会実現のために多大の物心を払われて、報いをまたない、無口で表面に出ない人です。
 私はこの人の美しい心のニジミ出た、蔭の行為を数多く知って、その崇高な人柄にうたれ、且今日の経済窮迫を見兼ねて、今の世になくてはならぬ人を溺れさせてはならないと、微力ながら支え棒のつもりで、この技術を提供しているのです。
 三技術のうちの二つは大体、種鶏の飼い方のうちの五大重要技術の二つで、種鶏飼養家でこれを知らなければ、種鶏家の資格なしと云えるでしょう。
 他の一つは、広く発表したなれば種鶏は勿論、養鶏一般及家禽畜飼養上学理的に、経済的に大転換を画するものです。
 何れも未だかって会の総務にも、養鶏部長にも、誰にも話したことのない、世界業界を驚倒せしむるに足るものです。
 私の技術は一日も早く、一般の人に利用されたいと思いますが、今日の世相では、幾ら技術を出しても、それは自己及自己の周囲のみの繁栄を願い、際限ない欲望のとりことなっている人々を先ず富まし、泥棒の後押しをすることになり、いつまでたっても世の中がよくなりませんから、受入体勢が出きるのを待って公表するつもりですが、それでは私の生命の程も判らないから、会員の一人一人に別々の技術を人柄を見て伝えているのも一つの理由です。
 こうした私のやり方は、一見不可解でしょうが、不安定な世界で財産を幾ら積んでも無駄ですから、奪い合いのない世の中、戦争のない世界にすることが先決で、私の技術・知能・生命の凡てを全人幸福のために用いられることを希っての行為に外ありません。
 私は愛する自他の子供達の、吾が身の延長の子孫永久の幸福を念うが故に、いつ無くなるか判らぬ財産を貯えて、愛する子供達を戦場に送るよりも永久に続く平和な快適な社会を打ち立てて置きたいと真面目に考え、それの実現のみに専念しているつもりです。
 養鶏を行うにも、全人幸福のために全人の知恵と、経験と、力と、心を合わせて、方向を違えないで適切な方法で邁進しようではありませんか。

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:45

六、求むれば得らる

=希った鶏界総親和の日は将に=

 私は一貫して全人類間の親和と幸福を念願し、鶏界人及びそれに関連する官・公・学・指導者・出版・飼料・卵肉業者から消費者に及ぶ人々との密接不可分の共栄原理にたち、機会ある毎にそれを云い、促進を図って来ましたが、人心はまさに総ての面で、個々別々の対立は苦しく、辛く、間違いであり、終局に於て成り立たないことを自覚する風潮が濃厚になって来ました。
 これは実によろこばしい現象で、万人その意識になり実行に移せば、必ず争いのない、過去かつてない幸福社会が訪れます。
 ただ、云うのみで行わなかったなれば、行うにしても考え方が間違っていたり、行おうとしても方法が見付からなくては空論冗弁にも等しい。
 総親和と云っても、形式だけで、内面心の世界に自己及び自己の周囲のみの繁栄を宿していては、如何に条項帛訂に尽くされても虚偽の累積に過ぎず、労に酬いられるものは百年変りなき混濁世界でありましょう。
 人には一人の敵もなく、皆身内です。そうではありませんか、両親を辿って行けば・・子孫の行く末の、末の結合を考えれば・・どうして一家一門の間で、争ってなどいられましょう。
 しかも遠く離れた人との結合ほど良縁で、優秀な子孫が産れる事実は、幾千里離れていても夫であり妻であり、兄弟、親子の間柄にあるもので、その繋りさえ分ればどんなことがあっても憎み合えたものではありません。
 人間同志だけでなく、世の中の凡ては、繋った密接な関係があり、まして養鶏を手がける者同士が相反目し互いに叩き落し合ってはいけません。
 私の身体知能の凡ては、両親を通じ、或いは周囲自然の中から受けたもののみで、山岸養鶏に関しての一切も皆それらから得たもののみで自分の何物もありません。
 私が養鶏に入った動機は、フトした奇縁とも云うべきものがあり、青年時代人生及び当時の社会組織に疑問を抱き、それの探究に没頭し、昼夜の別なく参考書を読み漁り、身心を酷使し、かつ再三、拘引留置等の圧迫のために健康を害し、やせ細った秋の一日、郊外に出て読もうと一書を携えて葛飾方面に行った時、またイヤな尾行が付き出し、犬を撒くために或会社へ飛び込んだのが、小穴氏の日本家禽産業会社(東京)で、種鶏舎に飼われていた純白の白レグ(当時は銘鶏)の美しさと、広い建物の中に整然と並べられた、サイファー式孵卵器や電熱育雛器の中の可愛い雛に愛着を感じ、かつ私が把握した社会組織のあり方を、鶏に応用実験すべく郷里(滋賀)に帰って養鶏(初めは人工孵化)に着手したのです。
 全く養鶏知識のなかった素人に、先輩諸氏から受けたものを積み重ねたもので、愛知や京都の養鶏家や、養鶏雑誌通信・孵卵・飼料業者等から与えられたもののみです。
 そのうちでも、『鶏と研究』と『養鶏の日本』は時によって連続的に私に養鶏知識を導かれ、それ等の記事に著わされた諸氏の発表は大きな部分を占め、中でも養日の高橋広治先生には負う処頗る多く、山岸養鶏の実際面の主流を成し、榎本誠・斉藤虎松氏及び其の他多くの人々から教えられたものばかりです。
 今度養日社を通じて紹介されるそうですが、二十余年を経て、これも奇縁の一つとも云えましょう。
 工藤岡崎種鶏牧場長はじめ、山下照太郎氏や中禽社・鶏友社・養鶏時報・養鶏興信・愛農・みづほ・タキイ及びその他新聞書籍・会の人々によって紹介され利用されることを私としてうれしい限りです。

