BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― ヤマギシズムについて ――
1  total 1p

Category: < 研鑽の理 > | 2008.08.01 Friday 20:00

研鑽科学(ヤマギシズム)について

【研鑽科学という表現】
40年以上に渡って、日本では「ヤマギシズム」という言葉が、団体固有の名称として用いられてきた為に、この言葉を用いると誤解が生じ易く、あえて「ヤマギシズム」という言葉を避けて、「研鑽科学」という言葉を用いています。
ヤマギシの組織が公表している資料やホームページには、「ヤマギシズム」について言及した解説は殆どなく、「無所有一体の生き方」などという表現がされてある。
無所有一体共用生活が「ヤマギシズム」ではない。
仲良い楽しい幸福社会を作ろうとする会や活動が「ヤマギシズム」ではない。
「ヤマギシズム」はイズムであり、考え方である。
「ヤマギシズム」からくる無所有一体共用の仲良い楽しい幸福社会というものはあるだろうが、
無所有一体共用の仲良い楽しい幸福社会が「ヤマギシズム」ではない。
無所有とか一体などの表現は古来からあるもので、理念でもないし、ヤマギシズムを表す言葉でもない。
敢えて云うなら、ヤマギシズムそのものが理念であり、研鑽が理念である。
「無所有一体社会が宗教化したら大変」(1961.10 第5回理念研鑽会)
「ヤマギシズムは言葉でも文字でもなく、現象でもなく、一つの考え方に過ぎないもので、・・・」(1960.4 ヤマギシズムと山岸会)
「ヤマギシズム」と呼ぼうと呼ぶまいと、中身が「ヤマギシズム」かどうか、つまり「研鑽」があるか、どうか。



【偏らない固定のない科学哲学、即ち研鑽】
研鑽という言葉は、学問・技術・芸術など専門的に深く究めるという意味に用いられる。
私たちが用いている広い意味での研鑽科学は、特定の人ではなく、人間なら誰にも当てはまると思われることで、研鑽(深く究める)ということを平易に云うと、安易に分かったとか出来たとか結論づけない営みとも言える。
日常の見る・聞くという行為でも、見たから聞いたから分かった知ったと結論づけないで、事実・実際・真相はどうなんだろうという考え方を研鑽と呼んでいる。
例えば、薬を飲んで病気が治ったり、拝んで病気が治ったりすると、
「薬を飲んだからだ、拝んだからだ」となる。
「物が落下するのを見て重力の作用だ」となる。
「形態を見て、無所有だ、一体だ、ヤマギシズムだ、研鑽会だ」となる。
これらは現象面を捉えて、そのものを捉えているつもりになっている例と云えるだろう。

このことを、もう少し突っ込んで見てみると、現状では「こんなことを言った人」「あんな行為をした人」と、発言や行動を捉えて、人を判断していることが多々あるだろう。犯罪と云われる行為をした人は悪い人とされるし、皆が喜ぶような行為をする人は良い人とされ易い。

研鑽によると、人の行為についても、現象面の目に見える言動よりも、その言動に至るその人の心の状態や考え方などに重点をおくようになる。
人の言動や凡ゆる事象について、人間の持つ感覚器官で捉えたものをベースにして、その背景や底にある内面・真相・原理を知ろうとする知能の働きが、科学であり哲学だと思う。



【研鑽の実現、本質的なものに重点をおく】
社会組織についても、現在までの社会通念では、規範とか秩序を重んじ、規律を守るとか、真面目に働くとか、そのような現象面のこと(行為)をとても重要視している。
人間教育・躾け・道徳などは、心を大切にしているようだが、やはりその結果、良い行為をするかどうか、行為が悪ければ効果がないと見なす。
良い行為をするのが良い人間で、心や考えが良いと見ている。
逆に、悪い行為をするのは、悪い人間で、心や考えが悪いと見なされる。
正しい心や考えを教育して、罰則によって悪い行為をなくせば、誰もが義務や責任、規則や契約を守り、物が豊富で便利になり、人の幸福や社会の平和が実現するかのように思われているようだ。
ヤマギシズムを名乗っていても、
私有財産を持たないとか、独断独走しないとか、皆で相談して決める等することが、ヤマギシズムを現しているかのように思い易く、そういったことに力を入れるようになる。
現に、どうすることが「ヤマギシズム」なのか、分からなくなっていると思う。
故に、今までやってきた形態を守り踏襲することで、ヤマギシズムを実践しているかのように、今日の活動に意義を付けたがるのだろう。

