BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― キメツケのない社会 ――

<< キメツケのない社会 | main | キメツケのない社会 >>

Category: < 世界革命 > | 2005.06.26 Sunday 08:19

キメツケのない社会

動物が人を襲い、自然現象が人に被害を齎すことに対応して、動物を捕獲したり退治したり、台風や地震の予知や、予防策を講じる。
人が人に及ぼす被害に対しては、人を縛り処罰したりする。動物や自然現象には、罰則を設けて処罰するということがない、効かない。
動物でも、自然災害でも、人でも、害を及ぼすものに対抗して、それを食い止め、できることならたたきつぶそうとする発想・方向で臨んでいる。

被害の元となる原因をつき止め、それを取り除くという方向はどうだろうか?
動物や自然との間で争いになることはないと思う。(中には動物や自然に腹を立てて争っている人もいるかもしれない。)
人が急に休んだり働きを止めたりすると、害や迷惑を及ぼしたといって罪悪とされることがあり、処罰されることもある。無断で勝手に急死するのも罪悪か、処罰の対象か?

地震や台風のように猛威を振るい、甚大な被害を齎すものに対しても、対抗措置がなく諦めているのか、人間は被害を最小限にすることに努力する。
それと比べたら、極々小さな被害でも人が齎したとなると大変だ。
地震の原因を取り除くよりも、人災・犯罪の原因を取り除く方が容易だと思うが、縛ったり処罰していても、人災・犯罪はなくならない。
人が齎す被害でも、自然災害のように捉えれば、今よりは平和になる。
人は何を考え何をするのか分からない、外部からの制御は不能だ、と諦めた方が、今よりは平和になる。
地震や台風や人間のメカニズムをよく知って、幸福に生きる方法を考案しよう。
どうしたら、人が人に害を齎すことが無くせるだろうか、と誰のせいにすることもなく、検討・研究する。誰かのせいだとか、誰かの責任にしようとしていること自体、キメツケそのもの。
強風や高潮を防ぐ壁や、地震に強い建物や、犯罪者を牢獄に入れたり処罰したりするというのは、あまりに知恵が無さ過ぎる。
▲ page top