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:44

七、鶏界を毒するもの

=養鶏を奨励・指導する者の過誤と自覚=

 この文章は養鶏の分野に限るものでなく、鶏の字を置き換えるに、政治・学育・社会・経済・産業及びその他の字句を用いますと、何れもそれぞれに当てはまるのです。
 私の場合
 私は現在、現社会経済観からいうと、鶏を飼っておりません。
 併し私は日本中で養鶏していると思っていますし、やがて世界中の養鶏にも、私が浸透することが、ハッキリ判っています。
 否、現在世界中の鶏は、全部私が飼っている、否、否、養鶏に限らず、すべての人間行為は人間、私がおこなっているのです。
 解るでしょうか? 私の文章が、私の言々句々が、一寸解りかねるでしょう。
 つい先達てまでは、この言葉が通じなかったのです。不都合なことでした。
 モドカシサのあまり本紙前々号で、述べていますように、昨秋全国大会で「どうすれば私のいうことが判って頂けるのでしょう?」と掲題して、私としては真情を吐露したつもりで、歎息とも、課題ともつかないことをいいましたが、その席にいた人の中には、非常な怒りを持って帰った人もあったそうです。
 当夜の徹夜研鑽会に参加し、本当に熱心に、朝まで研鑽された大部分の人(七十余人)たちには少しづつ通じだして、私のわからん話が、徐々に解りだしたそうです。
 何分異なった世界の言葉ですから、言葉づかいそのものの勉強から先にして頂かねば通じないのです。
 今の世界で一般に、欲が深いといわれている行為を私は欲が浅い、欲なしだといいますし、世間で親切だ善行だと、称賛する言行を不親切だともいい、大きいと思っていることを、小さいと申しますから、全くもって逆らっているように聞こえるのでしょう。
 一般に幸福という言葉を使っている場合でも、山岸会ではなかなか信用しないのです。
 商売繁昌で大金儲けた、家倉建てた、田畑を買い増した、娘に沢山荷を釣って嫁がした。代議士に当選した、こんなの幸福の部類に入れません。
 山岸会では場合により、不幸への出発、前兆だとも見えますからね、明日の不幸の予約にもなりそうですから。
 私はこれで正気のつもりで機会ある度ごとに言葉づかいの説明からはじめるのですが、又そうしなければ通じないからそうするのですが、その方に時間がかかって肝賢の本題に入るまでに幕切れになって、せっかくの儲かるよい話を聞いて貰わずに、不得要領で、ブツブツいいながら別れて行きます。
 白い粉はみなメリケン粉だと思っている人に、マヒサンを渡す前には用途・毒性等について、十分注意が必要です。
 そうでしょう、人間生きる上に、あまり役にも立たない数学を習う場合でさえも、前に数字を習うじゃありませんか。
 カナや難かしい漢字を苦労して、何年もかかって習うのも、字そのものを習うのが目的でもないのに、・・将来文章を読んでその意を解したり、自分の意志を記録し、又は伝えるために字を習うのでしょう。
 どこの講習会ででも、儲かる養鶏の話をしようと約束しているのに、損する養鶏を欲しがります。
 根本からやらねば、絶対に儲かる養鶏は判るものでないのです。
 字を覚えるのはイヤだ、本が読みたいのだ、と急ぎ込み、コノ目で見たら解ると、アキメクラやスカタン読みの連中が、多いことです。
 主催者も自分の役目や、儲けの方が大切なのか、頭が悪いのか、損さす養鶏に同調して恥じません。
 字も覚えないで、一躍字を書こう、本を読もうとされるのは、どんな利巧なお方か知らないけれど、大分無理な御注文じゃござんせんかね。
 永久に絶対責任持ちの、山岸養鶏の正体が、そう易々とわかってたまりますかね。本当に知るには、山岸養鶏の言葉づかいから覚えられることです。
 余り利巧なところを見せて貰わなくも、御利巧なことは初手から判っていますから、無心になって、私の注文もたまには聞いて下さって、いわれる順序で、素直にやってみて頂き度いのです。決して脱線させませんから。
 こういうことは初めから書いていますし、口を極めていっていますが、それは要らないと、カブリを振るので焦点があわず、いつもイスカの嘴の食い違いで、本を空読みしたとて、話を三時間・五時間聞いたとて山岸養鶏の正体は掴めません。
 読み方・聞き方が素直にならない限り、何百時間費しても費し損です。
 学歴・地位・経験等既成社会で、自他ともに認められるような人程、自我が捨て切れず、自己信憑の眼鏡を通して見ようとして、素直になれないから、いつまで経っても進級せず、見当違いの自己断定の盲説を臆面もなく、雑誌や講演や人前で堂々と発表します。
 そして自分一人の恥曝しに止どまらず、肩書崇拝の数万の信者に、間違いを植え付け損をさせています。
 こういうのを私は親切そうに見えて、実は不親切そうだといっているのです。
 いう人も聞く人も儲けるためにとおもっていることが、案外損をする道程になることもしばしばです。また山岸養鶏の外観だけ見て、本当のよさを掴まないで軽卒に、自分流に採長補短のつもりで、良いとこどりをしようとする、利巧者(猿マネ)も欲が深そうで、実は空杯を傾けて酔を求める類いの輩で、欲のない事夥しいです。
 こんな狡猾な自分に不親切な人は、鶏にも不親切で必ず永続しないこと請負いです。
 私はかような人がふえることに責を感じ、山岸養鶏の正しいつたえかたに努力し、嫌われても、憎まれても、空だ、夢だ、狂人だといわれても根気よくいい続けて来ました結果、漸次正解者が増加し、愁眉を聞くにはまだ少しはやいが、どうにか曙光が見えてきました。
 併しまだ各所で的外れの解釈をし、色とりどりの群盲撫象的風評をたて、損失へ損失へと走る人、走らす人も増加するばかりですから、それらを一掃する意味を含めて、特別講習会を開催し、永久の保証をしたのです。
 一週間の時間は貴重でしょう。1000円の受講料と旅費、食費もかかりました。だがしかし、北海道から南九州にいたる、全国から参加された完全修得者、百六十余人(外に途中参加者数十名は土産が小サイから、真の親切から今後は入れない方針)全部が期待に幾層倍かの収穫をえられ、確信と歓喜をお土産に帰郷されたそうです。

第一回特別講習の結果は?

