BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < つれづれ > ――
<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> total 19p

Category: < つれづれ > | 2007.05.13 Sunday 11:00

20代 30代 の諸氏へ

36歳の春、ヤマギシズムに出会って、20年目に一体の理に触れた感じがした。
それから後、2年程して、真実と研鑽が自分の中で繋がった。

1年や2年、研鑽会に参加し続けたところで、研鑽を会得できるものでないと思う。
今から、その方向で進んだとして、10年かかると思う。
10年かかっても、20年かかってもいいけど、今やってるくらいの研鑽会は、自分で実現できるようにならないと、将来この社会は決して実現しない。
外からの借り物や頭で覚えたものでは、その場に研鑽を実現することは、到底無理。
何があっても、意識しなくても、研鑽で頭が働くようになること。

研鑽を会得するまでは、まだ自分の頭は、宗教・信仰的だと思っておいたらよいと思う。
成果が上がると、「良いなぁ」と思うもの。これ全部宗教。
宗教アタマでは、研鑽がみえない。
真我も野島も研鑽も同じように見える。

長年、ヤマギシやってても、自分のものでやってない人は、自分の中に研鑽が培われていない。当然、研鑽と研鑽でないものとの区別がつかない。

研鑽を会得して、研鑽を実現できる人になろうとする人が欲しい。
事業経営なんて、上手にやる人、世界中にゴマンと居る。
研鑽を実現できる人、いまだ数人しか居ない。

考え方・あり方・思い方・納得の仕方の勉強ではなくてね。
先ず、現状の自分を知る、自分に着いているものを知る、目をそらさないでね。自分に着いてるもの見えたら、その先、真なるもの・・・。
自分で自分の中に見出すしかないよね。
周りに振り回されて、周りが気になって、自分のこと見てないもんな。

真実研鑽も自分の中にしかないと思うけど、いきなり、それ追いかけても、おぼれて、助けを求めて、やさしい宗教に心奪われていくのが、オチだからね。
10年かけて、自分の中に研鑽が宿るようにね。

Category: < つれづれ > | 2007.03.24 Saturday 12:32

山岸会養鶏法に 遊び 嗜む

八 農 業 養 鷄 に は
技術よりも經営を、技術・經営よりも根本原理を先に
1 食卵養鷄が最適
2 飼鷄の適合羽数
3 鷄種は卵主交配種が有利
4 鶏舎は大体平面屋内式とします
5 育雛適期は春1回限りとする
6 育雛設備について
7 早期に乾燥屑米の無制限不断給餌とする
8 緑餌
9 水
  :
  :
  :
七 農 業 養 鷄 と は
農業養鷄の使命
農業経営の一環としての農業養鷄
副業養鷄は永続しない
農法と養鷄の関連性
鷄糞と農業経営
肥料問題の解決
農業養鷄の強靭性
経営上の弱点
その対策
技術面の弱点
その対策
余剰労力と人間生活
山岸会養鷄法の一貫性
物心共に滿ち足りた協力社会へ
農業養鷄の真髄
私はよく誤解されますが、共産主義を最上と考えるものではありませんし、又現在の資本主義経済は否定して居ます。他にこれ等と別に、全世界の人々の求める最上の社会組織なりと確信する、山岸イズムがあります。


産業をやる人は、それぞれの立場(例えば、派遣部門とか、飲食部門とか、流通簿部門とか)を、農業養鶏のところと置き換えて、拾い読みや走り読みでなく、繰り返しよく読んで研鑽すると、分かりすぎる程よく判り、現実味を帯びてくると思う。
  コンピュータをやる前は、実践の書や養鶏書を書写していました。
  コンピュータをやるようになってからは、資料を入力しました。
幼稚で迂遠に見える方法も、素読100回するより比較にならない埋蔵量を宿すかもしれません。
   てあしにも きかいやかねにも たよらない
      あるものみえる あるものいかすが けいえいかな

Category: < つれづれ > | 2007.02.23 Friday 16:00

キレイな人間

シャンプー・石鹸 たくさん使って、毎日 毎日 洗っている。

外面をいくら洗っても、人間はキレイにならない。


たくさんの汚水を流すより、体に垢を着けたままでも、トータルに見たら、地球環境にいいかな・・・

良かれと思って、一生懸命にやって、実際には害を撒き散らしてること、たくさんあると思う。

Category: < つれづれ > | 2007.02.09 Friday 19:00

「社会観」の元となる「人間観」

自分優先・金稼ぎ、競争や勝ち負け感、努力や頑張りなどに慣れてしまうと、人間本来の姿を見失っていく。
義務・責任や規則・罰則、人の上下や貧富の差などが、有って当たり前になると、本来の人間社会を見失っていく。

