BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― <山岸さんの声など> ――
<< 1 2 3 >> total 3p

Category: <山岸さんの声など> | 2006.03.31 Friday 17:13

「最後のもの」

もくてきけんさん するには・・・(2006.02.17) の続きです。
録音を聞くには、文章をクリックして下さい。
 ↓ 山岸さんの声の抜粋です。(1961.4.2 名古屋にて)

Category: <山岸さんの声など> | 2006.03.19 Sunday 12:21

山岸さんの唄声



・・あ、あんまり感心しませんわ、ね、酔いどれ運転手にはねえ、乗せてもらいたくないねえ、・・・、

ぉー・・・いやじゃ、いやじゃ、そなたうらよ、ないておどすは、そのうらのうーらーぁぁ
こころだと、わしゃ・・・、なぜにとどかぬ、なあー、このおもいー
なんでこの思いが届かん だい・・・
(1959.7.10 事件直後の会見の中で)

Category: <山岸さんの声など> | 2006.02.19 Sunday 10:09

・・・の指針? いや出発点だな!

as one生活体メンバーを志望する人は、常に志を同じくする一人一人を思い、想いうかべて、何があっても誰ともハダハダにならない、自分たり得る人。
決して自分から 心を閉ざしたり 心を隔てたり 心が離れたり しない心の人。
 −−−なんでもない、当然すぎること。 この一点さえあればよい。
録音を聞くには、文章をクリックして下さい。
↓ 山岸さんの声の抜粋です。(1961.5.2 岡山にて)

Category: <山岸さんの声など> | 2006.02.17 Friday 10:03

もくてきけんさん するには

目的を研鑚する「もくてき」って、どこにあるのか?
事業する目的は? 施設を作る目的は? と寄って「目的研鑚」すると、どこかに一つの共通の目的があるかのように思ってしまい易いのではないかな?
目的って、その事の方にあるんじゃなくて、それをやる人の中のことでしょ?
「その事の目的」や「みんなの目的」ではなくて「自分の目的」を知ることでしょ?
寄って「目的研鑚」するのは何のため? ややもすると、的外れで「いくら探しても見つからない」ということにもなると思う。

録音を聞くには、文章をクリックして下さい。
↓ 山岸さんの声の抜粋です。(1961.4.2 名古屋にて)

Category: <山岸さんの声など> | 2003.12.14 Sunday 16:22

絵 と 写真

<< 1 2 3 >> total 3p
▲ page top