 ダラダラと長期に知ろうとする甘い考えでは、生煮えの半かじりの味にボヤケて徹底しませんから、思い切って、特別講習などで手っとり早く山岸養鶏の正体を正確につかんだ方が、よい算盤ができます。
 受講効果は修得者に直接会えば、態度や言葉からハッキリ判ると思いますが、老若男女の何れの方も、一生のうちで未だかつて味わったことのない、場だったそうです。
 毎日続々と舞い込む効験報告は、素晴らしいものばかりです。
 結果的に見て、実に欲の深い人達ばかりだったと、私は言い切ります。
 山岸養鶏に成功するには、・・あるいは人に語るには、山岸養鶏の正体を最も正確に知らねばなりません。
 山岸養鶏の正体を正確に知るには、山岸養鶏書と、少なくとも山岸会会報三号を、完全に読みとることです。
 読んだのみでは・・暗記したとしても、・・役立ちません。その意をそしゃく吸収し、自分のものとしなければなりません。
 会報三号から解った人は正解です。
 正確に解った人は、遠かろうが、忙しかろうが、かならず一人残らず本部へ寄ってきます。
 結局、特別講習を受けたくなって、必ず受けます。キット受けます。
 会報なり山岸養鶏書を正確に、最も早く、効果的に、愉快に読みとるには、特別講習研鑽会に参加することです。
 参加されると、違った世界の言葉と言いました難解な私の文章も、スラスラ読めるようになり、小説を読むより、何を読むより面白くて、面白くて何辺でも読み、読む度毎に新しい味がでてくると同時に、今の社会の新聞等馬鹿らしく読む気がしなくなるそうです。
 心の目、悟が開けて、天馬空を行く、捉われない身軽さになり、人生すべてこれ快適なり、になり切れるそうです。
 今の世の間違い一切が、ハッキリと見えるようになり、物の観方、考え方、行為がすべて正確になります。末で損する我利儲けと、本当の儲けの区別も整然と見えます。ついでに家庭の不和・社会の紛争・戦争が無くなり、不安・悩み・苦しみ・腹立たしさ・貧困・孤独の淋しさも、全部跡形もなく消えてなくなります。
 怒ろうと思っても絶対に怒れない人になれます。
 宗教や修養ではありません。
 押し付けや堪忍やゴマ化しでは駄目です。
 愉快で、愉快で堪らなくなり、何をやってもかならず成功します。
 ホラか偽りか、今迄にこんな事実が、一度だにあったであろうか、第一回修得者一人、一人に直接聞いて見てください。
 向う三ケ年以内に世界中に巻き起こるであろう、輝やかしい出来事。
 百八十余人の受講者の目と、共に受講した私のこの目でシッカリと見届けた、史上空前の出来事。
 悪よ、怒よ、さようならを。明日に迫ったヤマギシズム社会の一端を。
 早くも第一回特別講習会(昭和三十一年一月十二日~十八日)受講者の変り方に驚く、家族・知人、触れあう人達の要請によって、待ち切れず矢つぎばやに、
 第二回 特別講習
       研 鑽 会 を 開 催
 されることに決定しました。
 私も第一回に会場の一隅でほとんど寝たまま、受講した一人です。
 参加して見てください。かならず莫大なお土産があるはずです。
 私、先般来瘠馬に荷が勝ったのか、ズット床の中で絶え絶えの毒舌をペンに托していますが、今のうちに山岸養鶏成功の秘訣を、正しくお伝えして置きたいと思い、第二回特別講習にもすべてを賭けて出席し、ご得心の行くよう徹底研鑽に加わる決心でおります。
 なお絶対に怒れない、愉快な人になって頂けることを保証します。
