BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 山岸式(研鑽) か 春日豊里式(・・・) か ――

<< ヤマギシの村 についての見解を少々 | main | 社会について(研鑽科学サロン) >>

Category: < つれづれ > | 2008.08.26 Tuesday 22:00

山岸式(研鑽) か 春日豊里式(・・・) か

心の手を結ぶ、それが実顕地の充実。
着実ないき方のできる人が、実顕地の実権を握るようにする。


僕のお気に入りです。 (実権という言葉はイマイチだけど云わんとするところね)
いつも、心してるというか、心の中にあるというか・・・。


急所を知らない人が、急所を外した機構や運営やってて、実顕地になる訳がない。
(なぜ 春日豊里式を後生大事にして、あんなに広げちゃったんだろうねぇ?)
組織維持の為には個人の意志を妨げる必要があるのを当然としている
どんな意志も決して妨げる必要のない組織とは? かつてない社会を知ろうとする。
それには、人の核心、社会の核心、つまり急所を知ることから。
急所を外さなければ、ここをやろうとする人の結束で、普遍性ある揺るがない実態へとグングン近づいていくなぁ、と実感しています。
(規模や見映えじゃなくてね)
社会機構・運営の急所、実顕地の急所、知ろうとする人の寄り場、拠り所にしたいなぁ・・・。


無現象をそのままにしておいて、いくら形(現象界)をととのえても、
形から入ったものは無現象界が元だと気付かない限り、形が崩れようとしたとき建てなおし出来ない。
何をやるにも、もとが大事。
底に気づかない、砂上の楼閣。

出来た、深まったと観る焦点をどこに置くか?
本当の一体が確立する方に置いてゆかないと。
無辺境の囲いのない人を創る方向。

和を保つ為には現象界が大切やと、現象面を調えてゆこうとする、共同化の線。
現象面がどうであろうと、もとが一体。
日常の総ての現われは、もとの心の現れ。
そのもとの方を正してゆこう。

内部機構をつくる上にも、元の心の面、仲良しになるための三人制にしても、一人で偉い人になる専制者は嫌われる。
よろこんでくれるとしても、物欲の人が喜ぶのやったら、ええかげんなもの。
蒔いた通りの種が生える、簡単なこと。

(1961.3 理念研)

Trackback URL


▲ page top