BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 「研鑽」を核にした「会」の発足を ――

<< 全く新しい「会」の発足に向けて・・・ | main | 研鑽って ナニ? >>

Category: < 具現方式 > | 2009.04.16 Thursday 12:00

「研鑽」を核にした「会」の発足を

1953年に山岸会が誕生して56年を経て、
2009年、その本題である「研鑽」を核にした「会」、
ヤマギシ会とは異なる、新たな「会」の発足を提案しています。

「研鑽」とは「学問や技術などを深く究める」という意味であり、さらに、ヤマギシズムの「研鑽」は本来、キメツケなく本当はどうか、事実・実際はどうか、と検べるという意味に用いています。
しかし、長年に渡って、ヤマギシでは、「意見を出し合って話し合う」ことや「みんなで相談して事を決める」こと等を研鑽と呼んでいるようです。
「研鑽でやりましょう」「研鑽した」「研鑽されたことをやる」など、「研鑽」の持つ意味とは随分かけ離れた用い方が蔓延し横行しています。
そのために、「研鑽」という言葉について、ヤマギシ独特のイメージができ、老若男女を問わず、特に若い世代にも「研鑽」という言葉を嫌う人がたくさんいるのが実情です。
その失敗を鑑みて、心ある人たちにより「研鑽」の本来の意味を理解し、「研鑽」をベースに活動する結束の輪が広がり、新たな「会」発足へと伸展してきました。

本当を探究し 実現をはかる 活動ネットワーク

研鑽を知り、知的に明るく、人や社会について検べ考え、共により良い暮らし・人生・社会にしていこうとする人達が、世界各地で、各自の持ち場・立ち場から、研鑽を実践し、ネットワークを広げる活動をしています。

会員(2009年現在)
日本東京 神奈川 千葉 栃木 福島 宮城 静岡 愛知 岐阜 三重 石川 京都 大阪 兵庫 島根 愛媛 鹿児島 ほか ・ 韓国 ・ ブラジル ・ スイス など

活動ネットワーク(2009年現在)
 研鑽科学研究所 ・ 研鑽ライフセンター ・ 研鑽心理学センター
 鈴鹿研鑽コミュニティ ・ 研鑽生活体
 as one company ・ 出版広報部 その他

Trackback URL


▲ page top