BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 僕も思ってた「そこは実顕地だと・・・」 ――

<< そこは実顕地ではない | main | 満9歳になりました。 >>

Category: マイプロフィール | 2009.12.01 Tuesday 00:00

僕も思ってた「そこは実顕地だと・・・」

19歳から45歳までの約26年間、ヤマギシに居た。
そこで、約20年の間、僕も「そこは実顕地だ」と思っていたんだよね。
    (まあ、そのまま思っててもよかったんだけどね)
本当に面白いのは、それから後のことだよね。
面白いのは、周囲のことではなくて、僕の中のこと。
山岸さんが遺してくれたものに出会って、みるみる内に僕の中が変わって行った。
「実顕地」は、本来の人間社会のための一つの「具現方式」だよね。
そこに目を向ける人がいなかったんだろうね。

いちいち書くの面倒だから、書かないけどね。

Trackback URL


▲ page top