BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 自分を知り、人生を知り、社会を知る ――

<< この人は・・・!! | main | 全く新しい「会」の発足に向けて・・・ >>

Category: < 人 間 理 > | 2009.03.24 Tuesday 09:00

自分を知り、人生を知り、社会を知る

毎回、各地からの参加者が増え続け、年齢層も幅広く、にぎやかに開催されています。(土曜の午後と月曜の午前と2回ずつ開催しています。)
 ↓↓↓
第15回 研鑽科学サロン 発表スライド

 佐貝貞夫さん85歳が豊里から参加されて、「今までは、山岸さんの昔の資料を使うばかりだが、“人間理”というのか、このような研究をもっとやって欲しい、研鑽科学サロンに毎月参加したい。」とのこと。
 奥村通哉さん86歳が京都から参加されて、一泊して、研鑽ライフセンター等、ここでの活動の数々に触れていかれました。初対面の人が多かったようですが、「なんだか、竜宮城にでも来たような・・・初めて会ったとは思えないなあ。ヤマギシも福里も鈴鹿も、垣根なく繋がっているようだ。」とのこと。

   自分を知り、人生を知り、社会を知る
人間には、自己を観察する能力がある
 自分の現状を観察し、自分の存在、成り立ちを調べ、
 人としての自覚を育てる   (自分を知るための研鑽会)

人間には、理解し把握する能力がある
 人とはどういうものかを理解し、人の一生を把握し、
 心の世界を養う        (人生を知るための研鑽会)

人間には、思索し創造する能力がある
 人間本来の姿を調べ、幸福とは何かを見つけ出し、
 人を幸福にする社会に生きる (社会を知るための研鑽会)

Trackback URL


▲ page top