人間を知らないで人間をやっている。人間を使っている。
人生を知らないで、人生をやっている。
でたらめな人間使い、でたらめな人生。

人間とは、何する生き物か。
生きるために食べて、食べるために稼いで、稼ぐために働いて、・・・

働くことに重きを置いているうちは、人生が見えない
よほど働くことが好きなんかな
まるで働かんならんようにして働いている
働くより研鑽したら良い
7〜8割を研鑽に使ったら良い
働くのは、2〜3割で済むようになると思う
働くことに重きを置いた頭で、働きながら研鑽しようなんて、絶対ムリと思う。
自分を働くことに費やして、他の人をも巻き込んで、人を働かせる。

自分の中に固まっている頑固な頑固な「人間観」は絶対に崩そうとしないもんね。
自分の中に頑としてある「人間観」から、人生を見てる、人を見てる、自分を見てる、仕事を見てる、社会を見てる。
自分の中の「人間観」さえ解放したら、凡てが、ガラガラと崩れるのに、それには一切触れさせずに、自分の「人間観」で毎日、毎日、働いている。働かせている。
そういう状態では、人間について、人生について、仕事について、社会について、話し合いが出来ない。
話にならない。


自分が、やったり、やめたり、は出来る。
人にやらせたり、やめさせたり、は出来ない。
この辺りに、根本的な鍵があるような気がする。

何かで人を動かせるかの如く、洗脳され?錯覚している?
自分も何かに動かされているような・・・。
自分は、自分の意志や欲求で行動しているつもり、でも、その内実は、
やらない訳にはいかない、放っておけない、そんなことするもんじゃない、そんなこととても出来ない・・・
人間が決めたもの、自分の頭の中のもので、自分にやらせたり、やめさせたり、している・・・無自覚に

自分自身、仕事や役割に動かされ、常識や社会通念に制御されている。・・・でも、やりたくてやっているつもり、自分の意志でやっているつもり。


働かないと生活が行き詰まる?
 今でも、あまり余裕がないのに、せめて、もう少し余裕ができるところまで働いて・・・・と、働くことで、解決するように思っている。

働かないと生活が行き詰まる?
 働くと生活に余裕ができる、という考えそのものが、本当にそうか、どうか。

働いて、働いて、収入を得て、お金の心配なく、研鑽会に参加する時間もとれて・・・・。それで満足? その先に理想社会がある?
頭を使わないで、体ばっかり使ってる。
人間の使い途を知らない。人間を知らない。
人間は働かす動物だと思っている。


テーマは人生を知る
人間を知る 人間とはどういう生き物か。
「やること」ってあるのか
他の動物に「やること」なんてないだろう
えさを獲って食べて、寝て、じゃれ合ったり、遊び回ったり、・・・
生きるためにやっているようなこと、みな本能的欲求からだろう。

人生→生きる→動く→何かをやる「行為」→結果(成果・産物)→齎し合い、分かち合う
これが人間の頭の中で、逆流する。
結果のために→何かやる→そのために生きてる・・・みたいな・・・?
良い結果を出さないと、やった意味がないとか・・・
何かやらないなら、生きてる意味がないとか・・・

Category: < つれづれ > | 2007.01.05 Friday 22:00

知 ら せ た い

なんとかして、一人でも多くの人に、このことを知らせたい。

自分自身が、本当に幸福に生きるには、先ず「自分を知る」ことだと・・・
責め合い・縛り合いのない、安定した快適な社会を実現するには、先ず「自分を知る」ことだと・・・

この事の重大さを実感したら、その人の中で必ず何かが動き始める。
一人でも多くの人に、この事を知らせることによって、その中から、必ず、この事の重大さを実感する人が現われる筈。

私も、この事の重大さを認識しているつもり。でも、どこかに、もっと、もっと、この事の重大さを実感する人がいるかもしれない。
もしも、そういう人たちが、このことを知ったなら、いったい何が起こるだろう。どんな展開が始まるだろう。

「自分を知る」から始まる「研鑽ライフ」を、一人でも多くの人に知ってもらいたい。

http://as-one.oain.jp/
http://www.scienz-school.jp/
http://www.scien-z.org/
 ↑ これらは、未熟ながらも、知らせたい一心からの ささやかな活動です。
 このブログも勿論、知ってもらいたいから、です。

今年は、「研鑽ネットワークオフィス」も始動するそうです。
過去の人たち、そして、みんなで積み上げて出来たものを、自己の代で停滞・消滅ささずに、周囲及び後代へ知らせ伝えずして、なんの人生か! です。

「研鑽セミナー」 から 「自分を知るための研鑽会」へ
「自分を知るための研鑽会」 から次の人を 「研鑽セミナー」へ
「自分を知るための暮らし」から「自分を知る」を「知らせる暮らし」へ
<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> total 19p
▲ page top