BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 自発的な「心のケア」を・・・ ――

<< 私の倫理  私の社会倫理 | main | ことばと真理  ― 考える ことば ― >>

Category: < 人 間 理 > | 2009.04.29 Wednesday 22:00

自発的な「心のケア」を・・・

研鑽心理学センター設立に向けて

「人間の考え」「自分の考え」であることを理解しつつ、自分の頭の中にあるものについての自覚が進んでくると、「自分」というものについても、頭の中で捉えている「自分」よりも、自分の実際、自分の成り立ち、自分の中に形成されているものに関心が向き、焦点があたってくる。

人には、生まれ育つ間に形成された「考え方・観念」などがあると云えるが、
もっと広い意味でいうと、その人の「心理面・精神面」とも云えると思う。
一般的には、人の内面(心理面・精神面)というと、「欲求・意志・感情」などや「思い・考え・気持ち」のことと捉えがち。
しかし、これらは、心理面・精神面からのその時々の「現われ」、つまり、「一時的現象」だと思う。
このような日常の内面からの「現われ」の元には、その人の中に形成された「心」があり、それが、その時々の状況に反応して出ているのだと思う。

「人は自己を守り利得のために競争し合うもの」という人間観で営まれている資本主義社会に育ち、その人間観に染まった「心」が形成されていることによって、違和感なく利己的競争心で暮らしている。
決めたことを守ろうとする意志、人の意見に反応する自分の考え、お金が欲しいとする欲求、幅っている自分を恥ずかしく思う感情、厚かましい態度を見ての嫌な感情、・・・・・、凡ゆる「現われ」の元には、その人ならではの「心の状態」があり、そこから来る当然の「現われ」とも云えるだろう。

なぜ、そうするんだろう?、そう言うんだろう?、そう思うんだろう?、と問う前に、自分の(その人の)中に形成されている「心の状態」はどうなんだろう?、と焦点が当たると、自然、その「現われ」の由来が解明できると思う。

自分の(その人の)中に実際に存在する「心」を知ろうとすることだと思う。
巷でも「心の時代」とか「心を育てる」と唱えているが、実在する「心」を見届け掴もうとしていないなら、うわ言、空論にすぎないと思う。
「心」の問題は、その人の根幹に関わるもので、安易に触れることはできない。如何に周囲の人々の関心や協力があっても、先ず自分から心の状態を解明していこうとする意志がなければ、「心」を知ることはできないと思う。
果たして、自分の中に形成されている実在する「心」を知ろうとしているだろうか?
そこが無ければ、人の「心」を知ろうとしても、空想的な思いやりの域を出ないだろう。

普段は意識できない自分の「心」を知るために、「研鑚心理学センター」を大いに活用して、「心」のケアに役立てていきたいものだ。

Trackback URL


▲ page top