BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― Human Ground ヒューマングランド(案)2  ――

<< Human Ground ヒューマングランド(案) | main | もくてきけんさん 「心の手」 >>

Category: < 具現方式 > | 2005.05.27 Friday 08:07

Human Ground ヒューマングランド(案)2

生涯学究の場 Human Ground

 人間らしさを探究し、実現する場
 研鑽会・研修会の中だけでなく、住まいや家事・育児、生産流通、経営運営など、そこでの生活すべてが、生涯学究の一環としての場。
 研鑽生活・研鑽社会の基となる場。
 世俗に対しての聖地というのも変だが、純粋な場。
 ヤマギシズム社会式養鶏法を顕現するのも、先ずこの場から。

鈴鹿が、HumanGround とあったけど、いま住んでいる地から見たら、鈴鹿は純粋な場。
更に、本質的なものを求めるなら、鈴鹿に住む人も、世界中の誰にとっても、純粋研鑽のみの場が欲しい。
それが、Human Ground。
生涯学究に参加するというのも、話し合いで知的に考えることは勿論重要だが、それが何の為のものか、それをやってどうなろうとするのか、というのが、その人まかせではない。
その人、その人なりの目標や目的で、生涯学究にのぞめばいい、というものではない。それでは、単なる観念まかせになる。
真なるもの、つまり、人間の方向性、社会の方向性、真実をその場で体感するもの。そういう場。
▲ page top