BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 満9歳になりました。 ――

<< 僕も思ってた「そこは実顕地だと・・・」 | main |

Category: マイプロフィール | 2009.12.01 Tuesday 21:00

満9歳になりました。

2000年12月1日に、鈴鹿に移り、今日で丸9年になりました。
そして、このホームページを始めてから、5年余りが経ちました。
このブログも、ここらでチョット、ひと区切り付けようと思います。
どうせ遊びだしね。同じスタイルが続くと、飽きてきてね・・・。
すっきりと、シンプルに、一からスタートしてみます。

多くの心ある有志に抱かれて、毎日々々、愉しく面白く、ぬくぬくと研鑽三昧で、申し訳ない程です。
この開放感・暖かさ・軽さ・心地よさ・気楽さ・・・は、いったい何だろう。


いろいろな試行錯誤、変遷を経て、ここの活動や暮らしぶりを「研鑽コミュニティ」と呼ぶようになりました。
紙面やネットで紹介できるのは、現象面のほんの一端です。
ここに暮らす人々の安心度・満足度・ゆったり感・心の落ちつき・晴ればれ度・爽やか度・シンプルな人間関係・・・などなど、なんだか夢見心地のようで、とても文字や言葉では現わせません。
人と社会の研鑽・研究を繰り返しながら、移りゆく人や気風の変化を見て、「はぁー!、人間ってこんな風に暮らせるんだぁー!」と感嘆するほどです。
見に来て、人や空気に触れてもらえば、多くの人がその違いをきっと感じると思います。
・・・と言っても、改良・前進、改良・前進の途中の一コマで、一ヵ月先も予想できません。これからどんな展開が産み出されるのだろう・・・? 

では、このブログは、このページにて・・・      一からの新たな初めより

Trackback URL


▲ page top