BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― ゲストハウス と 研修所 と ・・・ ――

<< 産業理 顕現に向けての一歩 | main | 具現方式として「家計一元化」の試み >>

Category: < つれづれ > | 2009.10.22 Thursday 06:57

ゲストハウス と 研修所 と ・・・

研鑽コミュニティでは、各方面からの来訪者に応えて、懇談や宿泊ができるゲストハウスが設けられました。
研鑽ライフセンター研修所は、3年前に設けられましたが、月のうち約4週間ほとんど休む間もなく、フルに活用されています。
この両施設は、事務局や会社や私たちの住まい等がある街から、約2kmほど離れた閑静な住宅地にあり、研究所関係者も最近よく使わせてもらっています。 右の地図をクリックすると拡大表示できます
私たちの暮らしに限ってみれば、このような施設は特に必要ではありませんが、各方面・各層からの来訪者が増えてきた昨今、とても大きな役割を担っていると感じています。
研鑽科学研究所では、鈴鹿市の熱心な議員さんや他地区からの学者や行政関係者の方々と定例の会合を設けて、研鑽コミュニティをベースにした、新たな社会システムへのプロジェクトを始めています。

以下に、施設の紹介記事がありますので、ご覧下さい。
ゲストハウスと研修所との距離は100mあまりです。
ゲストハウスの紹介  研修所の紹介

Trackback URL


▲ page top