BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 「2000年からの動き 鈴鹿編」 を出版します ――

<< 研鑽科学研究所パンフより | main | 『研鑽科学』 創刊号 発刊 >>

Category: < つれづれ > | 2009.07.12 Sunday 07:00

「2000年からの動き 鈴鹿編」 を出版します

ヤマギシの村人・ヤマギシ会員 必読の書

2000年に、ヤマギシの村で大きな動きがあった。続々と村を離れる者が現われ、その多くが鈴鹿へ移り住んだ。
以後、主脳が流出したヤマギシの村の内実は・・・?

2000年に何があったのか?
その事実経過など、ヤマギシ会員はおろか、村人にさえも公表されていない。
そして、鈴鹿ではどのような考え方で何が行われているのか、ヤマギシの村とは、どこが異なるのか。
9年を経た今、初めてベールを脱ぎ、その真相に迫る。

定価 250円  7月20日 発売(限定 500部)
編集・発行:研鑽ネットワークインターナショナル KNI出版・広報部
お申し込み・お問い合わせは、メールかファックスにて
メールアドレス:info@piess.net
ファックス:059−375−1561

Trackback URL


▲ page top