BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 私のいる社会・・・ ――

<< 具現方式として「家計一元化」の試み | main | 悪感情とか 嫌悪感とか >>

Category: < 具現方式 > | 2009.11.07 Saturday 11:38

私のいる社会・・・

研鑽科学研究所研鑽ライフセンターがあり、「自分を知るための研鑽会」「人生を知るための研鑽会」が設けられ、続いて、「自分を知るための内観コース」が設けられた。
更に、今年から「研鑽心理学センター」が開設された。

「人をベースにした社会・人の内面に重点をおく社会・人間性の養成に主眼をおく社会・人間愛を基調にした社会」などなど、いろいろに表現してきたが、その理論究明と具体化の考案、そして、実証と検討という各段階的活動が実を結んできた感がある。

以下は、T さんのブログからの抜粋です。それぞれ社会を構成する一人一人でありながら、顕われてきた社会実態を実感する人が増えつつあると思う。
【全文を表示する】

Trackback URL


▲ page top