歴史的事実や社会通念によって「人間とはこういうものだ」との観念が強いために、人間や社会を本質的に見ようとする観点が育たない。現状の人間や社会組織をどうしたらよいかという発想から抜け出せない。

凡ゆる動植物は、正に自然体でそのものらしく脈々と生き続けている。
何故、人間には努力や頑張り、我慢や辛抱、規律や統制が要るのだろう。それは人間の本分である知性に逆行するものと思う。
自然体でそのものらしく生きる人間本来の姿を知ろうとしていないのではないか。
ヤマギシズムは「人間とは、社会とは」と、その本質を科学哲学する思想である。

Category: はじめに | 2008.06.29 Sunday 09:00

まとめの意もこめて

解説的に文章化した方が分かり易いと思いますが、「ああ、そうか」とされるのが目的ではなく、本質を見究めようとする人への投げかけとして、あえて エキス だけを箇条書きにしてみました。つまり、このような内容について共に研鑽できる人を求めています。

人間が人間らしく、人間の本来性を発揮して、より良く生きていくには、
人間の考えを幅らせないで、真理を探究し、それに即応していくしかないのではないか
真理に即応しようとする考え方=ヤマギシズム
真理に即応しようとする社会、それには、真理に即応しようとする人。
それには、真理に即応した社会観を見究める。
真理に即応した社会観を知るには、真理に即応した人間観を知る必要がある。
真理即応の人間観・社会観・・・ヤマギシズム
真理即応の人間観・社会観を見究めようとする・・・「研鑽」


人間観・社会観といっても、一般論を言っても具体性・実用性がなく、
それを、見究めるには、自分の中に実在する人間観・社会観を調べることになる。
自分の中の人間観・社会観を知らないで、真の人間観・社会観を調べようとしても、それは抽象的な一般概論を追うだけで、実在する真の人間観・社会観を見る(知る)ことはできない。故に、本当の意味で、真の人間観・社会観を語ることはできない。
つまり、自分の中にある、人間観・社会観にメスを入れて、研鑽の光を当てて、そこに真なるものを見出そうとしなければ、真の人間社会を知ることも語ることもできない。


社会を知るには、人間(人生)を知る。
人生を知るには、自分を知る。
本当の自分を知るには、現状の自分を知る。
過去から現在に至る、現状ありのままの自分を、素直に見て、知る。
いろんな観念や感情が入り混じって、自分を素直に見れない。
自分を自分の思い考えで見て、自分を捉えている。
もっと、ありのまま、そのまま、過去から現在に至る自分のありのままを観察する。
自分自身を純粋客観視できるか、どうか、が鍵。
感情や印象を入れないで、草花の観察のように、自分を観察する。
凡ては、そこから始まる。


ここまで、来るのが難関の人もいる。
現状のありのままの自分を知ることができると、おのずから、自分の本質、真実的な自分を見ることができるようになる。
自分の本質は、当然、人間そのものの本質に通じるもの。
そこから、人間というものを知る。真の人間観。
人間とは、人生とは、・・・・・真の人生観。

真実の人生を見届けたら、訳なく解明出来るのです。
ここから人間の本来性に即した真の人間社会を創造することができる。

Category: < 一体の理 > | 2007.10.07 Sunday 03:00

ヤマギシズムとは

人と社会の真実 および その実現(戻す革命)の方法
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1) を参照して下さい。

仲 良 し
仲良しは人と人の元々の姿。
仲良くしよう、仲良くなろう、等も要らない。要るとしたら仲良くないから。
仲良くない原因は、持って生まれたものでなく、後天的なもの、人間の考え(自分の考え)。
良いとか、悪いとか、人を裁く考え方で、自分の考えと異なる考えや行動を受け入れられない頑固さ(キメツケの考え)
仲良くない原因(ひっかるもの)を持ったままで、それを取り除こうとしないで、仲良し・協調・平和を実現しようとして、いつまでたっても実現しない、当然の帰結。(かりそめの仲良し)
元々、何もひっかかるものがなければ、会話・協力・接点なくても仲良し。
人類同属である人と人、仲良くない筈がない。
どんな考え・行為の人であろうとも、受け入れない頑固さ(ひっかかるもの)さえなければ、心通い合い仲むつまじく愛し合って暮らせるもの。
自他一体の理