 特にこの際左記の方々に対し、特別講習研鑽会に参加されますよう、お呼びかけします。
 特別講習研鑽会 紙上公開招待状
             (母子音順)
 国立岡崎種畜牧場 工藤 場長 殿
 愛 農 会    小谷 会長 殿
 日本家禽研究所  高橋 所長 殿
 愛善みづほ会   出口 会長 殿
 山下種鶏孵化場  照太郎場主 殿
 家禽界中禽社   山口 社長 殿
 養鶏時報社    吉川 主筆 殿
 以上の各氏に本紙をかりて、特別講習研鑽会にご招待します。
 本来なれば「拝啓に始まり、一々拝趨云々頓首」で結ぶ、丁重なる外交礼句で迎うべき方達でありましょうが、私の場合、上下に人なく、同輩・横の人・親友・家族ですから、虚礼をやめて率直にお呼びかけするわけです。
 山岸会語では「君、特講に来てみませんか、仲々面白いですよ。一遍に愉快になれるし、一度徹底研鑽をやりましょう」と言うところです。
 あなた方が特に山岸養鶏を広く紹介してくださったから、こんなに早く全国へ普及したのですが、普及したからと言って、功績を称えません。宣伝してヤッタなど自惚れた、おためごかしの気持が毛頭でもある方があるなれば、チト聞こえません。
 結果的に見て、果して親切であったか、不親切だったかは、これから先のことで、現在のところでは忌憚なく言えば私なら、あなたもあなたで「迂闊だったね」と言わして貰える方もおいでになりますね。
 あれでは早晩損さすかも知れぬと思います。少なくとも我利我利共に、便宜を与えたことは事実で、利己主義は絶対栄えるものでなく、必ず将来滅亡します。
 滅望に拍車をかけることは不親切です。
 いままで養鶏は随分奨励されましたが、一時はやりだしても、ほとんど廃めます。そのほとんどが損をして・・そんな不親切なことを沢山の人に広めてはならなかったのです。
 した方が間違いか、さした方が手抜かっていたかを索してみますと、寝ている子を起こして、そうするように仕向けた方が、どうやら至らなかったらしいです。私は初めからこれを慮れ、こと毎に誤りなからんように言い続けてきましたが、これも言い続けてきたという、単なる申し訳ない申し訳に過ぎず、事実徹底していなければ、言わざるに如かずでしたね。
 次の高度養鶏を出さないのも、ここなのです。いくら出しても、出しても、我利の人々は、求めるのみで、自分を改めようとしません。
 高度であればあるだけ、禍いを大きくするばかりですから出せませんね。
 しかし出さずに死ねば、人間の持っている宝(宝でもないがね)の持ち腐れになりますから、今のうちに我利でない人、我利の人に加担しない人に伝えておきたいのです。
 このまま災いの因ともなる種を撒きっ放しで、後かまわずにしておいては、まことに相済まぬ仕儀になりますから、幸福の因(卵がタダで得られても、空気や水よりも大切でない物で、あまり幸福に役立ちませんが)になるよう、間違いを累加させないようの、研鑽もして、早く手を打たねばならぬときだと思います。
 自分の行いを生かすも、殺すも、息のある間の仕事で、世のために働いたのか、世の不ためになる働きをしに生まれてきたのか、何れの行跡も残ります。せめてニッコリ笑って死にましょう。
 世のためということは、他人のためではなく自己及び子孫、自分の延長の棲む世の中であり、自分の同属(自分の分身)の棲む世界であって、結局自分のためということで、自分で自分を苦しめるような馬鹿げた真似はして居られません。

