BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― シンプルに・・・ ――

<< 研鑽科学(ヤマギシズム)について | main | 研鑽と本質 >>

Category: < つれづれ > | 2008.08.02 Saturday 14:00

シンプルに・・・

人間問題も、社会問題も、産業活動も、それをなす原理があるだろう。
現状の人間や社会や産業活動から、どうすべきかという発想になり易いけど、やはり原理を知ろうとすることが先決問題と思う。
人間関係、組織運営など複雑化した現状からの発想では、進んだとしても50歩100歩、いいとこ知れてると思う。軌道修正か改良程度のもの。できそうなものを目指して自分を満足さそうとするか。

何をやるについても、農業の理とか、家庭の理とか、子育ての理とか、経営の理とか、あると思う。
できるか、できないか、分からないが、原理や本質を知ろうとして、そこからのものでない限り、揺ぎない本ものの実現はあり得ない。その可能性に架ける人たちによって、夢を描き向上進歩を策していこう。
理を知ろうとして、それを実践するシンプルな営みによって・・・。

Trackback URL


▲ page top