BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― まとめの意もこめて ――

<< 心理的方面の解決を | main | KENSAN is profound study >>

Category: はじめに | 2008.06.29 Sunday 09:00

まとめの意もこめて

解説的に文章化した方が分かり易いと思いますが、「ああ、そうか」とされるのが目的ではなく、本質を見究めようとする人への投げかけとして、あえて エキス だけを箇条書きにしてみました。つまり、このような内容について共に研鑽できる人を求めています。

人間が人間らしく、人間の本来性を発揮して、より良く生きていくには、
人間の考えを幅らせないで、真理を探究し、それに即応していくしかないのではないか
真理に即応しようとする考え方=ヤマギシズム
真理に即応しようとする社会、それには、真理に即応しようとする人。
それには、真理に即応した社会観を見究める。
真理に即応した社会観を知るには、真理に即応した人間観を知る必要がある。
真理即応の人間観・社会観・・・ヤマギシズム
真理即応の人間観・社会観を見究めようとする・・・「研鑽」


人間観・社会観といっても、一般論を言っても具体性・実用性がなく、
それを、見究めるには、自分の中に実在する人間観・社会観を調べることになる。
自分の中の人間観・社会観を知らないで、真の人間観・社会観を調べようとしても、それは抽象的な一般概論を追うだけで、実在する真の人間観・社会観を見る(知る)ことはできない。故に、本当の意味で、真の人間観・社会観を語ることはできない。
つまり、自分の中にある、人間観・社会観にメスを入れて、研鑽の光を当てて、そこに真なるものを見出そうとしなければ、真の人間社会を知ることも語ることもできない。


社会を知るには、人間(人生)を知る。
人生を知るには、自分を知る。
本当の自分を知るには、現状の自分を知る。
過去から現在に至る、現状ありのままの自分を、素直に見て、知る。
いろんな観念や感情が入り混じって、自分を素直に見れない。
自分を自分の思い考えで見て、自分を捉えている。
もっと、ありのまま、そのまま、過去から現在に至る自分のありのままを観察する。
自分自身を純粋客観視できるか、どうか、が鍵。
感情や印象を入れないで、草花の観察のように、自分を観察する。
凡ては、そこから始まる。


ここまで、来るのが難関の人もいる。
現状のありのままの自分を知ることができると、おのずから、自分の本質、真実的な自分を見ることができるようになる。
自分の本質は、当然、人間そのものの本質に通じるもの。
そこから、人間というものを知る。真の人間観。
人間とは、人生とは、・・・・・真の人生観。

真実の人生を見届けたら、訳なく解明出来るのです。
ここから人間の本来性に即した真の人間社会を創造することができる。

Trackback URL


Comments

過去の色々な出来事をとうして 私なりの最低とゆうかどん底を感じたりしてきました。 草花の観察のように自分を観察する・・・憧れるな これしかないでしょうね。

Comment form

▲ page top