何を後廻しにしておいても

 自分のみのためと考えることは、自分を困らす下地をセッセと造っていることで、そんな人の手助け、後押しにもならないよう注意しています。
 私の場合はこんなことですが、あなたの場合も他人事ではないから、言わして貰いましょう。
 あなたの仕事の立場から、あなたの一言一句の影響力が大きく、かつ山岸養鶏と言われながら、チョイ、チョイ間違って発表されている部分があり、しかも、肝腎な・・、丁度かつお節で言うなれば、だしに当る部分・・即ち山岸養鶏の生命とするところが抜けたり、ボヤけたり、原稿を送ってカットしたりしていますから、この点御汲み取り願って広めて頂く場合、だしがらでない堅魚節、即ち役立つ絶対損をさせない、本当の山岸養鶏を検べてからにして欲しいのです。
 山岸養鶏は、全部一組になっていますから、部分品を持ち行かれるよりも、そっくりそのままの方が使いよいのですが、もし部分をお採りくださるなれば、だしの方をお奨め申し上げたいのです。この方なれば世の不ためにもならない自信がありますから、みなさんに迷惑をかけない保障として置きます。
 鶏が死んで悲しんだり、損して家内喧嘩したり、首くくったりさす原因をバラ撒かないことですね。
 よく検べてみると政治でも、教育でも経済・産業界でも社会事業でさえも、悲劇の種播きをしている点が多々ある事に気付きます。宗教等は曲者が多く、宗教・信仰は一つもない方が人を暗愚にしたり、惑わしたり、時間や建物を浪費さしたりしないだけでもよろしいのです。
 指教している人自身は、後はどうなっても構わない、雑誌社・飼料商・孵化業者も自分さえ儲ければ、後は売れなくても等と思っている人は少ないでしょうが、終局の結果、人をして間違いに終らせ、自分も立ち場がなくなることが、随分ありますから、何事によらず根本的に徹底的に研鑽してからでないとやれないし、人にも言えませんね。
 我利行為を「やって見せ」たり間違いを教え、行う位なれば、無為徒食・天井を見詰めて寝ている方がマシでしょう。
 公開の機会に一度発表したことは、直接、間接に拡がり、如何に手を尽してもモウ取り消すことはできません。
 特別講習研鑽会は、誰も特別人間が教える場でなく、互いに講師であり受講生となったり、提案質問者であり、徹底研鑽し間違いのない、よりよく、より向上の結論を見付ける場ですから、そのお積りでお忙しいでしょうが、何を後廻しにしておいても・・親の葬式に会わなくても・・火事場の跡片付けは放っておいても・・公務も、案外世の不為になる公務もあるかもしれませんから、万障差し繰り、参加して頂き度く、本当の鶏界繁栄、曵いては全人幸福にために、一堂に会して研鑽しましょう。
 なお、養鶏新聞・雑誌社・官民養鶏指導者・全国飼料商・孵卵業者その他養鶏関係者及び養鶏に全然関係のない一般の方も参加してください。
 過去幾千年、世界の何地にも、神も、仏も、偉人も、何ものもなし得なかった、まだかつてない新しいヤマギシズム社会の一端も、一寸覗いて頂きます。
 その社会の応用実験の副産物が、山岸養鶏法です。
 アメリカやミチューリンから、受けたとの世評に応えて。
 「どうぞ、お手に取って較べてみて下され」
 社会の組み方も、養鶏も・・オッサァン頼ンまっせ--
◆山岸養鶏の育雛は、絶対だと折紙をつけられていますが、妙味はその後にあり、デリケートで素朴なところにあります。本の表紙から末尾まで全部を本当に読み取って下され、全部書いてあります。
◆山岸養鶏全部が絶対だ!
◆ヤマギシズム社会こそ、永遠に絶対だ、と全世界人から謳歌される日近きを確信しつつ。
一九五六、一、二八

