BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― ライフワーク ――

<< 共に暮らす 2 | main | 研鑽科学(ヤマギシズム)について >>

Category: マイプロフィール | 2008.07.31 Thursday 21:00

ライフワーク

人間と社会に関する問題をやってきた

そして、人間にとっての本当の幸福と、人間らしい本当の社会のあり方と実現方法がハッキリしてきた。
それを実験・実現するために鈴鹿に来たともいえる。

その内容を説明するために解説文などを書いて、公開しているが、
とにかく書いたものを読んだくらいでは、「そんなこと実現できる訳がない」と相手にされないから、
規模は小さくても、実際に実現されたものを見れば、誰にも分かり易いと思って、それをやっている。

説明といっても難しい内容ではないので、先入観念を入れずに理解しようとして読めば、誰でも分かると思うので、10年先20年先のために、書き貯めて、遺しておこうと思う。

Trackback URL


▲ page top