BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 2009 新春特別企画 「研鑽科学サロン」 ――

<< 謹賀新年 一体研鑽社会を目指して9年目の春 | main | 内観コースに参加しました >>

Category: < つれづれ > | 2009.01.11 Sunday 21:00

2009 新春特別企画 「研鑽科学サロン」

研 鑽 社 会 経 済 の 現 状 と 展 望
発表者は小野・杉江(研鑽科学研究所)・野尻(as one company)の3名
as one companyの経営概況から始まり、今日の研鑽社会の規模や人員、資金の流れ等、具体的な数字で示しながら、経済状況を公表する初の試みでした。
 このタイトルを見て、「経済のことなんて関心ない」と思う人や、「ここの経済状況ってどうなってるんだろう?」と関心ある人や、それぞれの思いがあると思う。
 現代の資本主義貨幣経済の中で、それに順応して暮らしを成り立たせ、研鑽生活をしていこう、仲良いコミュニティを作っていこうとする活動になり易いけれど、革命的志しを抱く人たちによって、社会生活の経済基盤そのものを見直し、研鑽により練り固めながらの活動が始まり、7年8年という歳月をかけて、「研鑽社会経済」というものが軌道に乗りつつ稔ってきていると思う。
 まだまだ規模は小さくとも経済活動に現われた実態は、誰にも分かり易いと思う。今後、各界の人々に、この実態を広く紹介する前に、研鑽社会に住み、直に触れている私たちが、先ずこの実態を知ることが何よりも大きいと思った。




as one company 構成図

Trackback URL


▲ page top