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:43

八、盲腸炎

=本当に儲けたいなれば、この文章を
  見逃さないように熟読して下さい。=


 去る日、東北地方養鶏巡講の旅から帰られた山本康夫講師の土産話のうちに、或場で熱弁中、聴講者の一人が突然元気な声で、「盲腸炎にかかった。京都の病院へ入れてくれ。余り痛くないように頼むよ。」と云ったそうです。
 コレは余程頭のよい人の言葉だと思うが、これだけでは何が何だかサッパリ訳が判らないでしょう。鶏の盲腸炎かと直訳する人もありましょう。だがしかし、そんなケチ臭いものではなく、これこそ山岸養鶏で絶対に損をしないで大儲けする秘訣を云い当てた最も簡にして要を得た適切な偶語です。
 山岸養鶏に成功する確実で賢明な方法は、山岸会特別講習研鑽会を一度は通ることで、入院とは一週間の特別講習を指したものです。
 それも明日と云わず今直ぐにその決意を固めることです。忙がしいから。お金が要るから。そんなにしなく共これで結構、充分やれているからまた困ったら。等云わないで、どんなに都合が悪るくても、鶏を飼う人は勿論、鶏に関係の無い人も人間である以上、一人残らず特講を受けることです。
 そしてその偉大な効果により、養鶏成功の秘訣と、それを通じて人間生活の凡て、人生目的、意義等の根本原理を知ることです。
 原水爆戦争の惨禍を簡単に食い止める方法も解りますよ。夫を、父を、吾が子を戦場に送り、空襲で逃げまどうイヤな戦争を、この世から絶無にすることが容易に出来るのです。その方法を責任を持って誰でも納得出来るまで話しますよ。戦争は無い方がよいでしょう。明日に迫る戦争の不安を控え、忙がしいとは何ですか。どんな忙がしい事情があっても、盲腸が痛んで来たのにまたそのうちにと云って延ばしていますか。お金が無い?お金が無いからと放って置けますかね、取り敢えず入院するでしょう。この特講は特効にも通じ、その素晴らしさにビックリしますよ。
 タッタ一週間で必ず成功する山岸養鶏への橋が渡れるのです。秘鍵が掴めるのです。必ず掴んで頂くことを確約しますよ。しかもお金の無い人には費用全部を立替えます。効果が無ければ永久に立替えて置きますし、弁償もします。
 毎日の時間の節約と、成績の好転で利益は高まるばかりで、そんな日時も費用も間も無く取り返せますよ。それに一度受講すれば一生の得ですよ。
 子供の本当の育て方も、本当に楽して儲かる商売の道も、農業全般・工業方面及び其の他、役所も、団体も会も、結婚も、生も死の問題も、人生の事一切が何でも必ず好都合に解決し、嫁姑・夫婦・親子の間柄も親戚、世間の人々との間の不都合も立ち処に消えてなくなります。
 幾十年の修養や、宗教で解けなかった怒りも、悩みもタダ一週間の特講で全部必ずスッキリ消滅し、毎日が嬉しくて嬉しくて、一生楽しく暮らせます。怒った顔は醜いです。悩みや心配事があると顔にシワがよりますよ。
 楽しく暮らせば皆若々しくなり、ニコニコした笑顔の美人になるのは当然でしょう。
 店員・従業員・学生・生徒・園児が素なおになり、教員間・宗教家間がうまく行く筈で、楽しい仕事は必ず身も軽く、成績がよくなり効率は高まるばかりです。
 農作物にも鶏にもお客様にも愛が移り親切になり、お金を儲けようと思わなくとも、業績が揚がりお金も慕い寄って来ます。
 今迄如何なる講習にも類例のない実績で、前回受講者全部が物心両面共に豊かになって頂きました。その実例の二三を紹介しましょう。
 第一回の特講の特効に驚いた修得者及びその家族・周囲の人達の要請により、第二回特講を来る六日から一週間開講されますが、既に満員超過し、第三回に振り宛て、別記の如く第三回を開講されます。第三回も今日(二月二十五日現在)早くも過半数の申込受付済みの盛況です。
 しかも申込者の殆んどが、家族や親戚者が多いと云う事で、一家全部が交替で受講したいと云う事や、一人でも多くにこの喜びを分たねば居られないと云う事は何を意味するかです。
 また一回受講した多数の人が再び受講を志望されて来られることは、そこに何物かがあらねばならないでしょう。
 しかし、一度受講した人は、二度受講する必要がないことになってありますから、それ等の人々には、別に特別高等研鑽会(特講修得会員のみ)を連続的に開催し、深奥を徹底的に探求しているのですが、矢張り全国から続々参集し、いつも盛会です。(定例・毎月十七日夕より徹夜数日)
 特講には、中途参加や、一部受講は半煮えになり、逆効果となりますから、全期間完全に参加出来る人のみとなってあります。
