BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― マイプロフィール ――
1 2 3 >> total 3p

Category: マイプロフィール | 2009.12.01 Tuesday 21:00

満9歳になりました。

2000年12月1日に、鈴鹿に移り、今日で丸9年になりました。
そして、このホームページを始めてから、5年余りが経ちました。
このブログも、ここらでチョット、ひと区切り付けようと思います。
どうせ遊びだしね。同じスタイルが続くと、飽きてきてね・・・。
すっきりと、シンプルに、一からスタートしてみます。

多くの心ある有志に抱かれて、毎日々々、愉しく面白く、ぬくぬくと研鑽三昧で、申し訳ない程です。
この開放感・暖かさ・軽さ・心地よさ・気楽さ・・・は、いったい何だろう。


いろいろな試行錯誤、変遷を経て、ここの活動や暮らしぶりを「研鑽コミュニティ」と呼ぶようになりました。
紙面やネットで紹介できるのは、現象面のほんの一端です。
ここに暮らす人々の安心度・満足度・ゆったり感・心の落ちつき・晴ればれ度・爽やか度・シンプルな人間関係・・・などなど、なんだか夢見心地のようで、とても文字や言葉では現わせません。
人と社会の研鑽・研究を繰り返しながら、移りゆく人や気風の変化を見て、「はぁー!、人間ってこんな風に暮らせるんだぁー!」と感嘆するほどです。
見に来て、人や空気に触れてもらえば、多くの人がその違いをきっと感じると思います。
・・・と言っても、改良・前進、改良・前進の途中の一コマで、一ヵ月先も予想できません。これからどんな展開が産み出されるのだろう・・・? 

では、このブログは、このページにて・・・      一からの新たな初めより

Category: マイプロフィール | 2009.12.01 Tuesday 00:00

僕も思ってた「そこは実顕地だと・・・」

19歳から45歳までの約26年間、ヤマギシに居た。
そこで、約20年の間、僕も「そこは実顕地だ」と思っていたんだよね。
    (まあ、そのまま思っててもよかったんだけどね)
本当に面白いのは、それから後のことだよね。
面白いのは、周囲のことではなくて、僕の中のこと。
山岸さんが遺してくれたものに出会って、みるみる内に僕の中が変わって行った。
「実顕地」は、本来の人間社会のための一つの「具現方式」だよね。
そこに目を向ける人がいなかったんだろうね。

いちいち書くの面倒だから、書かないけどね。

Category: マイプロフィール | 2009.01.20 Tuesday 12:00

内観コースに参加しました

2009年 正月早々、研鑚ライフセンターの内観コースに参加しました。
幼い頃からの自分をじっくり観つめてみました。
両親、特に母親に対する、その時々の自分の心境や思いが蘇ってきました。
そして、何よりも大きかったのは、ヤマギシでの26年間の自分を振り返って観たことです。
私としては、両親のもとで暮らした19年間よりも、ヤマギシでの26年間が今の自分を形成しているな、と感じる程でした。

1974年7月に豊里で暮らすようになり、そこで杉本さんに出会いました。それ以後、杉本さんの考え方や生き方に惹かれ、多くのものを注いでもらい、それを吸収してきた日々であったように思います。

1993年頃から、杉本さんを通じて、山岸さんの著述や口述や録音に触れる機会が多くなりました。それからが、私の大きな転機になってきたようです。山岸さんが遺したものに触れれば触れる程、「これは今まで思ってきたものとは違うぞ」という感が強まりました。
ヤマギシズム、研鑽、社会、人間、そのいずれをとっても、今まで自分が捉えていたものとは違うのです。
そうして、ヤマギシズム、研鑽、社会、人間、について研究意欲が増し、有志と共に話し合い、活動する暮らしになっていきました。
杉本さんから手渡されたノートやテープから、山岸さんの思想に触れ、本当に多くのものを齎され、それは今も続いています。

Category: マイプロフィール | 2008.07.31 Thursday 21:00

ライフワーク

人間と社会に関する問題をやってきた

そして、人間にとっての本当の幸福と、人間らしい本当の社会のあり方と実現方法がハッキリしてきた。
それを実験・実現するために鈴鹿に来たともいえる。

その内容を説明するために解説文などを書いて、公開しているが、
とにかく書いたものを読んだくらいでは、「そんなこと実現できる訳がない」と相手にされないから、
規模は小さくても、実際に実現されたものを見れば、誰にも分かり易いと思って、それをやっている。

説明といっても難しい内容ではないので、先入観念を入れずに理解しようとして読めば、誰でも分かると思うので、10年先20年先のために、書き貯めて、遺しておこうと思う。

Category: マイプロフィール | 2008.03.18 Tuesday 08:00

懐古・回顧 かな?

このホームページの始まりは2004年。最初の頃は、ヤマギシ時代のものを載せていた。
今は、< 小論 と 解説 >というコーナーにまとめてある。
1993年〜1998年、毎月のテーマ解説を書いていた。下記は、その頃のもので、タイトルは見たことあるけど、紙面には出してなかった気がする。ある意味で、僕のルーツのような一面もあるので、改めて紹介します。
 ↓↓ クリック
1 2 3 >> total 3p
▲ page top