BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― そこは実顕地ではない ――

<< 研鑽科学 第2号 が出ます。 | main | 僕も思ってた「そこは実顕地だと・・・」 >>

Category: < 具現方式 > | 2009.11.28 Saturday 07:30

そこは実顕地ではない

土地をかまえて、そこに施設を建て、その地に移り住んで、生活している。
それは、実顕地ではない。
現在、実顕地と名乗っているもの、全てが実顕地ではない。
いわゆる ニセモノ。
このことは、10年前から言い続けてきたのですが、理解されないですね。
理解すると続々とその地を離れて行くでしょう。
或いは 「そんなことはどうでもいい」 という人ばかりになってしまったのかな。
実顕地とは、家や財産や仕事など現状そのままで一体生活を顕そうとしている地。
そんなのは無理だと諦めてしまったのだろうか。40年前に。
そして、豊里ができ、以後、みんな豊里式・・・。
だから、本来の実顕地は、どこにも一度も実現していない。
(11.25 杉本さん10回忌に想う)


六川での談話(1960) より
 まあ、春日山もあこまで出来たが、あれは皆売り払って出来たもの。それが一点、私等には出来ないわ、となって、あれは特別な人やとなるが、これは普遍性がないという。

山田村の実況(1960) より
「なるほど、それなら共産党やないか?」
 それは全然違うんだよ。全財産を出資したからといって共有になるわけでなし、不動産名義も戸籍面もそのままでええんだよ。
         :
 今度出たとか出るとか聞く『金のいらない楽しい村』ね、あの中に書かれている具現方式はまた一段と画期的な方法だそうで、春日のように家、財産を売り払って集合しないで、現状そのまま、その場で一体生活に融合できる仕組みだそうです。


この後(1961〜) 六川・北条・その他、各地で、続々と実顕地が産声をあげたのだが・・・⇒ 無所有一体へ を参照

Trackback URL


▲ page top