 参観者の入場の余地もありませんし、それでは難解や誤解が生じ、何も判りません。
 内容の一端を知り度い人には、何方でも歓迎しますから、特高研附属解説部へ遠慮なく来られて、具さに調査されることです。
 和歌山県那賀郡上名手支部の亀井正子さんの強引過ぎると誤解される程熱心な勧誘に、断りかねての余り顔だてのつもりで、二日程受講して帰る予定で参加した人ですが、二日目から面白くなり出して、非常な悩みが非常な喜びに変り、一週間を終了してもなお残り度い位によく解り、帰宅後「先ず実行」と家族や周囲の人に特講の内容について何も云わなかったのに、家庭全体が急に円満になり、鶏は元気になって毎日四貫目以上産卵するようになったそうです。飼料も特講で会得した給餌をしたために、頗る割安となり、こんな飼料でこんなにも産んで呉れては、鶏体に差支えないかと、鶏にますます慈愛の情が込められ、且つ合理的となったために、病廃鶏が全く出なくなり、いよいよ、ますます精出して働いて呉れるそうです。
 この場合、よく産むから家庭円満になったのでなく、受講しなかった家族の人が子供迄怒らなくなり、和かになった方が先であったこと、そのため、鶏が元気になりよく産み出した点について知らねばなりません。そうではありませんか? 家内中仲よく楽しく暮らす家が栄えるのは道理でしょう。
 皆さん、楽しいこんな家庭を造り度くありませんか。そんなことに一週間でなれるのですよ。
 怒れるものを堪忍するのは苦しいです。それではダメです。一週間の講習を受ければ、如何なる場合にも絶対怒れない人になれて、怒りの苦しみから解放されるのです。この点も保証しているのです。絶対に怒れない人にして上げます。
 また、高い餌を多く与えた処で多産するものでなく、特別経済飼料に切り変えれば安い餌代で却ってよく産むことも知らねばなりません。
 人間でも、心に不満・不安があれば如何に贅沢と思われる珍味も口に不味く、栄養が摂れない如く、鶏にも快適な管理と環境を与え美味しく食べさすなれば、粗食でもよく食べ、健康でよく産むものです。
 家庭を和やかにしようと、不和に暗くしようと家族の誰か一人が真から判れば必ず自由になりますが、殊によくよく調べてみると、老婆が案外主婦の座を占め、一家を牛じって威張っていることもあり、主婦が自分自身を厳しく反省し、その誤りに気付いて改め、和やかになると、夫も子供も老父母もキットやさしくなり、一家は和合します。そして、愉快な気持で鶏を飼えば鶏の成績のよくなることは云うまでもないでしょう。
 家庭の繁栄と幸福な安定した生活を願うなれば、他を責める前に自分の方に無理を押し通そうとしてはいないか、間違いがないかについて考え直す必要があります。
 養鶏の成績についても、鶏や飼料商や孵卵場をなじる前に、自己に手落や自分の心の裡に、怒りや悩みがないかを正すことです。
 また他に間違いのある時は、怒らずに怒らさずに直す方法がありますから、泣き寝入りしたり屈従する必要はありません。
 京都府園部町南八田の奥村和雄さんが受講され、受講しなかった奥さんの方が、却って御主人にも増してよくお判りになり、矢張り家庭はますます親和幸福に包まれ、今ではその喜びを広くお分けするために自発的に、日夜東奔西走活躍されています。飼鶏の産卵が数も大きさも急に上昇し、病鶏が少しも出なくなったそうです。
 京都府船井郡梅田村の加藤源治さんの鶏も、以上の方のように八割以上産卵し、増加する一方で、乳牛も乳量と、脂肪率が二・七から三・三に高まり、乳価が五円高に仕切られているそうです。一家の愛和歓喜がみなそうさせるのです。こんな家庭が一回の講習で造られるのです。受講者全部の変り方を調査されるなればどんなに幸福嫌いの人でも誰でも特講を受け度くなりましょう。
 いま全世界に急速に拡がりつゝあるのです。
 戦争の無い世界に急に転換する原理と、方法と、事実・・豊満な物資と健康と親愛の情に充つる安定した、快適なかつてない新しい現存のヤマギシズム社会の一端をお目にかけて、確信を得て頂きます。
 どんな事情があろう共、盲腸炎にかかったと思えばイト易し、山岸養鶏成功のために、一家、一生、子孫末代まで全人の仕合せのために、特講へ参加されますことを、誠意と責任を持って勧誘する次第です。
 この鶏界好況の年に、損をして不愉快になり、廃業しかけている人があります。小利に甘んじている人もあります。かような人も直ちに好転し、本当に大儲けが出来ますことを保証しておきます。
             一九五六、二、二五

