BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― キメツケのない社会 ――

<< キメツケのない社会 | main | つづく もくてきけんさん >>

Category: < 世界革命 > | 2005.06.26 Sunday 08:20

キメツケのない社会

人間は観念肥満のためか、どんどんドンカン(鈍感)になっているらしい。
他の動物は、地震を予知して避難するらしい。
台風の進路の変え方とか、勢力の調整とか、そんなに難しくないらしい。
人間の犯罪・暴漢なども、矛先を変えるとか、勢力を調整するとか、できると思う。そしたら、ゆっくりと根本的解決を考えられる。
キメツケが外れると、感性が蘇えり、頭脳も明晰になるだろう。
日々の暮らし、仕事や子育て、組織の仕組みや運営など、頭を使って知恵を巡らせているつもりかもしれないが、もしかすると90%以上キメツケの中で、ほんの10%くらいの枠の中だけで右往左往しているのかもしれない。
キメツケがなくなると、とにかく、どんなことでも考案できる、「そんな無茶な!」というものがない。
山岸さんは、死んだ人を生き返らせられるとか、川の流れを逆にするとか、会の財源は人的に物的に無限大であるとか、言ってたねぇ。台風をなくすことや、クローン人間のことも言ってたらしい。

まあ、とにかく、キメツケのない社会になったら、争いというか、問題というのは無くなるだろうし、そしたら、あとは楽しく面白く人間冥利・幸福生活追究三昧しか、他にすることなくなると思うけど・・・。
▲ page top