BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― < 世界革命 > ――
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >> total 9p

Category: < 世界革命 > | 2005.11.26 Saturday 09:52

メモ

原理 心理的方面の解決 と 社会構成の真髄

方法 精神面で真実のあり方を知る 物を豊富にする 社会機構を正しきものに組み建てる

  ・社会 自由・平等

  ・人間 人の幸福・最適 = 心の正常・適材適所
       心の正常〜知性育成〜人格形成〜個性発揮〜最適・快適

人間社会・・・自由平等は機構によって・・・
        幸福最適は制度によって・・・
        (心の正常・適材適所)

Category: < 世界革命 > | 2005.11.12 Saturday 09:51

文化を育む

【文化】
  人間の生活様式の全体。
  人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。
  世の中が開けて生活内容が高まること。
  精神の働きにより作り出したもの。
  物質的所産は文明とよび、文化と区別される。

自覚〜人格〜個性〜技術〜芸術・・・人間性を探るなかで 文化 という話に至った。
  教え押し付け・固定停滞のない文化
  人と人とが隔てなく溶け合った文化
  貯蓄・保険に頼らない、不安・心配のない文化
  金銭による売買・損得勘定ない文化
  弧別核家族・金銭物資基調・自由競争の文化とは対照的なもの。

個の活動を指して文化とは呼ばない。
文化の中から生まれた活動・現象は、その文化の現われ・象徴。
文化を育む・・・・ 社会づくり とは、ちょっとニュアンスが違うかなー。
豊かな文化を育み 児孫に贈るこそ 生き甲斐

Category: < 世界革命 > | 2005.07.21 Thursday 08:27

手段と目的

仕事をするのは手段、子育てするのは手段、研鑚会するのは手段、やることなすことが手段。
で、目的は何か。目的があるから・・・をする。目的の為に・・・をする。目的がなければ、やらないだろう。
その目的とは何かというと、言葉では云えても、実態がない。漠然とした曖昧なもの。
やること(手段)は、ハッキリあるのに、目的が曖昧? そんなことあるか? オカシイぞ!!
「この道を行けば確かダ」と云う人が、「で、何処に着くの?」と尋ねられて、「知らん!」と云っているようなもの。

「それはやらなきゃいかん」、「それはやってはいかん」というくらいに、ハッキリ云う人でも、何故か、何故か、何故か、と問うて行くと、何故「やらなきゃいかん」のか、何故「やってはいかん」のか分からんようになる。

目的(そうなること)を願って、やっているのだから、目的のための手段になっている筈だという思いから、やることに一生懸命になれるのだろうか?

そういう思い込みの、おかげ?なのか、やることが目的になって、やることがやれたら、まるで目的を達したかのような喜びや満足感があるらしい。

仕事がうまくやれて良かったね、利益が上がって儲かって良かったね、子どもが育って良かったね、研鑚会が楽しく繁盛して良かったね、・・・・皆それを目的にしている人にとっては、さぞ良いことづくめでしょう。

でも、こちらから、観ると、それがどうしたん?  あーそれからどうした!? というものにすぎない。 何か本当の目的と関係があるのかな?・・・と。

仕事をする人が「仕事するのは目的でない」
子育てする人が「子育てするのは目的でない」
研鑚会する人が「研鑚会するのは目的でない」

などと、云ってたら、さぞかし顰蹙(ひんしゅく)を買うだろうな。常識社会では叩かれるだろうな。

本当の目的を「目的」に置かないと、本当の世界にならない。

Category: < 世界革命 > | 2005.07.05 Tuesday 08:21

つづく もくてきけんさん

『・・・、そういうことも気づかれて、なるほど、鶏でない、目的は鶏でない、と。』
『・・・やはり飼う人自体が、みんなの幸せ、自分の幸せでなしにみんなの幸せを願って、というそういう、あの気持になって、頭で分かったでなしに、それが実行出来る人になって、それからその次に、・・・』
『世界中の永遠の幸せのために、本当の幸せというのはそういうものだと思うんですが、そのために鶏を飼うんだ、或いは鶏は飼わなくても、そういう社会をつくることが先だ、まず自分がそういう人になって、そういう人がだんだんと、同じ気持の人が寄っていって社会をつくる。まあそこで、・・・』


いやぁー!ホントに迂闊だったね。
何々の為にと思って、何々を良くしようと一生懸命、心を込めてやっている。
それは大切なことで、有意義なことで、間違いではないけれど、
いつのまにか、それが目的の如く勘違いしている。
良い何々にすることは結構だが、・・・なるほど、それではない、目的はそれでない、と。・・・気付いた人、自分の目的を知る人で、何々をやる、そういう人でないと本当は何もやれない。

Category: < 世界革命 > | 2005.06.26 Sunday 08:20

キメツケのない社会

人間は観念肥満のためか、どんどんドンカン(鈍感)になっているらしい。
他の動物は、地震を予知して避難するらしい。
台風の進路の変え方とか、勢力の調整とか、そんなに難しくないらしい。
人間の犯罪・暴漢なども、矛先を変えるとか、勢力を調整するとか、できると思う。そしたら、ゆっくりと根本的解決を考えられる。
キメツケが外れると、感性が蘇えり、頭脳も明晰になるだろう。
日々の暮らし、仕事や子育て、組織の仕組みや運営など、頭を使って知恵を巡らせているつもりかもしれないが、もしかすると90%以上キメツケの中で、ほんの10%くらいの枠の中だけで右往左往しているのかもしれない。
キメツケがなくなると、とにかく、どんなことでも考案できる、「そんな無茶な!」というものがない。
山岸さんは、死んだ人を生き返らせられるとか、川の流れを逆にするとか、会の財源は人的に物的に無限大であるとか、言ってたねぇ。台風をなくすことや、クローン人間のことも言ってたらしい。

まあ、とにかく、キメツケのない社会になったら、争いというか、問題というのは無くなるだろうし、そしたら、あとは楽しく面白く人間冥利・幸福生活追究三昧しか、他にすることなくなると思うけど・・・。
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >> total 9p
▲ page top