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:42

九、山岸養鶏成功の最大条件

 今や山岸養鶏は、直接・間接に、全国各地に普く広められましたが、実は山岸養鶏の部分的な、しかも外形的なものが多く、または全く似て非なるものや、逆行し損失・破滅へのコースを辿っているものが大部分です。
 山岸養鶏では、永久に責任を持ち、一人の失敗者も出さないことを繰り返し確約しているのに何んとしても惜しいことです。
 如何に外観の立派な自動車も、車台や車輪が無類に優秀であっても、エンジンが粗製品ではエンコ、エンコで目的地へはいつつきましょうやらです。
 またエンジンも精巧強力であってもハンドルなしでは、ハンドルがあっても運転手が狂っていたり、方向を間違えていては、これも結局、結果、結末におきましてスコーシばかりヨロシクござりませんね。損へ損へ、奈落へと突走りなさいましょうね。ブレーキも必要です。
 そんなに損が致し度いのですか、お気の毒でコチラ見ちゃ居られませんよ。鶏舎ができた。雛が百%育った。うれしいかね。損失街道へのスタートですよ。
 難かしいのはそれから先の成鶏の飼い方如何にあり、千円の餌で二千円の卵に代えるのも、五百円の卵代でブツブツこぼすのも、やり方次第です。
 山岸養鶏では、鶏舎や育雛だけ真似た所で不完全なものです。
 本当に永久に儲かる山岸養鶏独特の秘訣を会得して下さらないと、あなたの損ですよ。

 山岸養鶏成功の秘訣

 一番大切な条件について早く知りたい人は、何をおいても先ず、特別講習会に参加されることです。
 責任持って答えますから一日も早くお寄りなさい。今儲かっている人も、もっと儲かるように特別講習で勉強して見なされ。
 受講料は講習終了後でもよろしい。
 効果がなければ払わなくてもよろしい。
 鶏で五万、十万損するは、訳なしです。
 一文おしみの百失ない。
 儲けるのと、上下勘定するなれば一週間と数千円は知れたものです。
 特講の度毎に会の会計は、数万円宛の赤字だそうです。
 見ずして、行わずして、寄らずして、真相を調べずして、ツベコベいう勿れ。
 後でベソかく世迷い言を並べる前に、兎に角直接来てみて、よく、検べなされよ。
 特講を、ナゼこんなに矢つぎ早やに開かねばならぬか。
 全国から続々受講者が押し寄せて来るか? そして一人残らず満足して自信を持って喜々として帰り、素晴らしい成績を挙げているかを。
 来れ。見よ。
 この事実。
             一九五六、三、二三
1  total 1p
▲ page top