BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < つれづれ > ――
<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >> total 19p

Category: < つれづれ > | 2006.07.01 Saturday 09:30

やろうとする人によって・・・

ヤマギシズムに出会い、親愛社会を志向し、
「人と人との繋がりを大切にして、仲良し社会を作ろう」というようなことを思ったり、言ったりする人は多い。そこをもう少し突っ込んで・・・、

「真の人間向きの理想社会、本当の人間社会、無所有一体生活、ヤマギシズム社会を実現しよう」
・・・という話になると、退く人も多い。その理由として思うのは・・・、

 ・「ヤマギシズム」とか「真の・・・」というのが分からない
 ・「ヤマギシズム」とか「真の・・・」という言葉に変なイメージがある、窮屈な感じを抱く。

 ・・・で、自分なりに描ける親愛社会・仲良し社会をやりたい。自分なりの考えでやりたい、との人も多い。

揺るぎない本当の社会を実現するには、そこを通るしかない道があるのではないか。
本当(真実)のものを見極めながら行くしかないのではないか。
自分の考えで良いと思うものをやるというのでは、本当に願っているものは実現しないのではないか。

 ・・・と、自分の意見や考えは大いに出すが、それを優先・重視しないで、「本当はどうか」の「研鑚」で同調の人と共に実践しようとする人。

生きている間に実現したい目標のある人は、今の自分の毎日・毎日が、それを願っての暮らしなのか、実際にやろうとしてやっているのか、だと思う。

生涯学究制の会員だとか、研鑚会に参加しているとか、as oneに関わっているとか、ではなく、所属や名目などに関係なく、各自の目標を実現しようとする人たちの日々の結束・実践が、生きている間の足跡となると思う。

自分を調べ知ることや、自分で働き稼ぐこともあるが、それに終始する人生で済ませたくない、「生きている間に何を実現して後代へ何を遺すか・・・」
ここに焦点を定めて生きる人や、「どうしたら実現するか」「どうやって実現していくか」を、語り合う場が、もっともっと現前して動き出すのを期待しています。

Category: < つれづれ > | 2006.06.17 Saturday 15:59

研鑚を知らずに・・・

 ヤマギシズムに出会い、それに惹かれ、何年も活動してきた人が、他のものに出会い、それに惹かれ、力を注いでいる・・・・という例がある。
 ヤマギシズムを否定している訳ではないだろうが、他の方に惹かれ、そちらへ傾倒する。
 「研鑚では」「研鑚会では」解決しなかった、スッキリしなかったことが、○○へ行ったら、解決した、スッキリした、・・・・と。
 中には、ヤマギシズムより、研鑚より、もっと優れているものがあった、・・・と云う人も。


 これらは、ヤマギシズムが、研鑚が、本当らしいと感じてやってみたけど、「分からない」「分からなかった」「会得できない」「自分のものにできない」「使いこなせない」等々、ということかと思う。
 そして、他のものに行ってみたら、「分かりやすかった」「スッキリした」「解決した」ということかと思う。


 自分が、「分かった」か、「分からない」か、ということになると、「分かった」と思うものを良いと思うことはあるにしても、「分からない」ものに対しては、良いとも悪いとも、優れているとも劣っているとも、云えないだろう。
 何年も、何年も、研鑚、研鑚と云ってやってきたけど、「研鑚のなんたるか」が分からず仕舞いで(どうにもこうにも分からないから)他へ行くんだろうなぁと思う。

 (・・・こういう人のことかな? ヤマギシ難民 という言葉聞いたことあるなー)


「研鑚」・・・そう簡単に分かってたまるか!という気もある。
でも、すなお(零位哲学的)に、ありのまま見聞きすること(真理の究明)ができる人には、分かりすぎるくらい? 分かり易いものと思う。
 頭悪い・頭硬い か 頭良い・頭柔らかい か 研鑚が分かるかどうか は 知能テスト みたいなものだね。

Category: < つれづれ > | 2006.05.13 Saturday 23:59

ほんとう研

社会革命は如何にして・・・

かつての農村実顕地は、一体で養鶏をやろうとした。
今、僕たちは、一体で会社をやろうとしている。

養鶏やってます。会社やってます。
でも、タダの養鶏じゃない。タダの会社じゃない。
一体の会社をやろうとしています。会社で一体をやろうとしています。
「一体の会社」とは・・・
             個人と会社が一体
             私用と社用が一体
             暮らしと仕事が一体
             家庭と会社が一体
             働く人も働かない人も一体
             腹が立つ人も立たない人も一体
             研鑚会へ行く人も行かない人も一体

「一体経営の会社」
「一体生活の基盤となる会社」
「一体社会の縮図を顕わす会社」

「ヤマギシの延長みたいで言いにくい」とか何もない。
「社会づくりだ」「支部活動だ」なんて言わなくていい。
「会社やっています」 「as one」という会社やってます。
タダの会社じゃないんです。チョッと普通の会社と違うんです。
ヤマギシや学園を経た人達にも、そうでない人達にも、誰にも分かり易い。
「会社やっています」・・・コレを思いっきり打ち出して行こう。

as one company と呼んでいきたいなー!!

【corporation】 コーポレーション
 1 法人。社団法人。2 株式会社。有限会社
【company】 カンパニー
 《companio(一緒にパンを食べる仲間の意)から》会社。商会。
 1 相手 仲間 交友 2 行動を共にする 一行 一団 3 コンパ ...

Category: < つれづれ > | 2006.04.09 Sunday 11:39

ほんとう研

「本当」は空想   で 「間違い」が現実?
     そ れ と も
「本当」こそが実在 で 「間違い」は虚像?

どういう世界に住んでいるかの違いかなー。
同じ「本当」という言葉を使っても、ぜんぜん異なる「本当観」がある。

本当を願っているが、眼につくのは間違い・欠点などなど、出来ていない処に関心がある? 「本当」には関心がない?

本当は遠い彼方のものではなく、いつでも、どこにでも、なににでもある。
本当、本来、本体、・・・・そのものの本当、本来、本体。

液体の時は水、気体の時は水蒸気、固体の時は氷、・・・・その本体は、H2O。
容姿・性格・思想・言動・・・・・その人の本体は・・・?
紛争・貧困・法制・道徳・慣習・・・・・その社会の本体は・・・?

変わり者会も、研鑚セミナーも、研鑽会も、as oneも、本当・本来・本体に気づき復帰するためのもの。

本当・本当 と言葉ばかり唱えていて、実際は「本当」を観ようともしていない。関心もない。
それでは「本当の社会」は観えない、訪れない。
やはり「本当の人間」「本当の社会」を知ることから、と思う。
それには、架空・空想・頭の中のことでなく、実在する「本当」を観て採る練習を・・・。

次回までの宿題は「本当の人間像」と「本当の社会像」。

Category: < つれづれ > | 2006.04.07 Friday 06:41

道理

「酔い」や「慰み」を

  肯定・温存・助長していて

     本当に住みよい世界が

          できるわけがない
<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >> total 19p
▲ page top