自 由 ・ 平 等
自由・平等は、ありのままの自然な姿であって、あえて獲得するようなものではない。
何もない状態は自由・平等であり、自由・平等でない状態があるとしたら、人間が作り出している。権利・義務・責任・規制・罰則・取り締りなど(束縛・押し付け・悪平等)。
自由・平等という言葉も要らない自然界の上で、更に人間は物を作り出したり移動したりすることによって、他の動物よりも高度な自由・平等を実現する能力がある。
(高度な自由・平等とは、人間が上空を移動できるとか、山間地で海産物を食べられる等々)
それにも関わらず、罰則や人の上下を設けないと安心して暮らせないが如く思い込んでいる今の人の世は、他の動物よりも程度が低いとも云える。
規制・罰則がないと不自由・不平等になるという思い込み観念に気付いて、なぜ不自由・不平等が生じるのか、その原因を取り除いて、元来の自由・平等の上に、昨日より今日、今日より明日へと・・・、人間ならではの高い自由・平等を実現する。
誰が用いてもよい


幸 福  豊 か さ
幸福とは正常・健康な人の姿であり、人間本来の当たり前の状態。
地球上の生物は、地球に適しているのは当然で、正常・健康に生きて当たり前。
(地球上で)人間が幸福に(正常・健康に)生きるのに、努力や苦労が要る筈がない。
人間は人間として人間らしく生きられるように、空気・水・日光・その他の栄養物があり、肉体・精神・知能が活動する。
もしも、不幸や貧しさを感じることがあるとしたら、それには必ず原因があると思う。
健康とは、豊かさとは、幸福とは何かを知り、元来の豊かさ・健康の上に、人間の知恵と力によって、物心共に豊満な快適社会が実現する。
お互いを生かし合う世界


2006.12.22 子ども達に伝えたい
2005.09.20 心の世界
2005.07.09 一体生活調整機関
2005.07.08 こころのせかい

Category: < 研鑽の理 > | 2007.01.12 Friday 18:00

ヤマギシズムについて

研鑽科学によって、自ずと出てくるもの

 「人間本来の姿」と「それに適った人間社会」(易しくシンプルで明快)

 学説・知識・経験に捉われて、複雑になりがち、・・・研鑽科学できない

研鑽科学とは、

  「真理」と「人間の考え」と「現象」の分析、観察、そこからの研究
   ・・・真理に即応したもの・・・真実・・・人や物(や社会)

  ・真理・・・無現象・永遠不変の実在
  ・人間の考え・・・観念・脳(脳髄)の作用
  ・現象・・・事実・実際・事象・物象

  難しく考える必要のないもの、いっしょにしないで、分けて検べる
  研鑽科学できるか、どうかは、分けて検べられるか、どうか。

Category: ヤマギシズムについて | 2004.09.02 Thursday 21:00

ヤマギシズムについて

ヤマギシズムは考え方である。
山岸巳代蔵氏が発見・提唱した考え方である。
人間にとって、自然で、理にかなった、最も理想的であろうと思われる考え方である。

ヤマギシズムとは、どういう考え方か、ということについては、ここで、いろいろの角度から解説を試みているので、参考にして頂きたいです。

ヤマギシズム イコール 山岸巳代蔵思想 ではなく、ヤマギシズムは、山岸巳代蔵思想から生まれたものとも言えるし、山岸氏がヤマギシズムで思索・考察・究明を重ねて、そこから出てきたものが山岸巳代蔵思想とも言えると思います。

山岸巳代蔵思想は山岸氏自身のものであるが、ヤマギシズムは人間にとっての普遍的な考え方のことを指しています。

ヤマギシズムが、どういう考え方かということは、山岸氏の思想を研究することで、より明らかになると思います。

新着記事 へ進む>>  はじめに>>  プロフィール >>
1  total 1p
▲ page top