BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 共に暮らす 2 ――

<< 共に暮らす 1 | main | ライフワーク >>

Category: < 一体の理 > | 2008.07.12 Saturday 17:00

共に暮らす 2

見ず知らずの子どもが、「そこに大きなヘビがいたよ〜!」と話しかけてきた。
こういう時の子どもの中はどんなだろう。
大人にもあるね。
例えば、大きな事故を目撃したら、見知らぬ人にでも、「そこで大きな事故があったんですよ」と、つい話しかけてしまうとか・・・。
でも、人によっては、そういう気持ちが湧いても、見知らぬ人だと、平常顔を装い抑えてしまう作用が働く場合もある。何故だろう?


子ども時代を想うと、学校は友だちとの暮らしの場であったような気がする。小学校の頃はこれが更に顕著で、友達と遊ぶために学校へ行ってたような気がする。
中学・高校・学生時代の友とは、何でも喋り、きついことや嫌なことも言い合ったり、腹を立てて喧嘩したり、親兄弟とも一味違った親しい仲にもなる。

大人になるにつれ、それぞれの進路に別れ疎遠になって、よそよそしい関係になっていく。
就職しても、その職場環境やそこにいる人によって、同僚との暮らしの場になっている人もいる。(人生の豊かさに大きく影響すると思う)
大人になっても長屋の八っつぁん熊さんのように不審や警戒や疑いもなく開けっ広げで暮らせる人もいる。
犬や猫もそこの家や家族に馴染んでしまうと、獣の本性を忘れたのではないかと思うくらい無防備で大の字になって寝たりする。


「共に暮す」という言葉の響きから「同居」をイメージされそうだが、意義や使命で寄って、優劣感上下感の中で遠慮・気兼ねの要る暮らしは、人と共に暮しているとは云えないだろう。
「人と」ではなく、何かと暮している・・・?
施設や環境を整えて、一つの地に寄って住めば、果たして人は仲良く安心して共に暮らせるのだろうか?

周囲の人に不審や疑いの目が有れば、安心して共に暮らせない。
周囲の人に無くても自身の中に不審や疑いが有ると、共に暮らせない。


幼い子どもには不審とか疑うという気持ちがない。人や自分を縛るということもない。
そういう子どもに対する方にも、不審とか疑うとか縛るという気持ちは生じない。
こういうの「相関関係」っていうのかな。「社会の成り立ち」もこの辺りにありそうな気がする。
人の根底をなす「もののあわれ」というものかな・・・

人と共に暮らせる人の豊かさを想い、その中で人と共に暮らす自分。
人と共に明け暮れる毎日の連続かな。

Trackback URL


▲ page top