BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 社会実現の兆し ――

<< 委し合える(人たちの)社会 | main | 「あらわれたもの」と「そのもの」 >>

Category: < 世界革命 > | 2008.10.03 Friday 23:00

社会実現の兆し

山岸さんは「(我執をなくすの)そういう社会ができたら早いのやけどなぁと言ってたとのこと。

誰もが研鑽機会に触れて、我執がなくなり自分を知り人生を知る研鑽を志向するのは望ましいと云えるが、その元となる、頑固が急激になくなり真実を知っていける機構・制度や社会気風・環境というものがあるのではないだろうか。

禁欲 努力 修行などして無我の境地に達しようする方法と比べれば、研鑽会は実に容易で万人向けの画期的な方法と云えるが、研鑽会を会得してその道に乗った人たちから滲み出る活動行為は、寄れば寄るほど社会気風を醸成して周囲の人に齎していくだろう。
自分を知り人生を知ることの重大さを知る人たちの活動行為は、金銭物資を貯えたり事柄を進めることに捉われないで、本質的なものに重点をおく活動行為となって現われる。当然、権利も義務もない、人の上下も命令もない、契約や責任も要らない、人と人との成り立ち。
その地に暮らし、その職場に就くことによって、自ずとそこの空気を吸い、価値観や重点をおくところが変わってくる。
各々真実の自分を知り、それぞれが真実の生き方の出来る社会
ここに書かれてある 真実の世界 とは、
      各々真実の自分を知ることのできる「社会」
      それぞれが真実の生き方のできる「社会」

      ・・・と云えるのではないだろうか。
まだまだ、機構や制度まで確立されているとは云えないが、
自分を知り人生を知ることに重点をおく人たちによって、
自分を知り人生を知ることに重点をおく社会が実現しつつあると思う。


一人でも多くの人々に、ここ鈴鹿の地に住み、研鑽コミュニティで共に暮らすことを推奨する所以である。
吾が子等や次代を担う青年たちに、as one companyの職場で共に働くことを推奨する所以である。

Trackback URL


▲ page top