BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 多数同時相互カウンセリング ――

<< 「仲が良い」とは | main | 心の世界 >>

Category: < つれづれ > | 2005.09.20 Tuesday 09:00

多数同時相互カウンセリング

これは、精神科・心療科・心理学会の学説・常識を根底から覆すものかもしれない。
心を開くことの重要性・・・。そこから、それを援助する専門カウンセラー。
それは主に、1対1で・・・。1対1だからこそ、心を開き易いとされている。

「多くの人の中で心を開く」なんてことは通常不可能事で・・・。が、しかし、これができれば、1対1よりも何十倍の効果があるか測り知れない。

「相互カウンセリング」なんてことは、あり得ないことで・・・。が、しかし、これができるということは、誰もがカウンセラーになり得るということ。

多数の人による、相互のカウンセリングが、同時に行われるという現実。
その場に来て、すぐに始まる訳ではないが、何度となく訪れるうちに、違和感・緊張感がほぐれて、徐々に多数の人の中で心を開くことができるようになる。

否定も肯定もない、励ましも慰めもない、無重力空間に身を置くと・・・、
人の心は・・・。
▲ page top