BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < つれづれ > ――
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> total 19p

Category: < つれづれ > | 2007.09.20 Thursday 23:00

希い と 目的  (続きの続き)

こんな仕事がしたいんだけど・・・、こんな住まいが理想なんだけど・・・。
「えぇっ! そんな仕事、うちにはないよ! そんな家ないよ!」
・・・という返答しかできないのは、よほど、頭が硬化しているか、視野が狭まり、考える力が弱まっているのだろう。

研鑽する頭脳は、「頭の柔軟さ」も「物事に対する順応性」も年齢に伴いどんどん高まっていく。どんなに難題と思われるようなことも諦めることなく、どこまでも創造的に考え出して適応していける。

「職や住まいがあればなあ」と指をくわえて待つか。
「職も住まいもいくらでもある」と凡てが手中の広大な世界。
 新聞広告を見ても、街には職も家もあふれている。

人がいる、物がある、職もある、家もある、そして、真目的・研鑽があると・・・。
何にでも、この方式はあて嵌められまして、その根本理念は、物にしても、心にしても、生命等迄も、それぞれその持ち味を、最大に役立たすことで、真にその価値を生かすことにあります。(具現方式は何にでも)

壊したり作ったりしなくても、現状そのままを最大に生かせる人。
キメツケなく、柔らかく考え、目的に集注して、積極果敢に行動できる人。

Category: < つれづれ > | 2007.09.15 Saturday 23:30

希い と 目的  (続き)

おーい 元気にしてるかー?
そちらでも、楽しく面白くやってるんだろうなー。

こっちではね・・・、
・ 一緒にやりたい仕事、手を貸して欲しい仕事が、たくさんあるんだ。
・ 風土・環境も暮らしやすくて、ほどよい距離に住まいもたくさんあるしね。
・ 近所に親しい人がたくさん居るっていうのは何かと心強くてね、なんでも自分だけで考えて処理せんならんことないし、助け合い任し合って暮らしてるよ。

よければ、いつでも、こっちへおいでよー。

Category: < つれづれ > | 2007.09.15 Saturday 10:00

希い と 目的

とても具体的な案だけど・・・
鈴鹿にいる、あるいは各地にいる、息子や娘たちに!!
私たちの手で、職と住まいを!!


息子や娘たちの幸福を希わない人はいないと思う。
でも、「自分の目的」がそうなってる人でないと出来ない。
頭の中の思いや願いで行動しても、一生実現しない(ワケがある)。
頭の中の願望や目的ではなくて、その人の目的になると、それを実現する行為行動→暮らし→生き方→人生になる。
その人の目的を実現している人。
自分の目的で暮らす人、行動する人、ずいぶん増えてきたと思う。
やることは、とても具体的で、分かり易くて、簡単なもの。

自分のためよりも、息子や娘たちのために自分を使いたい。
使いものになる自分に成ることが急がれるのかな。
息子や娘たちの幸福が「自分の目的」に成れば、「自分の目的」にしか自分を使わないから、おのずと成れるけどね。
「自分の目的」になると、惑い捉われなく、希いに賭けられるけどね。

愛児に楽園を贈る具現方式
保険・年金・社会保障・財産の貯えに頼らない本当の安心と満足を・・・。
頭の中の願い・目的ではなく、「自分の目的」を実現する人なら・・・、
ああしたらどうやろ、これはどうやろ、あっちもある、こっちもある・・・と、何でも共鳴する。即やれる事いくらでもある。
目的を実現する具現方式は、いくらでもある。

Category: < つれづれ > | 2007.08.20 Monday 12:00

コペルニクス的転回・・・かな?

赤信号だから、止まる。
金が要るから、稼ぐ。貯蓄する。
時間が決まっているから、それに合わせる。
規則があるから、守る。
相手がそう言った。
こういう被害を受けた。
うまいラーメンだ。
立派な家だ。
ひどい人だ。
そういう出来事があった。
こういう事を体験した。

みんな、自分の外のこと(動かせない事実)を言っているつもりだろう。
これを「天動説感覚」と呼びたい。
みんなが、この感覚で暮らしているので、気づかない。
 「特講の怒り研や、のこれますか?」もキッカケにはなるが、その体験を調べる機会がなければ逆効果だと思う。

「地動説感覚」なんて想像もできない。そういう人が居たら、ガリレオのように排斥されるかもしれない。未だ、そういう時代。
研鑽が始まるか、始まらないかは、これほどの変革であるということ。

Category: < つれづれ > | 2007.07.11 Wednesday 22:00

旧知の方々へのお便り

研鑽社会化活動の近況

お元気ですか。たいへんご無沙汰しております。
この度、公的機関の認証を受け、研鑽ライフセンターNPO法人が設立されましたので、ご案内申し上げます。
2002年より生涯学究制として、合宿研鑽会を設け、毎月開催し、昨年、生涯研鑽生活制度「研鑽ライフセンター」がスタートしました。

この背景には、ヤマギシ在籍時からの「理念研」→「試験場」→鈴鹿に来てからの「理念究明所準備会」→「人間社会科学研究所」という活動があり、現在は、人と社会を科学する研究機関「研鑚科学研究所」を設けています。

私達の目的は、「研鑚ライフセンター」でも「研鑚科学研究所」でもなく、
真の幸福社会の実現にあることは言うまでもありません。
真目的を実現しようと研鑽を重ねれば重ねるほど、
「人間性養成機関 と 試験研究機関 は 必須」との感は、ますます深まるばかりです。

山岸さんが究明・考案されたものを、いくらかでも理解し受け継ぎ、更に練り固め、次代・後代へ贈りたいと念うものです。
ヤマギシズムに基づく「研鑽社会システム」を構築しつつ途上にあります。

ここへ来てからの6年余りの活動の奇跡は、世界中どこからでも閲覧できるよう、ホームページに公開しています。
研鑽社会化活動「研鑽コミュニティ」 と呼んでいます。

唐突でしたが、今後とも私達の活動をずっと見守って頂きたく、お便りさせて頂きました。
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> total 19p
▲ page top