BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 自分を育てる ――

<< 本質的なものに重点をおく 6 | main | 人間について >>

Category: < 精神革命 > | 2008.05.23 Friday 17:00

自分を育てる

本当に「自分を育てよう」としているか、と問うてみると・・・、
もっと進みたい、もっと良くなりたい、或いは、なんとかしたい、・・・などは、自分、自分と、自分にこだわっているにすぎないのではないだろうか。
自分を知りたいという思いだけでは、客観視できないし、自分をよく見ることもできない。

学問・芸術・技術・スポーツ・その他、その道で「自分を育てよう」とするなら、どうするか。
やはり、自分より進んでいる人、先を行く人、目指す人をよく見ることだと思う。
外観や言動ではなく、その人の中身を見る。凄いとか憧れるとか崇拝的信仰的態度ではなく、自分とは何が違うのか、どこが違うのか、よく観察して、自分の課題を明らかにしていくことだと思う。

「自分を育てる」とは、先ず、人をよく見ること。
先を行く人・進んでいる人をよく見るということ自体、自分の栄養・肥やしになるだろう。劣等感や引け目・卑下があると、先をいく人をよく見ようとしない。正視できない。
自ら近寄ってよく見て、空気を吸って、感得することだと思う。

職場や研鑽会など、自分がその場を創る・進めるというところに立っている人は、とても恵まれていると思う。自分を育てて行ける場があるということ。その場を創る・進めるには自分が育つしかないということ。
身を以って知ることになる。
「自分を育てる」とは、自分一人のことではないと思う。
「自分を育てよう」としている人は、自ずと「人を育てよう」とする。
そういう人に、人は寄る。

将来に理想の人を置いている人は、仕事も出来るし、人間も完成される。(1961 理念研より)

Trackback URL


Comments

 研鑽会って、そう云う自分には無い頭脳の使い方を知っている、先行く人の脳を使わせて貰って、新しい回路をつくる作業の様に思う。

 聴く・見る…、感性を総動員して、学校と寺の仕事が一段落つく、八月の後半に研鑽会に入りたくなってきたわ。

 やっぱり学ばないと、判ったとしている事が多過ぎる感じがする…
「社会を知るための研鑚会」2日目
「人間として生きる」というテーマでした。
人間に生まれながら人間として生きていない多くの実情・・・
真面目勤勉動物や充実感達成感陶酔動物でなく、
人間が人間として育つ環境に成り得る人たちと共に。
子供の育ちを観ていると自然発生的に本来性として、あるもののよう。それを阻み邪魔するもののようなものは、何ぞ!育つ環境でありたい。真に育つを心がけた人たちがポイントかな。

Comment form

▲ page top