BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 自分たちでやろうとする人によって ――

<< 「あらわれたもの」 と 「そのもの」 | main | 謹賀新年 一体研鑽社会を目指して9年目の春 >>

Category: < 精神革命 > | 2008.12.25 Thursday 12:00

自分たちでやろうとする人によって

ブラジルからホメウさんが来ていて、今月の「自分を知るための研鑽会」「人生を知るための研鑽会」に続けて参加した。
「ブラジルで特講やってるけど、ゼロから見直したい。準備研とかやってるが、それより、やってる人たちが、まず“自分を知る”ことが先だ」と。
そして、早速ブラジルにいるケンジさんとも連絡を取り合って、ブラジルで「自分を知るための研鑽会」「人生を知るための研鑽会」をやりたい、やろう、どうしたらやれるようになるか」等々、話し合って、考えている。
日本でもブラジルでも同じだと思う。
自分たちで やりたい、やろう とする人が、もっともっと欲しい。

 (音声約1分間 1961/4/2 録音より抜粋)
またそれなれば情勢をつくろう、自分たちでどういうものか検べて、いいなればそういう情勢を作って、そして受け入れてやってみようと、こういうことになれば結構だと思う、一部にとどめておかないで、もっと広範囲に全国的に、そういう希望者があるなれば、その情勢を作ってもらったら、それからよく検べて、どうすればそれを取り入れてやっていけるか、検べて、検べた上で、自分たちで やれる、やりたい、やろう、とこうなった時に、やってもらったら結構だと思うんですけどね。各自の意志によって。

Trackback URL


▲ page top