BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 第14回 研鑽科学サロン ――

<< 迂闊な人間 | main | この人は・・・!! >>

Category: < 人 間 理 > | 2009.03.03 Tuesday 09:00

第14回 研鑽科学サロン

第14回 研鑽科学サロン 発表の骨子 を掲載しました。

「社会観の元となる人間観」
このテーマは、昨年1月2月の第1回2回 研鑽科学サロンのテーマでもありました。
どうしても、もう一度やっておきたかった。やってみて、まだまだ尽きない課題だけど、ここを明らかにしておかないと、やはり肝心のところが通じないと思っています。
山岸さんの思想 に触れて、一番強く想うのは、この「人間観の違い」です。
人と人が隔てなく仲良く暮らそうと、ヤマギシなども社会活動をしようとしているが、この人間観から行かないと、根本的には何も進んで行かないと思う。

Trackback URL


▲ page top